2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 巻き返しなるか「スシ王子!」第2話 | トップページ | 肝胆相照『ライフ』第5話 »

塩にまみれて『ゾウのはな子』

こういうお話を、
「子供に見せたいドラマ」というのだろう。
もちろんお子さんだけでなく、
多くの人に見て欲しいドラマだった。

8月4日、フジテレビ系列で放送されたドラマ
『ゾウのはな子』・・・・゚・(ノω・、) ・゚・。

(´・ω・`)ノ今回のエントリー

1.『ゾウのはな子』総評
2.北村一輝評
3.本ドラマの演技上手賞

(´・ω・`)ノ***********************

1.『ゾウのはな子』総評

これから見る方は
ティッシュボックスとタオル必須。

お話は、二部構成的な内容だった。

まずは第二次世界大戦中の上野動物園を舞台に
反町隆史演じるゾウの飼育係・
吉岡さんが中心となって話が進んでいく第1部。

そして第2部。

戦後、上野から井の頭動物園に移された小象−
ゾウ好きな少年の投書を発端に
タイから贈られた2代目花子が
ストレスから人を殺してしまったり
体調を崩してしまったりする。

人間の都合で振り舞わされる動物を守ろうとする
飼育係の高野さんを、
ナラリーノ国の海軍総督・北村一輝が演じていた。

第1部は−−−とても有名な話だ。
よく知る話、でも何度見聞きしても哀しい。。。

戦時中、本土決戦となった際に
”猛獣”たちが街に出て騒ぎにならないよう
国は動物園に猛獣処分令を発令する。

国策には逆らえず
可愛がっていた動物たちを殺める飼育係たち。
そんな中、吉岡さんが世話するゾウ3頭だけは
毒入りのえさを食べないため
餓死させる道を選ばざるをえない。

教科書にも載っている話−−−とあったけど
私がこのお話で思い出すのは『ドラエもん』なの。
『ドラえもん』の中で紹介されていて、
それが一番最初に触れた機会だったような気がする。

その時は、ゾウが可哀想で泣いたんだけど。

今回は−−−ゾウだけでなく
こうせざるを得なかった
飼育員の皆さんの葛藤も本当に辛かった。
そういうところがワザとらしくなく
丁寧に描かれているドラマだった。

被害と加害。
日本は語るに難しい立場なのかもしれないけど。。。

それでも、悲劇は悲劇だ。
「動物園は、平和な国にしか、ありません。」
という言葉を噛みしめてみた。
自分がいま、当たり前に手にしているもの全ては
この国が平和だからこそ抱ける宝物なんだろう。

☆ページTOPへ



(´・ω・`)ノ***********************

2.北村一輝評

で。一輝。

反町隆史の後輩役だったのだが。

弟分キャラだったのだが!

え、え、どう考えても
一輝のほうが実年齢は上だよね?
でもすごく後輩っぽくて

「ああやはり、北村一輝は
演技上手な海軍総督−−−」

(ナ国海軍総督のお職も張れる俳優、
と言った方が恐らくは正しい)

と、思った次第。

不思議な濃さだ。一輝の顔立ちって。

マツジュンのように、
決定的に今の匂いがする濃さではないし

だからといって、一昔前の美男俳優のような
バタ臭さもなく。

だからこそ。
反町隆史の均整のとれた肉体は
戦中戦後にあったのだろうか?と首をひねったが
北村一輝の均整のとれた濃顔は

「まあ、ありなのでは?」

と、思った次第。

その濃さ、時代の流れの中で一定濃度。
未来永劫、変わらず濃い、みたいな





死海の塩分、みたいな、





そこはそれ。やはりイメージは「死」?。
さすがは顔が青木ヶ原樹海なだけある北村一輝。
汗と涙でぐしょぐしょのナラリーノ。
視線まで、一輝のおかげで塩漬けだ。

☆ページTOPへ



(´・ω・`)ノ***********************

3.本ドラマの演技上手賞

でも、今回の演技上手賞は象さんたちだな!
象があんなに愛らしいとは思わなかった。
あの動き、あの目元。あれが話を盛り上げた!

燃え盛る火を見て目を見開いた象さん、
あれは−−−どうやってカメラに収めたのかな?
タイの象使いが飼っている象なんだろうか。

こんなふうに芸を仕込まれることが
気の毒でもあるけれど。。。
それこそ人間の争いなんて関係ない
大草原で、仲間たちと暮していけることこそ
象の幸せなんだと思うがーーー

それでも頑張った象さんたちに
100ブラッボ!
そしてもちろん戦時中に命を落とした象さんたち、
今も井の頭公園にいる花子ちゃんにも
たくさんのブラッボを!!!

☆ページTOPへ

« 巻き返しなるか「スシ王子!」第2話 | トップページ | 肝胆相照『ライフ』第5話 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ご公務ご苦労様です!

わたくしもsaariさん同様、『はな子』録画しましたがまだ見ておりません。
お盆休みに子供と一緒に観ようと思いまして。

でも、話を知ってると見るの辛いなぁ。
教科書で読んでショックを受けた世代ですので…。

総督はタイでの撮影中、ゾウさん達とすぐに仲良くなって、現地の方々に「ゾウ使いになれば?」と誘われたそうです~。
さらに職(肩書き?)増えそうな…。

上のコメント、私です。
失礼しました!

(^^)soniaさん

いいですね、お子さんと一緒に『はな子』。
とてもいいドラマだったから。
ママ、子供の前で泣いちゃうと思うけど
その辺はOK???

ゾウと仲良しってのは画面から伝わってきましたな。
なんかゾウに愛されていそうな雰囲気。
そして何かが似ている雰囲気。何がだ?

そして、もしも一輝が望むなら
ナラリーノ国の海軍総督でゾウ使いってのも
ありですよ(^^)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/16011906

この記事へのトラックバック一覧です: 塩にまみれて『ゾウのはな子』:

« 巻き返しなるか「スシ王子!」第2話 | トップページ | 肝胆相照『ライフ』第5話 »

Amazon商品検索