2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« モモアイス | トップページ | 何書くか『山田太郎ものがたり』第5話 »

あの人の顔『女帝』第4話

ドラマ『女帝』。舞台は大阪から銀座へ。めまぐるしいのう。そんなめまぐるしさの中、なんだかあか抜けた感のある加藤ローサちゃん。

着ているドレスはもちろんのこと、顔もモッサリ度が消えてスッキリしたような。

お化粧の仕方なのだろうか。ジックリ見てみたがわからない。そしてジックリ見れば見る程

「演技は——あいかわらずだな——」

と気づいてしまう訳だが。

注目の松田翔太は、殺されたっぽかった。

しかし、あっという間に生き返ったっぽかった。

(日本語が変だ。)

松田翔太って——

誰に似てるんだろう?顔。

お父さん似?お母さん似?

松田優作!とも言いきれないし、松田美由紀!とも言いきれないし

気になる——



(´・ω・`)ノ*****『女帝』第4話あらすじ*****

母親と自分を苦しめた「権力」に立ち向かうため女帝になる——そんな決意を抱いてホステスになった彩香(加藤ローサ)は、上客・美濃村(泉谷しげる)のすすめで東京に居を移す。

新たな勤め先は銀座のクラブ「アマン」。勤務する女の子たちの雰囲気もよく、働きやすそうな雰囲気だが、NO.1ホステスの薫(金子さやか)だけが彩香に敵対心を抱く。大物作家の大沢(豊原功補)が彩香を訪ねて来たのが面白くなかったのだ。

ある日、「アマン」のママ・弘美(東ちづる)は銀座一のホステス・佐和(かたせ梨乃)の誕生日会に彩香を誘う。その存在感に圧倒された彩香は「女帝」の凄さを実感する。

薫の嫌がらせに屈せず働く彩香だったが直人(松田翔太)らしい男性の刺殺体が見つかったと言うニュースを見て衝撃を受ける。

(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

« モモアイス | トップページ | 何書くか『山田太郎ものがたり』第5話 »

ドラマ:女帝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/16012275

この記事へのトラックバック一覧です: あの人の顔『女帝』第4話:

« モモアイス | トップページ | 何書くか『山田太郎ものがたり』第5話 »

Amazon商品検索