2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« お犬様、オシムジャパン入り | トップページ | しみじみが続くよ『牛に願いを』第7話 »

ドラマのほうが潔いの『花君』第7話

なんか、いい話だったですわ。ドラマ『花ざかりの君たちへ』第7話。出てくる若人たちの心の揺れがああ、痛い程に蒼くて、胸に響くよう。。。


そして。たとえ第7話のタイトルが「突然のベッドイン」でも。


マンガ『花ざかりの君たちへ』を読んでるナラリーノは興奮しない。


ベッドイン。きっと、マンガでいうところのあのシーンのことなんだわ。


わかってるんだから。蒼い時を過ぎた大人は騙されませんYO!?


で、マンガもいいけど——


ナラリーノはドラマのほうが好きかもな。。。


ドラマの『花君』、話の作りはマンガの切り貼り風で雑だけど、佐野(小栗旬)が跳べなくなったキッカケが瑞稀(堀北真希)ちゃんにあるってのが大きい。このエピソードが、甘っいラブコメを引き締める塩味になっている。


佐野のことは好きだけど、それを学園にいる理由にしちゃいけない。佐野を跳ばせたいという以外の感情は持ってはいけない。


その葛藤の妙!瑞稀ちゃん、なんて潔い娘さんなのアナタは。。。


あと、佐野の高跳びのライバル・神楽坂くんが佐野が去ったあとの「暫定チャンピオン」だっていう設定もいい。


だから何が何でも佐野にフィールドに戻って来て欲しい、戦った上で自分がチャンピオンになりたい、っていう。


そんな情熱を持ったいい役だったのに神楽坂くん。卵酒に酔った佐野から灼熱の接吻をお見舞いされていた。


大変だね、お芝居とはいえ男同士で。。。


あ、あと、今週のテレビCM。小林製薬の。


首に巻けば暑さがやわらぐ「首もとひんやりベルト」だった。


えらかった小林製薬。ラブコメなドラマにCMで水をささなかった。


腹のガスとともにラブコメな雰囲気までも消し去った『ガスピタン』CMに対する憂いを書いた 当ブログを読んでの英断と信じたい。


(´・ω・`)ノ第7話あらすじ

佐野が跳ぶ姿を見て涙ぐむ瑞稀。瑞稀を抱きしめる佐野。そんなふたりを目撃した中津。中津は佐野に理由を尋ねるが佐野は中津を抱きしめて「男の友情だ」とうそぶく。

学園が8月7日のイベント「遅れて来た七夕伝説」の準備で盛り上がる中、3人の関係に微妙な変化が訪れる。

高熱をおして高跳びの練習に励んでいた佐野が倒れてしまい、瑞稀は一生懸命看病する。佐野のために常に心を砕く瑞稀を見て中津は切ない。姉妹校の生徒・こまりに告白されたのをキッカケに「同性」である瑞稀のことは諦めようと心に決める。

そのころ。家族に対し「佐野が跳べるようになるまで帰らない、跳んだらアメリカに帰る」と宣言していた瑞稀は佐野が跳べるようになった今、学園にいる理由を失くしていた。

高跳びに打ち込む佐野を見てもう充分だと感じた瑞稀は中津に佐野が跳べなくなった理由が自分にあったことを告白。「アメリカに帰るから、佐野を頼む」と頭を下げる。

(´・ω・`)ノ***********************

◆ドラマ『花ざかりの君たちへ』レポ

妖艶な第1話
感涙な第2話
ホモデンキな第3話
ラブラブコメコメな第4話
ときめきの第5話
原作と比較した第6話
潔い第7話
アレレ?な第8話
佐野泉〜〜〜な第9話
結末近づく第10話
ラストに向かって第11話
2時間スペシャルな最終回
卒業式&7と1/2話スペシャル

(´・ω・`) ノ***********************

« お犬様、オシムジャパン入り | トップページ | しみじみが続くよ『牛に願いを』第7話 »

ドラマ:花君2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/16118286

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマのほうが潔いの『花君』第7話:

« お犬様、オシムジャパン入り | トップページ | しみじみが続くよ『牛に願いを』第7話 »

Amazon商品検索