2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« やはり殺戮の『山おんな 壁おんな』第6話 | トップページ | 山下去れど若林熱な『スシ王子!』第3話 »

あの人の過去『女帝』第5話

ドラマ『ライアーゲーム』の好演をキッカケにナラリーノ国の話題の主に躍り出た松田翔太。


大きくなったねえ——


って、今回は存在の話じゃなくて。


体、が。


彼を最初に見たのはきっと——それは多くの方が同じだと思うが——


以前、ワイドショーで放映された松田優作さんのお葬式。その遺児たちは、まだとても幼かった。


あのおチビちゃんたちのひとりが松田翔太であるはずだ。お父さんの死をイマイチ実感してなくて泣いているお母さんのそばで不思議そうにしていたおチビちゃんたち。


大きくなって——月日って流れるんだねえ。


しかし。


年齢を重ね、背も大きくなった——いやどちらかというと「背が長くなった」松田翔太だが


「体重は、おチビちゃんの頃のままなんじゃないの?」


と問いたくなるような細さだ。TVで見ても細いのだ。実物はどんなに細いのだろう。本当に、枝を落とした杉の木に見える。そして。


JR原宿駅には以前から加藤ローサちゃんの写真が貼ってある。ティーンズ雑誌の広告なのだが。


清楚だわ——


可愛いわ——


そんなローサちゃんが今回、杉本彩ばりの、ヒモみたいなドレス着てた。


ローサちゃんは木綿のドレスの方が似合う、と思フ。


(´・ω・`)ノ*****『女帝』第5話あらすじ*****

銀座の女帝と呼ばれる佐和(かたせ梨乃)を訪ねた彩香(加藤ローサ)は、佐和の店で黒服として働く直人(松田翔太)と対面する。

直人は、何者かに殺されたはず——彩香は驚きを隠せない。しかも、直人の態度は別人のように冷たい。ショックを受けた彩香の心は乱れるばかりだ。

そんな折、佐和の店の経営がピンチに陥った。心配した弘美(東ちづる)に連れられてクラブ「佐和」にやって来た彩香に直人は土下座して「店のために彩香の力を借りたい。彩香の力がうちの店には必要だ」と訴える。

佐和は直人を諌めるが、弘美は、彩香のためを思ってあえて直人の願いを聞き入れる。

自分のもとで働き始めた彩香に佐和は、直人が「佐和」て働くことになった経緯を語る。

所属する暴力団に追われる身となった直人は、死ぬ前に「女帝」とはどんなものかを見るために「佐和」を訪れたという。佐和の取り持ちで、暴力団とも折り合いがついた直人はそのまま「佐和」の黒服に。以来、直人は銀座の帝王をめざして必死に修行を積んでいるという。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

« やはり殺戮の『山おんな 壁おんな』第6話 | トップページ | 山下去れど若林熱な『スシ王子!』第3話 »

ドラマ:女帝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/16082331

この記事へのトラックバック一覧です: あの人の過去『女帝』第5話:

« やはり殺戮の『山おんな 壁おんな』第6話 | トップページ | 山下去れど若林熱な『スシ王子!』第3話 »

Amazon商品検索