2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« リバーランズ『山おんな 壁おんな』第3話 | トップページ | あなたたちを最後まで見届けよう!(AFCアジアカップ2007) »

「奇跡とは、準備するもの」だ!(AFCアジアカップ2007)

AFCアジアカップ2007。


サッカー日本代表の予選通過が決まりホッとしたのもつかの間。いきなり事実上の決勝戦が始まる。


サッカー日本代表。準々決勝のお相手は——


オーストラリア——


ドイツW杯で——日本に勝ったオーストラリア——


今回(のアジア杯)のオーストラリアって、ドイツW杯の頃の主力メンバーがけっこう出てるんじゃないの?


日本は——


ドイツW杯の頃のメンバーより強い、とも思えないし。


ハハハハハ…sweat02


そうか——


奇跡が起きれば、日本は勝てるのかな???


でもね。


奇跡は準備するものだ、って——


レッドフォード侯が言ってたよ?


レッドフォード侯って——


マンガのお人だけど——


『七つの黄金郷(エルドラド)』っていう未完の大作の!主人公のお父さんで!貴族なんだけど、イングランド海賊の長なの!


そんな人が言ってた!奇跡は準備するものだ、って!


奇跡を起こす準備は、オーストラリアに勝つ準備は、もう出来てるかもしれないじゃない?オシムジャパン!


それに。サッカー玄人曰く、この数試合でものすごく進化したというオシムジャパン。


たしかにチームとして徐々にまとまってきてるような気はする。


2010年の南アW杯に照準を当て、チームを固める準備をしている。


そう!準備が奇跡を呼ぶのなら、このアジア杯は大事な準備の一環だ。


だったら!!!こんなに大切な準備期間を早く終わらないで!!!


せっかくまとまりかけてるんじゃん、オシムジャパン!アジア杯を最後まで戦い抜けたらもっともっとまとまるYO!


だからこそ、ここで消えないことを祈ってる。勝ち負け云々より、オシムジャパンが進化するための準備がここで途切れませんように!


そして何より見る者の胸を打つような、東南アジアの暑さに負けない程の熱を帯びたプレー期待!!!


◆余談


ベトナム戦の時の中村俊輔。


敵のGK・ソン選手のことを心の中で「ほっしゃん。」と呼んでいたようだ。
(7月17日配信 スポーツ報知より)


ほっしゃん。のこと、好きらしい。


『バンビ〜ノ!』、ご覧になった?


◆で、『7つの黄金郷』ってどんなマンガ?


『エースをねらえ!』で知られる山本鈴美香の作品。


舞台は英国(イングランド)。エリザベス1世の時代。「英国滅亡の切り札」として敵国にさらわれ、偶然にもその背中にインカ帝国の宝の在処を示す暗号(イレズミ)を刻まれてしまった英国王族ゆかりの少女・オリビエ。


彼女と、彼女を守ろうとする人々の活躍を描く青春群像劇(しかしならが、未完)。


レッドフォード侯爵はオリビエのお父さん。英国と敵対する大国スペイン、バチカン、そして隣国スコットランドに命を狙われる娘に対し


「体当たりして砕けぬ運命などない。奇跡は起こすべくして準備すれば当然の結果として起きるもの」と説く。


ちょっとオシム語録っぽいでしょ!?

« リバーランズ『山おんな 壁おんな』第3話 | トップページ | あなたたちを最後まで見届けよう!(AFCアジアカップ2007) »

sports(サッカー)」カテゴリの記事

ナ国☆図書館」カテゴリの記事

コメント

レッドフォード侯爵サマのお言葉を聞いて思い出した若かりし日の記憶、、、
学生時代、恩師が 卒業するわたしたちにハナムケの言葉を。

『奇跡は 準備のない者を訪れはしない――』

なんとかって言う偉い化学者の言葉を引用したらしいのですが、ワタシは この言葉を信じ 今まで地道に努力を積み重ねてきた…かどうかは この際おいといて、明日のオーストラリア戦、日本代表に奇跡が起きることを 願わずにはおれない心境デス。

ここまで書いておいて、今さらなんですが…
偉大な化学者の残した名言は、《奇跡》ではなく《偶然》デシタ(^^;)
《偶然は 準備のない者を訪れはしない》デス。タハハ

レッドフォード侯爵に栄光あれ、、、

(^^)ますこっとがあるさん

コメントのお返事
遅くなってスミマセン!

勝ちましたね〜日本代表。
遠藤も走ってましたね!
日本の選手、あの暑さの中
本当にお疲れ様でした。

『奇跡は 準備のない者を訪れはしない――』

いい言葉です−−−
ますこっとがあるさんの恩師は
レッドフォード侯ではないですよね?
(そんな馬鹿な。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/15819558

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡とは、準備するもの」だ!(AFCアジアカップ2007):

« リバーランズ『山おんな 壁おんな』第3話 | トップページ | あなたたちを最後まで見届けよう!(AFCアジアカップ2007) »

Amazon商品検索