2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

『ファースト・キス』第4話☆



第4話あらすじを今すぐ読みたい方は
コチラをクリック☆



(´・ω・`)ノ***********************


伊藤英明演じる
いかにも甲斐性なさそうな和樹。

雑種犬的な顔つきが−−−
キリリとした表情よりも、舌を




「ハッハッハ(デロリ〜〜〜)」




と、出している方が似合いそうな
伊藤英明演じる和樹。




かなり頼りないけど




優しくて、いいお兄ちゃんだわ。。。

私、あんな生意気な妹いたら
ぶっ飛ばすわ。。。
絶対に優しくなんてできないわ。。。

実際、
女きょうだいってどうなの?

ぶっ飛ばしちゃ、ダメの?

ナラリーノは弟のこと−−−




よくぶっ飛ばしてたけど−−−




で、そんな時の母アイコ−−−




普通、
「おねえちゃんでしょ、やめなさい」とか
「女の子ならおとなしくしなさい」とか
言いそうだけど





「アンタ、成長した弟に殺されたくなかったら
嘘でも優しくしておきな」

ってすごい注意を受けたけど。

そんなナラリーノ一家に
ドラマ『ファースト・キス』のような
心温まる展開が望めるはずはなく。

だからこそ、見ておいたほうがいいような
ドラマ『ファースト・キス』。



あらすじ
(´・ω・`)ノ「あらすじ」


「仕事に一番必要なことは何か」−−−

カメラマンのアシスタントに復帰した
和樹(伊藤英明)が、友人の一流(劇団ひとり)や
勝(阿部サダヲ)とともに語らっている輪の中に
美緒(井上真央)が参加。

仕事に関する話が噛み合ない美緒は、
実際働いて誰の意見が正しいかを
見極めると言い出す。

和樹は心配するが、
心臓の検査に異常がなかったことで
晴れて美緒はアルバイトをすることに。

アルバイト。
それは和樹の師匠・番場(竹中直人)の
撮影現場のエキストラだった。

撮影先のレストランで
あいかわらずのワガママを発揮した美緒は
番場の機嫌を損ねて追い出されてしまう。
が、撮影現場にうっかり現れたフランス人一行を
うまくあしらったことで番場の信頼を取り戻し
仕事に復帰。初めてのお給料を得ることに。

そんな美緒の姿を見つめる研修医の結城(平岡祐太)。
高木に「自分なりの方法で患者の信用を得ろ」と言われた
結城は、わざわざ美緒に会いに来たのだった。

胸の痛みを周囲に隠していた美緒は
結城とデートすると嘘をついてその場を離れる。

それを見た和樹は、美緒と結城の関係を誤解して大混乱!


(´・ω・`)ノ***********************

前回までのお話はコチラ☆

『ファースト・キス』第3話☆

『ファースト・キス』第2話☆

『ファースト・キス』第1話☆

君たちは、ブタが好きか? vol.5

お金をパーーーっと使うのって
ストレス解消になるけれど

ちょっとしたお買い物も、
リフレッシュにつながりませんか?

たとえば文房具。
たとえばハンカチ。

新たなブタグッズ
そしてブタグッズ。

ブタ柄の靴下、買っちゃった。
柄ですよ、柄。
柄っちゅーのは
こういうことを言うのよ?アイコ

体重計を前にドキドキのブタさん
こっちの靴下。
体重計を前にドキドキのブタさん。

値札と一緒に「裏も見てね!」
なるシールが貼ってあったので
ちゃんと見てみた。





そしたらーーー













体重に、ビックリ

体重に、ビックリ(^^)

そんなオチがついていました。
今回のブタグッズ。



*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:


君たちは、ブタが好きか?シリーズ

Yabaton_5 君たちは、ブタが好きか? vol.4
Buta_3_mini 君たちは、ブタが好きか? vol.3
Buta_2_mini 君たちは、ブタが好きか? vol.2
Buta_1_mini 君たちは、ブタが好きか? vol.1

ひとりで強くなるわけじゃないし!(AFCアジアカップ2007)

思えば、サッカー日本代表の試合について書く時は先発メンバーを書き添えておいてたのに、今回(AFCアジアカップ2007)は興奮しすぎて忘れてました。


だから、ラストにまとめて書いておきます。「今回のオシムジャパン、こんなだった」という思いとともに(先発は末尾ご参照)。


サッカーはチームプレイだ。


だから日本代表には「ひとりきりで強くなる必要なんてない」って言葉を贈ろう。


これまたV6の『僕と僕らのあした』って曲の歌詞だけど——


ヘ(´・ω・`)ノ今回のオシムジャパン、こんなだった


■オシム監督

アジア杯3連覇できなかったことでいろいろ言われちゃうと思うけど、監督が築いて来たキャリアがひっくり返る訳ではないし、期待感だって揺るがない。


オシム監督が指揮を取っていた頃のジェフ千葉の試合。あの興奮、あの感動は絶対に忘れないし。


それよか私、サウジに負けた翌日、監督が怒って死んじゃう夢見たの!それが正夢になったらどうしよう!ってずっと心配だった。。。


■阿部勇樹選手(ポジション:DF)

DF本職じゃないのによく頑張ったじゃない!
アベちゃんいなかったら初戦は勝ってたかもしれないけど(失礼)、あとの試合、もっと点入れられてたはずだもん。


アジア杯の日本代表のシュート。どれも素晴らしかったけど、結局サウジ戦のアベちゃんの渾身のシュートが一番目に焼き付いてる。きっとそう思っている人も多いはず!それくらい感動的だった。


■中澤佑二選手ポジション:DF)

中澤はやはり頼れる男だった。
ここぞの場面で得点もできるし。韓国戦の悔しさがまたバネになってこれからも活躍してくれるんだろう。


■加地亮選手(ポジション:SB)

加地。あんなに頼りなかったのに立派になって。。。と思った。
ちなみにWikipediaに載ってる加地の「エピソード」って欄、どれも最高に面白いんだよ?


■駒野友一選手ポジション:SB)

駒野って上手だなあと思った。パスも正確だし。

顔は野武士、って感じ。


■中村憲剛選手(ポジション:MF)

ちょっと俊輔に似てるけど、俊輔よりも強くてまっすぐな攻め方が大好き〜♪憲剛の負けん気の強さがボールさばきに表れてるみたいで。この大会でも憲剛にボールが集まると、絶対前に攻めていってくれるって思った!


■羽生直剛選手ポジション:MF)

韓国戦。PK戦の6人目ってのは気の毒過ぎた。この大会、ここぞの時に呼ばれちゃって緊張したろうに偉かった。


PK外しちゃったけど、勝てなかったのは羽生くんのせいじゃないし!俊輔も言ってたけど、それより前に決められなかったチームが悪いんだし!


羽生くんは「考えて走る」オシムサッカーの体現者だ。次の試合では、また縦方向に激走して!!!


■鈴木啓太選手ポジション:MF)

いまやもう「すずきけいた」って打てば自然、一発変換の選手だよ?ナラリーノのPCで。


それくらい、オシムジャパンの常連選手だ。安定感抜群の、中盤の底ってことでこれからも何卒4649(ヨロシク)!


■巻誠一郎選手ポジション:FW

アジア杯でも献身的でいい仕事してた。大会ではゴール決められてよかった!


人を活かす選手だし、自分より後ろにいる選手に活かされるタイプの選手なんだと思う。点取り屋ではないかもしれないけどその頑張りはオシムジャパンの財産だ。


■高原直泰選手ポジション:FW

すごかったよね!エースだったよね!シュートは技ありの1本ばかりだったもん。サッカーって若いだけじゃできないんだって感じさせてくれた。


以前は「プーさんそっくりのFW」くらいにしか思ってなかったんだけど。。。


今は「プーさん、世間に揉まれて成人式」くらいに思ってるYO!


■川口能活選手ポジション:GK

守護神!まさに神!ってことで、なんらかの形でナラリーノ国に奉らねば!

豪州戦のPKはすごかった。韓国戦も惜しかった〜〜〜。


ヘ(´・ω・`)ノ*:.。..。.:*ヽ(´・ω・`)ノ*:.。..。.:*


そしてそして!今大会ずっと注目してた2人の選手♪


■遠藤保仁選手ポジション:MF

日本代表が負ける時って俊輔が輝けなかった時だってずっと思ってたけど、今回の大会では「俊輔と遠藤の調子が上がらない時」がNGな試合だったもん。それくらい存在感があった。


PK戦の、あのひょうひょうとしたゴール!豪州戦でも韓国戦でもそうだった。ガツガツしてないけど、いつもいい仕事する遠藤のベテランらしい輝きがホントに眩しかった☆


遠藤、俊輔と仲良しなんだよね。俊輔のこと、これからも何卒4649!


■中村俊輔選手ポジション:MF


この大会、俊輔は黒子に徹してた気がする。司令塔だったジーコの時代とは明らかに目立ち方が違っていた。


オシムの考えるチーム造りが俊輔の良さを活かせるのか、今の代表選手でいることが俊輔の幸せなのかわからないけどさ。


でもやっぱり、要所要所ですごいプレー連発だった。あんなに守備がダメな選手だったのにもうそんなこと忘れたし!


やっぱり俊輔が輝かないと日本サッカーはまだまだダメよ!


韓国戦のPKで——ピッチに倒れ込んで明らかに泣いてる羽生くんのもとに最初に駆け寄って起こしてあげたのが俊輔だったことが、私は本当に嬉しかったの〜〜〜☆
(単純。ちなみに一緒に駆け寄ったのが佐藤寿人ってのもヨカッタ♪)


ベテランとして、日本代表のことをこれからも何卒4649!


途中出場だった選手も、出場機会がなかった選手もみんなみんなお疲れ様でした☆
100ブラッボ!オシムジャパン☆☆☆サポーターの皆様もお疲れ様でした☆


何度も言うけど、日本代表は大会3連覇できなかったチームじゃない。あの暑さの中、準決勝まで勝ち進んだチームなんだもん!


ヘ(´・ω・`)ノAFCアジアカップ2007

1:予選リーグ

(1)7月9日(月)カタール戦(1-1でドロー)
GK:川口
DF:今野泰幸、 阿部、加地、中澤
MF:遠藤、山岸智(→後半29分/羽生)、中村俊、鈴木、中村憲(→後半37分/橋本英郎)
FW:高原

(2)7月13日(金)UAE戦(3-1で勝利)
GK:川口
DF:駒野、阿部、加地、中澤
MF:遠藤、中村俊(→後半26分/水野晃樹)、鈴木(→後半32分/今野)、中村憲
FW:巻、高原(→後半22分/羽生)

(3)7月16日(月)ベトナム戦(4-1で勝利)
GK:川口
DF:駒野、 阿部、加地(→後半43分/ 今野)、中澤
MF:遠藤(→後半23分/水野)、
中村俊(→後半17分/羽生)、
鈴木、中村憲(→延長後半10分/矢野貴章)
FW:巻(→後半23分/佐藤)、高原

2:準々決勝
7月21日(土)豪州戦(0-0、PK戦4-3で勝利)
GK:川口
DF:駒野、 阿部、加地(→後半43分/ 今野)、中澤
MF:中村俊、遠藤、鈴木、
中村憲(→延長後半10分/矢野貴章)
FW:巻(→延長前半12分/佐藤)、高原

 
3:準決勝
7月25日(水)サウジアラビア戦(3-2で敗北)
GK:川口
DF:駒野、 阿部、加地、中澤
MF:遠藤(→後半30分/羽生)、中村俊、
鈴木、中村憲(→後半42分/矢野貴章)
FW:12 巻誠一郎 (→後半23分/佐藤)、 高原

4:3位決定戦
7月28日(土)韓国戦(0-0、PK戦5-6で敗北)

GK:川口
DF:駒野、 阿部、加地、中澤
MF:遠藤、山岸(→後半33分/佐藤)、
中村俊、鈴木、中村憲(→後半27分/羽生)
FW:高原直泰(→延長後半10分/矢野貴章)

咲かない花の種などないし(AFCアジアカップ2007)

おめでとう!って言っていいよね?AFCアジアカップ2007。サッカー日本代表は4位。
結果は残念だったけど!日本代表は大会3連覇できなかったチームじゃなくてあの暑さの中、準決勝まで勝ち進んだチームなんだもん。


優勝逃してコンフェデ杯の出場権を得られなかったのは残念だけど、ジーコジャパンの時だってコンフェデ出てもW杯であの調子だったもん!いいよいいよ出なくても。当てにならないよ、コンフェデの結果なんて。


3位逃して次のアジア杯は予選から戦わないといけなくなったけど、試合たくさん見れていいじゃん!


2007年のアジア杯はオシム監督就任後わずか1年でやってきた。オシムジャパンが長期間一緒に行動できる初めての機会だった。


そんなチーム作り準備期間ともいうべき大会で試合数マックスまで戦って欲しいという日本代表 非公式スポンサー・ナラリーノ国家元首の個人的な希望は叶えられたんだし。


よかったの!これで。


この悔しさは、いつか実を結ぶよ。


「咲かない花の種などはない」って——


V6言ってたよ?


『ジャスミン』って曲で——


遅咲きでいいから大輪の花、希望!オシムジャパン、お疲れ様でした♪


豪州戦後
豪州戦後。ダンゴになった日本代表はこのあと将棋倒し。


◆余談
私、アジア杯関連の話を書く時「★」(黒星)使わなかったの。ゲン担ぎ(^^;)あいかわらず役に立ちませんでした。ゴメンなさい。

いよいよ登場!「スシ王子!」第1話

正直、飽きてしまった。ナラリーノ国国家元首ナラリーノ。公務という名のドラマ鑑賞。


でも、いよいよ真打ち登場だYO!?


みんな期待してたドラマが始まるYO!?


「スシ王子!」タイトルバック
「スシ王子!」!!!


バカっぽい。。。


「幼少の頃、スシ王子と呼ばれながらも寿司業界から引退して琉球唐手に励む青年」。それが、KinKi Kid・堂本光一くん演じる司の役柄。


光一くん、久々のドラマ主演。


パンチ頭に光一君の決意が表れていた。


そうよそうなのそうなのYO!ドラマの中で光一くんはサラサラヘアを脱却、一時ではあるが、気合いのパンチパーマを当てていた。


髪型って大事なんだな、と改めて思った。


そんな光一くん。
琉球唐手の使い手としてブルース・リーばりのアクションを披露するのだが。さすがジャニーズの王子様。踊りの型をマスターしているからだろうか。アクションの動作がやたらと決まっていた。


奥義「オキナワのウミガメ」
奥義「オキナワのウミガメ」体得中のスシ王子。


「オキナワのウミガメ」ズームアップ
王子の「オキナワのウミガメ」。ズームアップすれば、こんな。


さすがジャニーさんに仕込まれた男は違う。


と、光一くんの偉さよりもジャニーさんの偉大さが引き立つジャニーズ事務所って何?


そんな光一くん。


父と祖父を漁の最中に亡くした光一くん(が演じる司)は「ウオノメ症候群」だった。魚の目を見ると、大興奮して小学校を潰し、島を沈めてしまう。


今回も、倒すべき敵(リゾート開発を進める一派)は目の前にいるのにそれを無視して魚を踏みつけ踏みつけ踏みつけまくるスシ王子。もはや己の敵は、魚。


初回はそんなだった「スシ王子」。正直、やっぱりよくわからない。


次回。王子は「気泡握」をマスターできるのか?


「気泡握」
「気泡握」。「へい、お待ち!」のかけ声とともに握った「気」で相手を倒します。


◆第1話あらすじ

幼い頃、天才スシ少年として名を馳せていた司(堂本光一)は寿司職人だった父と祖父を海難事故で亡くして以来、寿司の世界から遠ざかっていた。

自分を引き取ってくれた自然流琉球唐手の師匠・リリー(平良とみ)のもとで修行する司。だが、修行の成果はさっぱり表れない。

ある日リリーの案内で司は寿司職人の海月(山下真司)のもとへ。

海月は司の亡父の親友で自然流琉球唐手の免許皆伝者でもあった。

師匠から司の今後を託された海月から、自然流琉球唐手の真髄を学ぶことになる司。

自然流琉球唐手の真髄。それは「スシを極めること」。ウオノメ症候群を発症すると感情のコントロールが利かなくなってしまう司は自然流琉球唐手をマスターすることができるのか!?

バレたり「山田太郎ものがたり」第4話

DVDの録画容量、もう「いっパイン」で−−−

サッカーアジア杯を録画するために
速攻で見て速攻で消さねばならなかった
『山田太郎ものがたり』。
さささ、急げ急げ!

(´・ω・`)ノ「あらすじ」

愛する山田くん(二宮和也)が
貧困家庭の長男と知ってしまった
同級生の隆子(多部未華子)は大ショック。
山田くんと母・まりあ(柴田理恵)の活躍でゲットした
バーベキュー用の肉も食べずに立ち去ってしまう。

そんな場に、放浪の絵描きである
山田家の家長・和夫(松岡充)が
アーロンなる外国人の子供を連れて帰国。
お金のない山田家なのに
アーロンをホームステイさせると言う。

おぼっちゃま育ちのアーロンに
節約精神を尊ぶ
山田家の教えが通用するはずもなく
ゲンナリの山田くん−−−


(´・ω・`)ノ***********************


とうとう、というかやっと
山田くんが王子様じゃないことが
隆子にバレちゃった。

−−−全く隠してなかったから−−−

山田くんの心は痛まなかったと思うが−−−

そして。
先日。友人たちとの会話の中で。

「今期のドラマ、どれが面白くないか

という話になった時。





ナラリーノ含め、真っ先に名前が挙がったのが
『山田太郎ものがたり』だった。
やはり世間にもバレていたか、このドラマが
意外とつまらんということが−−−


(´・ω・`)ノ***********************


前回までのお話はコチラ!

主婦魂満載!『山田太郎〜』第3話

節約っていうか古風『山田太郎〜』第2話

妄想爆発!「山田太郎ものがたり」第1話


あの人の恋『女帝』第3話

小沢真珠。ライバル=加藤ローサちゃんに硫酸かけようとする始末。誤って自分がかぶっちゃってたが硫酸かけようとする女の恨みより小沢真珠の顔が恐かった。


(´・ω・`)ノ『女帝』第3話「あらすじ」

彩香(加藤ローサ)の客足がだんだんとニブくなる。店のNO.1ホステス・麗子(小沢真珠)が体を使って彩香の客に言いよっているらしい。

店のママ(中島知子)は、同僚の客を寝取る麗子に注意。腹を立てた麗子は店を辞め、ヤクザの香田(吹越満)に彩香がホステスの世界で生きていけないようにしほしいと頼む。

そんなある日。
彩香は公園で具合が悪くて座り込んでいた老女を背負って病院に連れて行く。

夜、その老女の息子・篠原(古谷一行)が礼を言いに店に訪れる。篠原の接客中、彩香は香田の部下に絡まれるがすかさず篠原が助け舟を出す。篠原は、とある暴力団の若頭だったのだ。

彩香のバッグに大物ヤクザがついていることを知った香田は怒り爆発。その矛先は弟分の直人(松田翔太)に向く。

彩香を売り飛ばすよう命じられた直人から大阪から身を隠せと告げられる彩香。
同じ頃、彩香の今後を案じた美濃村(泉谷しげる)は彩香に「銀座に行って勝負しろ」と激励する。

(´・ω・`)ノ***********************


加藤ローサちゃん、KAT-TUNの赤西くんと写真撮られちゃったんだよね?
と、いうことでローサちゃん演じる彩香を心配して立ち回る心の恋人・松田翔太が赤西くんに見えて仕方なかった。


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の頭ん中(第2話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

銅像伝説「アンパンマン」

私が生まれ育った街には変な銅像がいっぱい。


中野のプロメテウス
こんなのとか。


街の童像
こんなのとか。


そんな街に新たな銅像伝説が!レジェンド・オブ・スタチューが!!!それは——


きゃ〜〜〜〜


アンパンマン♪


みんな!!!
可愛い!!!!!
お散歩してたら、見つけてしまいました。『アンパンマン』の登場人物たちの像。。。


なんでこの子たちがここに鎮座してるのでしょう?アンパンマン関連の会社なのかな!?あまりの愛らしさに、道ばたで腰抜かしそうだった!

思い出がいっパイン『山おんな 壁おんな』第4話

今回のドラマ「山おんな壁おんな」。


舞台は温泉ですよ。


オンセン——


フカキョン演じる山おんな・まりえちゃんの胸——迫力のウェルカムバック・メガパインは——いったい——


(´・ω・`)ノ『山おんな 壁おんな』第4話あらすじ

丸越デパートバッグ売り場の売上優秀成績者たちが会社主催の温泉旅行に出発。まりえ(深田恭子)や大山(小池栄子)ら巨乳コンビと一緒になり、自分の胸にコンプレックスを持つ恵美(伊東美咲)は内心ブルー。一緒に温泉に入る気になれない。

一方、デパートでは残った社員たちに対して田村部長(谷原章介)が個人売上を上げるチャンス!と激を跳ばす。

そんな中、新入社員の森田は客からバッグ100個の注文を受ける。あまりの出来事に、肝心の在庫状況も確認せずに大喜びで請け負う森田。それが大騒ぎの始まりだった!

そのバッグは、売り場の”仏壇”(売れない商品を並べる棚)に鎮座する古い商品。年に1個売れる程度というそのバッグ、在庫が揃っているはずはなく、おまけにメーカーは倒産、頼みのバイヤー・松原は休暇取得中で連絡がつかず——

(´・ω・`)ノ***********************


おめでとう、売上成績優秀だった店員さんたち!

バスに乗って、いざ修善寺温泉へ!
バスに乗って、いざ修善寺温泉へ!

バスといえば——昨日のアジア杯準決勝の俊輔。バスに酔った子みたいな顔してた。顔色悪くて、元気なかった。豪州戦の疲れが残っていたんだろう。。。


日本が負けてしまったことより俊輔が輝けなかったこと。その事実が私の胸を刺す。本当に胸が痛むわ...って、いけない、私が気にしなければならない胸はドラマの中のメガパインであるはずだからして。


集中集中。


せっかくの旅行。イトーミサキ演じる恵美さんは胸が小さいことを気にしているので、同僚たちと一緒に温泉に入ることもできない。。。誰もいない間にそっと入っちゃおう!と目論むも、残念、みんな温泉に入ってました。


温泉覗き見のイトーミサキ。コイケエイコの胸を見て


「私の頭くらいある...!」


って愕然としてたけど、大丈夫!ミサキちゃんの小顔小頭くらいしかない胸ならたいした胸じゃないって!


でもそんな胸を見たいのはミッチーだって一緒。温泉についてきた及川光博演じる奥園専務、女子温泉を覗き見!塀によじ上る!落ちた!尻打った!もう必死!


ハハハ、そういえば——


昔。サッカー日本代表の柳沢って彼女の梨花に会うために合宿所抜け出してなかったっけ(笑)塀乗り越えて。違ったっけ——


...あ、いやもうサッカー日本代表の話は。


集中集中。


そんな馬鹿やってるミッチー。風呂上がりにフカキョンと卓球。


温泉だねえ☆


「サー!サー!」


愛ちゃんばりのかけ声とスナップで卓球に熱中するフカキョン。そしてミッチー。


気がつけば、卓球の玉がない。って——


キターーーーーーーーーー!

フカキョンの胸に白球が!
白球は

フカキョンの胸に

はさまっていた!

すごいぞ、メガパイン!よくぞ取ったり!まるで!まるで!


守護神!


って


川口!?


あああああ!もういやあ!日本代表とナラリーノ、思い出がいっパーイ...?

温泉街に佇む劇場の看板
イトーミサキらが訪れた
温泉街に佇む劇場の看板。。。

もうダメだ。。。


パインつづきだ。。。いっそ、オシムジャパンの今後に——


カンパイン。。。


ってゴメンまだ3位決定戦あるし。サッカーアジア杯。ドラマもサッカーも集中集中!

あああああ夢は枯れ野を・・・

あああ。。。

食玩・俊輔とアベちゃん

ダメだったか。。。

AFCアジアカップ2007。

日本、準決勝で
サウジアラビアに負けて

アジア杯3連覇の夢、途絶えた−−−

今日は・・・日本の中盤
輝いてなかったもんな。。。

てか、今回のアジア杯。

俊輔、輝いていたのかな。。。

アベちゃんと中澤のシュートに
魂がこもっていた分、
余計残念だ。

もう、寝よう。。。

青い春『牛に願いを』第4話

で、24日放送の第4話!


(´・ω・`)ノ「あらすじ」

牛にケガをさせたことを悔やんで帰京してしまった統平(小出恵介)から研修先に手紙が届く。謝罪とともに「大学に通っている」との近況が綴られていたが、実際は無為に時間をつぶす統平だった。

一方、北海道の研修メンバーたちは——。統平の代わりに班長を任され、目の回るような忙しさに辟易する高志(玉山鉄二)。

統平同様、牧場主に迷惑をかけた経験を持つゆえに統平復帰に尽力する和美(戸田恵梨香)。

仕事に無関心ながら力を発揮する美帆子(香里奈)に嫉妬する彩華(相武紗季)。
おまけに東京の彼氏に浮気疑惑が持ち上がり、彩華はだんだんと精神的に追いつめられていく。

そんな彩華を慰める高志は「統平だったら、メンバーが悩んでいた時どうするか」を考えて行動していた。

一方、一念発起して留学を目指す統平のもとに高志の弟分・克也がやってくる。再入院した克也の母(市毛良枝)が研修メンバーたちと過ごすはずだった夏を楽しみにしていたと言う。

また、克也から高志がもっと統平と仲良くやれば良かったと後悔しているという話を聞いた統平は、北海道に戻ることを決意する。

(´・ω・`)ノ***********************


先生役の小日向文世は、実習に意気込んでいた分、余計に行き詰まってしまった統平のことを思いやっていた。


辞めればいいってもんじゃないだろう、という周囲につぶやいたセリフ。


「まだ若いから、ほかに責任の取り方があるんだってことを知らないんだ」


それを聞いて、つくづく


「若いって、辛い。。。」


と思ってしまった私は、もうオバサンなのか?


そうね。
ドラマの『ライフ』を見ていてもああ、若いって辛いって感じる。いじめられる側も、いじめる側も。ひとりは恐いことだと思ってしまうこと。


何があってもやり直せる。そしてやり直す方法はたくさんあるはずなのに。それがまだ、わからない。


小日向文世のセリフのように知らないことから追いつめられていくのって辛いね。それにしても。


まったく存在感がないな。。。『牛に願いを』に出てるオリラジの人。研修メンバーのひとりなんだけど。。。


(´・ω・`)ノ***********************

前回までのお話♪

いまさらですが『牛に願いを』第3話

予習復習『牛に願いを』第2話

孕ませて『牛に願いを』第1話

 

いまさらですが『牛に願いを』第3話

遅れがちです、『牛に願いを』。。。


(´・ω・`)ノ「あらすじ」

研修メンバーたちがいまだ団結しない中、研修に一番熱心な和美(戸田恵梨香)が体調不良でダウン。

そして高志(玉山鉄二)を見返そうと張り切る統平(小池恵介)だったが、その意気込みが大失態を招く。何頭もの牛をいっせいに牛舎に戻そうとした統平がそのうちの1頭を見失ってしまったのだ。

その牛は、メンバーが出産に立ち会ったグリーンの母牛だった。見つかった母牛は怪我を負っていてこのままいくと淘汰されるという。

(´・ω・`)ノ***********************


第3話、見てたんだけど——


忘れた——


ブログ書くのも。


ドラマの内容も——


すまん。


(´・ω・`)ノ***********************

そのかわりに、コチラを読んで下さい。。。

予習復習『牛に願いを』第2話

孕ませて『牛に願いを』第1話

ラブラブコメコメ「花ざかりの君たちへ」第4話

ああ、楽しいなあ。。。「花ざかりの君たちへ」☆
『オルフェウスの窓』思い出すよ。瑞稀と泉、中津の関係がユリウスとクラウス(アレクセイ)、イザークに見える。。。


(´・ω・`)ノ第4話「あらすじ」

桜咲学園の第一寮が工事を理由に一時的に閉鎖されることに。
該当の寮生たちが他の寮に振り分けられる中、移動の対象ではない第二寮の中津秀一(生田斗真)が芦屋瑞稀(堀北真希)と佐野泉(小栗旬)が住む205号室にやってくる。

最近、瑞稀のことが気になって仕方ない中津は、本来、205号室に来るはずだった生徒に頼んで205号室入室権を得たのだった。。。

瑞稀と同室で大興奮の中津だったが、何かと泉に気を使う瑞稀の姿を見て切ない。

かくいう泉は我関せずで中津にも瑞稀にもつれない態度。おまけに夜の外出が増えていき瑞稀の心配は募る。

おまけに泉の弟で兄同様優秀な高跳びの選手である森が泉と仲違いしている事実を目の当たりにし瑞稀はショック。どうやって泉を励ませばいいかわからない瑞稀は桜咲学園と姉妹校の合コンに泉を連れて行くが、よけいに泉の機嫌を損ねてしまう。

瑞稀をかばった中津と泉の関係までギクシャクする中、瑞稀と中津が見たものは——!

(´・ω・`)ノ***********************


ああ、なんてキラキラしているのかしら。『花君』。人も。話も。


大柄な泉が猫背気味に歩いていく。その後ろを、スキップしながら追いかける瑞稀。


ああもう、ラブコメの王道シーンだ★


画面に「好き!」「好き!」って書いてあるみたいだ。


こういうラブラブコメコメした話を「いかにも!」っていうイマドキの娘さんじゃなく堀北真希ちゃんがやっとるっちゅうのがいいじゃないか。


可愛いよう、真希たん。。。もう、「たん」になっておる。呼び方が。


たとえばよ、瑞稀役が杉本彩とかさ。いや年的に無理だけど杉本彩じゃ。まあいいとして。ああいう感じの人がやったらさ。


男装して忍び込む、好きな人のそばにいたいから——なんて奥ゆかしさはなくて、欲望のためならもう、キャッツアイみたいな格好して男子寮に忍び込みそうな杉本彩がいる。
いや、忍び込まないな。白昼堂々、道場破りみたいに寮に入っていきそうだ杉本彩。


そんな杉本彩に翻弄される小栗旬と生田斗真、と。ドキドキしている間にファムファタールに食い殺されるイケメンパラダイス、と。


そんなラブコメ、イヤ!


いや、それじゃあラブコメじゃないか…


見ててときめくわ。眩しいわ。真希たん、いや瑞稀の純粋ぶりが。杉本彩じゃなくて、ホントにヨカッタ…


(´・ω・`)ノ***********************

◆ドラマ『花ざかりの君たちへ』レポ

妖艶な第1話
感涙な第2話
ホモデンキな第3話
ラブラブコメコメな第4話
ときめきの第5話
原作と比較した第6話
潔い第7話
アレレ?な第8話
佐野泉〜〜〜な第9話
結末近づく第10話
ラストに向かって第11話
2時間スペシャルな最終回
卒業式&7と1/2話スペシャル

(´・ω・`) ノ***********************

期間限定・もずくの入ったペルカトーレ


7月19日(木)の読売新聞夕刊の記事モズク 意外な味わいを読まれた方、いらっしゃいますか?この記事の中の「もずくの入ったペルカトーレ」、食べてきました。


もずく、大好き!毎日のように食べてるけどいつも「もずく酢」なので——


「もずくの入ったペルカトーレ」
「もずくの入ったペルカトーレ」。


わー☆ホントに口当たりがいい!
このペスカトーレ、とにかくニンニクが効いているのだが、そういったコッテリ感も魚介の重さももずくが消してくれるみたい!


でも——


もずくが少ないの。。。
いかんせん、少な過ぎやしませんか?もずくの量。


もっとドサリと!パスタと思い気や、もずくだらけじゃん!くらい入ってたら、もっと嬉しかったなあ。。。


でも、それも味気ないかな?


◆「もずくの入ったペルカトーレ」

小田急ハルク地下1階・パスタカフェ スパッソ新宿店で食べられます。7月31日までの限定メニューだそうです。召し上がりたい方はお早めに!



『ファースト・キス』第3話☆

ドラマ『ファースト・キス』。

心洗われるような主題歌(『こころ』)だ。。。
さすが小田和正。。。



(´・ω・`)ノ「あらすじ」


一流(劇団ひとり)の家を追い出された
和樹(伊藤英明)と美緒(井上真央)だったが
家事を分担すれば家にいていいという条件が
一流から持ち上がる。

当然のようにその案に従う二人。
こうして再び、勝(阿部サダヲ)を交えた
共同生活が始まった。

諦めていたカメラマンの道を
もう一度志すようになった和樹は、
かつての師匠・番場(竹中直人)から
「初恋」をテーマにした写真を撮るよう
指示される。

「初恋の思い出を語る美緒」を
写真に収めようと思いついた和樹は
さっそく美緒にリサーチ。
どうやら美緒の初恋の相手は
子供の頃、隣の病棟に入院していた
翼という少年だったらしい。

翼と美緒を再会させたい和樹は
翼の連絡先を聞くべく
さっそく美緒の主治医・
高木(松雪泰子)のもとへ。

個人情報は告げられないと
つれない高木に対し、
研修医の結城(平岡祐太)は間に立って
和樹が翼と連絡を取れるよう計らってくれる。

美緒のことを全く覚えていない翼を説き伏せ、
無理矢理会う約束を取り付ける和樹。
再会にノリ気でない美緒に対しては

「翼は美緒の名前も覚えていた。
すごく会いたがっていた」
と嘘をつく。

翌日。
和樹は美緒を着飾らせ、
翼が待つ約束の場所へ−−−



(´・ω・`)ノ***********************



正論って、痛いわ。。。



美緒ちゃんの言ってることって
いつも間違ってないのにねえ。

こういう人、いるよね。

正し過ぎて、痛い人−−−

「お兄ちゃんの言う『恋』は
嘘をつくことなの?」

「写真は一瞬だから
嘘がつけないんじゃないの?」

「お兄ちゃん、もう写真撮れないよ」

ごもっともです−−−

でも辛いよね−−−

こういう人がそばにいると。。。






それにしても。





今回、美緒の初恋の人が
登場するっていう話だったけど

私てっきり「初恋の人」って
この人だと思ってたの。





和樹と結城先生が
美緒の初恋の人の話をしている時に
思わせぶりに登場した−−−

このおデブちゃん
この、おデブちゃん...

このおデブちゃんが
物語にどう絡んでいくんだろう、
たしか和樹も子供の頃
激太りだったっていう設定だし−−−

ってすごく妄想してたんだけど。

全っく違った。
関係なかったおデブちゃん。



(´・ω・`)ノ***********************



前回までのお話はコチラ☆

『ファースト・キス』第2話☆

『ファースト・キス』第1話☆

粘土で和菓子、作りました!

月に1〜2度のペースで阿部こずえ先生が主催する粘土教室に通うことにしました。記念すべき第1回作品がこちら。夏の和菓子です。

Wagashi_1
前回のブログ(「実録☆その15」)で
使用した画像と同じです。

これ、お皿も手作り!特殊な材料で作ってあって乾くのに丸1日くらいかかるらしいので先生が作って下さったものを使用しただけなんだけど。

それにしても、作品。ここまで小さいと思わなかったよ〜〜〜(TT)

Wagashi_2
全体でも4cmない…

錦玉の中に入った小豆。寒天(=これも先生お手製)で屈折して見えるからちょびっと大きく見えてるけど。

Wagashi_3
これ、砂粒くらいの大きさです。。。

金魚がタコに見えちゃってるし、鮎はデコボコしてるし、竹筒にあんこがうまく入らなかったし、でまだまだ納得のいく出来映えではないのですが。いずれ上手になるでしょう。。。

Wagashi_4_1
こちらは本物の和菓子。かわいい♪

実録☆ナラリーノ国 その15

夏−−−

アジア杯、練習中
ドラマ鑑賞にサッカーアジア杯。
ナラリーノ、バテる
激務でバテ気味。
おまけに暑いから何も食べたくなくて−−−
ジュースやアイスより...
そんな時のおやつは−−−
ジュースやアイスよりも
お茶と和菓子
ナラリーノ国特製・
目にも涼しい和菓子はいかがですか?
気分転換にもなりますよ?

美味しいお茶と一緒に少しずつ。
これが呼び水になって
お腹も上手く動くようになるかも...



☆♪☆♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪☆♪☆



阿部こずえ先生
粘土教室にお邪魔して、
「和菓子」を教えていただきました。
(詳細は、次回のブログで!)

粘土で和菓子

竹筒入りのようかんに錦玉、
鮎です。
すっごい小さいんです。。。

実際のナラリーノは
ここ1ヶ月程
食欲のない日が続きました。

「いや〜、仕事もブログも忙しいからかね〜」

なんて威張っていましたが
数日涼しい日が続いたら
ガツガツ食べられるようになりました。
どうやら暑くて
食が進まなかっただけみたいです(照)

☆♪☆♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪☆♪☆

食玩:
サッカー日本代表「中村俊輔選手&阿部勇樹選手」
ポップンツール「100%ジュースセット」
みんなでカンパイ!「とっておきの一本!」
お気に入りの文房具「お道具箱の中身」


☆♪☆♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪☆♪☆

※ 前号までの「実録☆ナラリーノ国」(〜その14)は
カテゴリー「コレクション」よりご覧いただけます。

※ 登場人物紹介は「実録な人々☆」をご覧ください!

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

ではさっそくいってみよう!『パパとムスメの7日間』第4話のあらすじはコチラ!


◆第4話のあらすじ

互いの内面が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)の親子。元に戻る可能性もないまま姿は恭一郎であるところの小梅は社長以下社員全員が参加する「御前会議」に、姿は小梅であるところの恭一郎は高校の期末テストに挑むことに。

前日、小梅を心配した健太先輩(加藤成亮)が渡してくれた去年のテスト問題を暗記したおかげで調子良く試験が進む恭一郎だったが、化学のテストは散々。留年がかかった正念場のテストなので恭一郎はガックリ。

おまけに担任の両角先生(田口浩正)から成績不振を理由に呼び出されいろいろ問いつめられ始末。御前会議のなりゆきも気になるし、あいかわらず恭一郎は落ち着かない。

一方、御前会議に出席した「姿は恭一郎」であるところの小梅は、ソツないやりとりでその場を収めようと努力する。が、恭一郎が担当する新作の香水販売について
意見を求められた彼女は思わず「この製品は売れないと思う」と発言してしまい、場は騒然。

あとには引けない小梅は女子高生の立場から新たな販売ルートの確立と商品のプチ化を提案。意外にも、その意見が社長に取り入れられ——

(´・ω・`)ノ***********************


娘の小梅ちゃんと内面が入れ替わり、女子高生を演じなくてはならない舘ひろし。今回、中身はギャルな舘ひろしはお偉方の目前で意見を披露するのだが——


棒読みだった。


舘ひろしの中の女子高生とは、ああいったものなのだろう。


「ガキは感情がなくて困るぜ…」


「俺の知ってる女たちはオトナだから違うがな」


そう思いながら演じたのだろうか。


とにかく棒読みだった。


舘ひろしとは。結局演技がうまいのだろうか。ヘタなのだろうか。


混乱した第4回であった。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

主婦魂満載!『山田太郎〜』第3話

さあ頑張ろう。
溜まっているから、ドラマ話。。。

『山田太郎ものがたり』第3話!



(´・ω・`)ノ あらすじ☆★☆



お金持ちが集う一ノ宮高校の
ホームルームにて。

校長が畑の手伝いをしてくれる人を
探していると知った山田くん(二宮一也)は
野菜のおこぼれをアテにして立候補。
相手は抽選の結果、同じクラスの
隆子(多部未華子)に決まる。

「うちの畑仕事で慣れているから」と
作業を楽々こなす山田くんを見て隆子は
「広大な土地を持っている山田くんの姿」
を勝手に妄想。
隆子は山田くんが激貧なウチの子という
事実をまだ知らなかった−−−

そんなある日、山田くんは
買い物先で顔を見合わせる
まりあ(柴田理恵)が
隆子の母と知らずに親しくなる。

今度開店するスーパーで
松坂牛の特売があるようだ。
何が何でもそれをゲットするというまりあに
弟妹たちに肉を食べさせたい山田くんは
弟子入りを願い出る。

そして、山田くんの話に興味を持った
正真正銘のおぼっちゃま・
御村くん(櫻井翔)もまた
「松坂牛特売」に参加するという。

気を良くしたまりあは
山田くんと御村くんに
タイムセールと特売の攻略法を伝授する−−−



(´・ω・`)ノ***********************



今回は山田くんのそれより
柴田理恵の、もとい彼女演じる
主婦・まりあの節約術が紹介された
『山田太郎ものがたり』第3話。

<まりあ直伝!タイムセール攻略法>

1.閉店間際に駆け込んではダメ。
2.品薄になる前に、商品を確保しておく。
3.店員が値段を張り替えたら棚に戻す。

2〜3を、底値になるまで繰り返すことで
お安い商品を購入できるというわけだ。

タイムセール開始。
ボンヤリしている御村くんに
「これが戦いだったら死んでるよ!」
とゲキを飛ばす まりあ母ちゃん。

新しいスーパーの見取り図を手に入れて
立体模型まで作って松坂牛攻略法を練る
まりあ母ちゃん。

これらを駆使して、
「入り口から、牛が置かれるであろう場所」と
「そこに行くまでの最短距離」もしくは
「確実にゲットできる道筋」を
イメージする まりあ母ちゃん、そして
山田くん、御村くん。

素晴らしい!
主婦&主夫プロたちの姿−−−

柴田理恵が
「節約母ちゃん」っていう設定が
ハマりすぎてて−−−



(´・ω・`)ノ***********************



前回までのお話はコチラ!

節約っていうか古風『山田太郎〜』第2話

妄想爆発!「山田太郎ものがたり」第1話

あの人の頭ん中『女帝』第2話

遅くなりましたがドラマ『女帝』第2話について。
どちらかといえば『山おんな 壁おんな』に出てくれた方がイメージ合っていると思われる加藤ローサちゃんが主役のこのドラマのあらすじはコチラ↓


(´・ω・`)ノ***********************

母の死をキッカケに権力を持つ男たちへの復習を誓った彩香(加藤ローサ)は、大阪でのホステス職を足がかりにいずれ銀座の女帝になることを目指す。

そんな彩香が目をつけたのは「ミナミの妖怪」と噂される美濃村(泉谷しげる)美濃村に「3回、チャンスをくれ。それで心を掴めなかったら二度と社長の席につかないから」と宣言。

その言葉に興味を持った美濃村は了承するが、同じ席でそのやり取りを聞いていた麗子(小沢真珠)は控え室で怒り爆発。店のママ・美奈(中島知子)にもしも彩香の目論みが失敗したら店を辞めさせるようまくしたてる。

ママは返事をしないが、彩香はチャンスをモノに出来なければ辞めると告げる。

(´・ω・`)ノ***********************

♪ちなみに第1話「あの人の影『女帝』第1話」はコチラ。

(´・ω・`)ノ***********************


ホステス役の加藤ローサちゃん。
のし上がるためのチャンスが欲しくて妖怪に近づく新米ホステスをドヘタに熱演中。


こんな可愛い相手とベッドシーンなんて、よほどチャンス到来な泉谷しげる。


そんな泉谷の楽屋を、ナラリーノ絶賛妄想中。


★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★


「ローサとやる役だよ!?」
「もう触れるだけ触っちゃうよ!?」


その言葉の勢いとは裏腹に内心照れまくりの泉谷がいる。


★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★.。.:*・゚☆.。.:*・゚★


夜の女たちの世界には「新調日」なるシステムがあるようだ。その日、ホステスたちは新しい洋服を来て出勤しなければいけないらしい。もし、新しいドレスが用意できなかったらペナルティとして1日分の給料を引かれてしまうという。


まだお金がない彩香にとっては辛い掟だ。しかたがないのでルームメイトである
同僚ホステス・美樹ちゃんの古着をリフォームする始末。


彩香をイビるやり手ホステス・麗子がそのドレスをズタズタにするもなおもリフォーム!


この展開にふと「劇的!ビフォーアフター」を思い出すナラリーノ。そんな感じ。『女帝』第2話。で、次回。


彩香の関心が自分の財産ではないことを知った美濃村は「お前の心意気に惚れた。 わしがお前をミナミ一のホステスにしてやる」と宣言。約束を守り、常に彩香を指名してくれるように。


その勢いに乗るように新たな上客も得た彩香。どうやら東京に進出する様子!?彩香の理解者・直人がヤクザと知った麗子のイジメが加速しそうだけど!?


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の影(第1話
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

塗炭之苦『ライフ』第4話

なんかもういたたまれないので見たくなくなってきたが。。。ドラマ『ライフ』。。。


(´・ω・`)ノ***********************

◆『ライフ』第4話あらすじ

愛海(福田沙紀)の彼氏・佐古(細田よしひこ)との関係を誤解された歩(北乃きい)は、愛海らに自分は佐古に脅されていることを訴えるが信じてもらえない。

視聴覚教室で愛海に針を飲まされそうになる歩。だが、戸田先生(瀬戸朝香)が
教室に向かってきたことに気づいた愛海らが逃げ出したため、ことなきを得る。だが、この日を境に歩へのイジメは本格化——

絶望的な状況の中、佐古に自分の下着姿の画像を見せられた歩はデジカメを奪おうとして佐古ともみ合いに。その姿を、愛海らに見られた佐古は「歩に、愛海を傷つけてやると脅されていた」と嘘をつく。

その言葉を信じた愛海や彼女の取り巻きたちによる歩へのイジメはエスカレートする。

(´・ω・`)ノ***********************


教科書への落書き、下駄箱にゴミ、靴には画鋲を入れられ、机や椅子に接着剤が塗られ、ゴミ収集小屋に閉じ込められ——


うーん。見てて辛い。。。


そんな中、不登校気味の成績優等生・未来の存在は歩にとっても、見る側にとっても救いだ。


イジメに耐えかね、学校から飛び出した歩とはち会わせた未来。


自殺しようとする歩を止めて頬をぶっ叩く未来。


スプレーをかけられて色が付き、固まってしまった歩の髪の毛を未来が切ってあげるシーンは感動的だった。


自分のお守りであるブレスレットを歩に渡す未来。そうか、いつも番組冒頭で映される歩の手首のブレスレット——こういう経緯で歩のものになったんだね。


未来役の関めぐみ、要チェック。映画『アヒルと鴨のコインロッカー』にも出るんだよね?


ちょっと女子高生には見えないのだが——


 

あなたたちを最後まで見届けよう!(AFCアジアカップ2007)

2007年7月21日。オシム監督が日本代表監督に就任して1年。


AFCアジアカップ2007。


勝ったよ…


サッカー日本代表。


オーストラリアに。


いい試合だった。
押し気味の割に日本が得点を決められなかったことを除けば、最後まで精力的だったのは日本だった。


最高。。。


選手全員が抱き合って、勢い余って将棋倒しになったシーンは泣いた。。。


次は準決勝だ!


もうもうこうなったら!


あなたを最後まで見届けよう!


って


それはB'zの稲葉さんの言葉だけど。


てか、歌の…『GOLD』の歌詞…


オシムジャパン、目指すはGOLDメダルだYO!

「奇跡とは、準備するもの」だ!(AFCアジアカップ2007)

AFCアジアカップ2007。


サッカー日本代表の予選通過が決まりホッとしたのもつかの間。いきなり事実上の決勝戦が始まる。


サッカー日本代表。準々決勝のお相手は——


オーストラリア——


ドイツW杯で——日本に勝ったオーストラリア——


今回(のアジア杯)のオーストラリアって、ドイツW杯の頃の主力メンバーがけっこう出てるんじゃないの?


日本は——


ドイツW杯の頃のメンバーより強い、とも思えないし。


ハハハハハ…sweat02


そうか——


奇跡が起きれば、日本は勝てるのかな???


でもね。


奇跡は準備するものだ、って——


レッドフォード侯が言ってたよ?


レッドフォード侯って——


マンガのお人だけど——


『七つの黄金郷(エルドラド)』っていう未完の大作の!主人公のお父さんで!貴族なんだけど、イングランド海賊の長なの!


そんな人が言ってた!奇跡は準備するものだ、って!


奇跡を起こす準備は、オーストラリアに勝つ準備は、もう出来てるかもしれないじゃない?オシムジャパン!


それに。サッカー玄人曰く、この数試合でものすごく進化したというオシムジャパン。


たしかにチームとして徐々にまとまってきてるような気はする。


2010年の南アW杯に照準を当て、チームを固める準備をしている。


そう!準備が奇跡を呼ぶのなら、このアジア杯は大事な準備の一環だ。


だったら!!!こんなに大切な準備期間を早く終わらないで!!!


せっかくまとまりかけてるんじゃん、オシムジャパン!アジア杯を最後まで戦い抜けたらもっともっとまとまるYO!


だからこそ、ここで消えないことを祈ってる。勝ち負け云々より、オシムジャパンが進化するための準備がここで途切れませんように!


そして何より見る者の胸を打つような、東南アジアの暑さに負けない程の熱を帯びたプレー期待!!!


◆余談


ベトナム戦の時の中村俊輔。


敵のGK・ソン選手のことを心の中で「ほっしゃん。」と呼んでいたようだ。
(7月17日配信 スポーツ報知より)


ほっしゃん。のこと、好きらしい。


『バンビ〜ノ!』、ご覧になった?


◆で、『7つの黄金郷』ってどんなマンガ?


『エースをねらえ!』で知られる山本鈴美香の作品。


舞台は英国(イングランド)。エリザベス1世の時代。「英国滅亡の切り札」として敵国にさらわれ、偶然にもその背中にインカ帝国の宝の在処を示す暗号(イレズミ)を刻まれてしまった英国王族ゆかりの少女・オリビエ。


彼女と、彼女を守ろうとする人々の活躍を描く青春群像劇(しかしならが、未完)。


レッドフォード侯爵はオリビエのお父さん。英国と敵対する大国スペイン、バチカン、そして隣国スコットランドに命を狙われる娘に対し


「体当たりして砕けぬ運命などない。奇跡は起こすべくして準備すれば当然の結果として起きるもの」と説く。


ちょっとオシム語録っぽいでしょ!?

リバーランズ『山おんな 壁おんな』第3話

今週は、予告通りイトーミサキの演技について真面目に語ろう。フカキョンの胸話ばかりしてきたから。


ナラリーノは国家元首のはずだったのに、ただのおっぱい星人だったと思われる前に。


でも、お願い。先にちょっとだけ語らせて。


飛ぶボタン
胸の話。。。(第1話のフォトジェニック。)


(´・ω・`)ノ『山おんな 壁おんな』第3話あらすじ*****

恵美(伊東美咲)、まりえ(深田恭子)らが勤める丸越デパートで夏の売上強化キャンペーンが始まった。売上上位4名には温泉旅行がプレゼントされると言う。

恵美に憧れるまりえは「恵美と一緒に海にも旅行にも行きたい」と大はしゃぎ。
まりえのその言葉で、恵美は合コン相手から海に誘われていたのは自分だけではなかったという事実を知る。

まりえに誘われ、嫌々ながら水着売り場に向かった恵美は、店員が薦めてくれた
「胸が2サイズアップする水着」を購入。その水着には「ミルフィーユパット」と
名付けられた何層もの胸パットが入っていた。

その頃、バッグ売り場では温泉行きを狙う店員たちの熾烈な競争が始まっていた。
度を超えた売上の伸ばし方に恵美やまりえは馴染めない。

(´・ω・`)ノ***********************


フカキョン、その作り付けの胸。その情熱のパイン・ザ・グレート。今回の見どころはどこ?


まずは、水着購入シーン。布っきれみたいな水着選んだフカキョン。ウキウキモードで試着室へ!


てことは何!?


フカキョンのパイン・ザ・グレートに布っきれが食い込む様がお茶の間に届くの!?


いかん、鼻血用意!ではなく!デジカメ!カメ!カメ!


ブラッボ!フォトジェニーク!


って、見てるこっちもウキウキモード。が。


フカキョン。試着室内で着用→満足して制服姿で戻ってきました。残念。。。今回は茶の間を切り裂くパイン・ザ・グレートの刃は煌めかないのかと思いきや!


あああ!


イトーミサキとともにバッグの展覧会に向かったフカキョン。そこで肩掛けバッグを試してみるも!


あああ!情熱のパイン・ザ・グレート!胸が、胸がボンバー過ぎて——グレートが邪魔して——


バッグ本体が、見えない!


パイン!ザ!グレーーーーーーーートホ!


バッグ紐が、胸の谷間を貫く川のよう!あああ!リバーランズスルーイット!


もう、何言ってんだよう。。。
そして。今回はお約束の「フカキョンの胸ボタン飛び」はないの?と思っていたら。


キターーーーーーーー!!!


フライ!
フライーーーーーーーー!


キャッチ!
アーンド、キャーーーーーーッチ!


怒涛の胸パット〜〜〜!
イトーミサキ購入の水着に仕組まれた怒涛の胸パットをフカキョンがすっ飛ばしちゃった!


あああ!武器飛んだーーー!


ちゃっちゃらっちゃら♪


って銭形パイン?ボタンじゃなかったのが残念だったが。そしてイトーミサキ。


映画『海猫』。彼女の演技は見ないようにした。ドラマ『サプリ』は2秒で消したと思う。それほどにガッカリな演技だった。なのにこのドラマでの輝きようは何?


イトーミサキ、「ラブストーリー」や「ラブコメ」より「コメディ」のほうが似合うのね。なんでだろ?甘い雰囲気がないのかな?


1、2話を見ている時は、綺麗な人だから大げさな表情が似合うのかな?と思ったけど。今回。温泉に行きたがらないイトーミサキを小池栄子が「胸を見られたくないからだ」とからかったシーンのイトーミサキの顔——コンプレックスを突かれた人の微妙な顔つきが見ていてちょっと切なかった。。。


あと——こんな東北弁が似合う女優——


なかなかいない——


(´・ω・`)ノ***********************

前回までの『山おんな 壁おんな』はコチラ!

殺戮の『山おんな 壁おんな』第2話

二重丸☆『山おんな 壁おんな』第1話

アニメ『時かけ』テレビ放送迫る!

名作アニメ!『時をかける少女』が21日(土)放送の「土曜プレミアム」(フジテレビ系列 21:00〜23:10)で地上波初登場!ホントにいい映画だからチェックできる方は是非ご覧下さい!!


でも、21日(土)って——アジア杯、日本VS豪州——


サッカーは、何時から放送なんだろう。。。


で、映画『時かけ』見にいった時の感想はコチラ!!!

君たちは、ブタが好きか? vol.4

「君たちは、ブタが好きか?」ってブタグッズを紹介するコーナーなのに、ここで「食べるブタ」の話するのってシュール?


でも言いたいの!
Yabaton_1
名古屋「矢場とん」の「ひれとんかつ」。
おいしかったよう〜〜〜お相撲見るために遊びに行った名古屋で食べた。


柔らかいお肉に甘い味噌ダレがダブダブにかかってる。この味噌ダレ、普段のナラリーノではありえないほど濃い味なんだけど


でも、おいしいの!!!なぜかくどくない。


Yabaton_2
いちおう、舌を変えるために辛子やゴマ、唐辛子も用意されてるけど。辛子かけてみたらおいしかったけど!でも、やっぱり味噌ダレ〜〜〜☆


Yabaton_3
だから完食。


いくら「ひれとんかつ」がアッサリめで女性向きとはいえ、この量のお肉を完食なんてやはり普段のナラリーノにはありえません!!!


ちなみにお店には、特製グッズも置いてあった。


Yabaton_4
トレードマークのブタ力士?


あまりに可愛かったので「君たちは、ブタが好きか?」で紹介できるように購入しよっかなーと思ったのですが、東京にも支店があるらしいので断念。今度、そこで買います!(銀座店にはグッズあるのかな?)


ちなみに友人が食べたのは——


Yabaton_5
「わらじとんかつ」。。。


わらじ、どころじゃなかった。忍者が池渡る時に履く水蜘蛛レベル。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

君たちは、ブタが好きか?シリーズ

Buta_3_mini 君たちは、ブタが好きか? vol.3
Buta_2_mini 君たちは、ブタが好きか? vol.2
Buta_1_mini 君たちは、ブタが好きか? vol.1

ホモデンキ。『花ざかりの君たちへ』第3話

さあさあ、魅惑のホモデンキ大放出だ、今回の「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」。


小栗旬くんの告白も胸に染みたが——今日のフォトジェニックは。


Denki
男の手を握る上川隆也。ホモデンキ、走る。


Denki_2jpg
男を見る目に、ホモデンキ。


(´・ω・`)ノ第3話あらすじ

姉妹校で下着盗難騒動が勃発し、何かと騒がしい男子校・桜咲学園にて。

「お前を連れて帰る」なるメールをよこした後、突然訪ねて来た兄(岡田義徳)に戸惑う芦屋瑞稀(堀北真希)。性別を偽って男子校に入学したことは家族には内緒にしているつもりだったが兄にはしっかりバレていた。

「女のお前が男子校にいるとわかっているのに、日本には置いておけない」という兄に向かって「泉(小栗旬)が高跳びを辞めたのは私のせい。絶対に泉の笑顔を取り戻す」と叫ぶ瑞稀。

その会話を全て立ち聞きしてしまった泉は瑞稀に対して今まで以上によそよそしい態度を取るようになる。それでも元気に接してくる瑞稀に「お前は邪魔だ。兄貴と一緒にアメリカに帰れ」と言い放つ。

そんな泉だったが、瑞稀の兄に対しては高跳びを辞めたことについて本心を語る——

(´・ω・`)ノ***********************


瑞稀のお兄ちゃん役であるところの岡田義徳に迫る上川隆也。でもどうしてだろう、男色のニオイがしないのは。


どちらかというと、生田斗真演じる中津くんが下着ドロボーと疑われた岡田義徳に


「(瑞稀の)お兄さんが下着ドロのわけないだろ!?」と声をかけながら肩を叩くシーンの方が100倍男色デンキだった。


中津くん。


最高に面白い。


姉妹校で下着が盗まれていると言うので寮生が嘘発見器を持って来る。中津くんが試してみる。


「質問には『いいえ』で答えて下さい」——


嘘発見器を取り付けられる中津くん。


質問「女より男が好きだ」
質問「好きな人がこの寮にいる」


瑞稀が女であると気づいていないけど、瑞稀のことが何となく気になる中津くんは、ことごとくその質問に反応。嘘発見器のライトはビカビカ反応してしまう。


「好きな人は、第二寮にいる」なる質問に至っては——


答える前から嘘発見器、絶賛反応中。これもある意味、ホモデンキ。中津くん、一気にホモ疑惑。友人、ドン引き。


その時の顔とか、最高に面白い。芸達者だ、生田くん。それとも同じ質問に戸惑った経験があるのだろうか。


瑞稀が横でうたた寝しちゃって寝顔にときめく中津くん。落ちてる下着にときめいて「あああ!やっぱり俺は女好き!」とホッとする中津くん。


ありがとう、生田くん。
あなた(が演じる中津くん)がいてくれるおかげでラブコメ度が大爆発だYO?『花君』。こんな笑えるシーンがあるからこそ、小栗旬くん演じる泉の辛さがより鮮明になるんだと思うの!


泉と瑞稀のためにも——


これからも、みんなのホモデンキに期待。


さて。

「芦屋は全てを犠牲にしてここに来た。だから芦屋には、笑って帰って欲しい」という泉の言葉に感じ入り、お兄ちゃんはことを荒立てずに帰っていく。よかったね、瑞稀ちゃん。桜咲学園にいられることになって。


で?瑞稀が女だと気づいた泉はどうなる!?マンガだと、好きになっちゃうんでしょ?おまけに寮がなくなっちゃうってどういうこと!?

(´・ω・`)ノ***********************

◆ドラマ『花ざかりの君たちへ』レポ

妖艶な第1話
感涙な第2話
ホモデンキな第3話
ラブラブコメコメな第4話
ときめきの第5話
原作と比較した第6話
潔い第7話
アレレ?な第8話
佐野泉〜〜〜な第9話
結末近づく第10話
ラストに向かって第11話
2時間スペシャルな最終回
卒業式&7と1/2話スペシャル

(´・ω・`) ノ***********************

予習復習『牛に願いを』第2話

見るの挫折しそう、ドラマ『牛に願いを』。でも!ドラマ鑑賞は国家元首ナラリーノの公務だから!そんでもってマニフェストだから!


だから、先週放送分を今更アップしてみました。。。


第3話放送前の復習ってことでドウゾ。。。


◆あらすじ

農大に通う高清水高志(玉山鉄二)ら6人が、北海道の牧場実習にやってきて4日が経った。

もともと頑張っていた和美(戸田恵梨香)と統平(小出恵介)に、牛の出産以来、実習にやる気を見せ始めた彩華(相武紗季)と亮太(中田敦彦)。

一方、美帆子(香里奈)と高志のクールな態度は相変わらず。特に実習地の出身者でありながら酪農に否定的な考えを持つ高志は、熱意のカケラもない。生まれた子牛の名前を何にするかでもめているメンバーたちとは明らかに気持ちの温度差があった。

そんな中、子牛の異変に気づいて慌てるメンバーたち。統平は消化不良と診断するが和美はわざわざ高志を呼び出し、診断を仰ぐ。高志の答えも、統平同様「消化不良」だったのだが自分の意見は信用されず、高志の力を借りようとしたメンバーに統平は苛立ってしまい——

(´・ω・`)ノ***********************


こんなにもわからないものなのか。


農大の生徒さんは——


牛の生態を。


ト、思った。


以上…。


◆で、第3話の予告


恋が動く!?うっかりキスされて以来、美帆子を意識する高志と、高志が気になる彩華、そんな彩華を見て苛立ちを募らせる統平。


そんでもって、和美は病気になるみたいだし!?

視察☆名古屋場所

7月14日。
愛知県体育館で行われている大相撲名古屋場所を観に行ってきました。七日目の取組です。


名古屋場所で配られた団扇☆
名古屋場所で配られた団扇☆


両国国技館でお相撲を見た友人から「すごく面白かった!」と聞かされたので、じゃ〜連休中に夏場所見ちゃおう!ということになって。ホント、面白かった!台風来てた名古屋で、お相撲!


さあ、いざ相撲観戦なのだ!


なのに!


あああ!取組をメモる帳面忘れた!


と、いうことで慌てて買ってみた。可愛過ぎて、つい。。。


スパイダーマン in 名古屋城ノート
スパイダーマン in 名古屋城ノート。。。


シャチホコと取組中。
スパイダーマン、シャチホコと取組中。


このノート持参で、いざ!!!


ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ


ちょうど「十枚目」の取組途中から会場入り。

※ちなみに

十枚目…十両のこと。大相撲の番付において幕内の下の位置に当る。
幕内…大相撲の番付における階級のうち最も高い階級。横綱、大関、関脇、小結、前頭で構成される。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参照しました)


で、さっそく内容をスパイダーマンノートにメモろうとして視線を落としたら、1つ取組、終わっちゃった。


早!サッカーとは大違い!ほぼ一瞬で勝負がついちゃう。だから片時も見逃せません!ゴメンね、スパイダーマン!しまいます!


かわりに、会場でいただいた取組表を片手に、しっかり大相撲ウキウキウォッチング!


◆綺麗!素敵!伝統の儀式


取組そのものも面白かったけど、心惹かれたものその1は十枚目の取組の後に行われた幕内の「土俵入り」。


化粧回しをつけた力士たちが土俵に上がるんだけど、化粧回しを着けて練り歩く様が綺麗!立派!


まずは、東の力士から。


東の力士


5_dohyo_4


6_dohyo



じゃ、西も!


7_dohyo


8_dohyo


続いて「太刀持ち」・「露払い」を従えて横綱が土俵入り!
まずは白鵬。


9_hakuhou
「ヨイショー!」


興奮。。。次!朝青龍!


朝青龍


11_asa
「ヨイショー!」



興奮!!!


四股を踏むたび会場一体化。アドレナリン大放出…ライブだわ…なんかこういう儀式っていいよね。。。


心惹かれたものその2は「懸賞金制度」。これがかかった試合の勝者にはお金が授与されます。


懸賞金がかかっている取組の前に「味ひとすじお茶漬け海苔の永谷園〜、さけ茶漬けの永谷園〜〜〜」とかいう場内アナウンスとともに懸賞幕を持った呼出さんが土俵に上がるんだけど


12_nagatanien
可愛い!可愛い!!!


ちなみに琴欧州戦。


13_koto
ブルガリアヨーグルト、懸賞かけました!


高見盛戦。


14_nonno
ニオイノンノ、かけました!


楽しいなあ…


◆人気力士はこんな人たち


☆北桜


土俵に塩撒く時のパフォーマンスがプロレスラーっぽかった。
あまりの人気に驚いて調べてみたらその男気ある取組から、現在の角界で1,2を争う程の人気力士らしい。


そして趣味はビーズ編み


☆稀勢の里


21歳になったばかりの若手力士ながら、15歳で角界に入門したこともあり、次代を担う若手として人気があるそうだ。


☆高見盛


高見盛はスゴかった。土俵入りする前から愛知県体育館、大盛り上がり!


15_takami
奥が高見盛(負けちゃったけど)。


☆魁皇


男性陣の声援が凄かったように思う。


◆技も1ツ、覚えました


16_hikiotoshi
「引き落とし」


やたら多かったのだ、これで勝つ力士が。
相手の腕や肩を手前に引いて倒すとこらしい。遠目には、相手が勇んで前につんのめっちゃっただけに見えたけど。あとはもう——


17_niku
肉弾!


18_niku
肉弾!!


19_niku
肉弾!!!


◆日本の国技は素晴らしい!


客層も様々でした。


目の前に座っていたのはヤンキーみたいなカップルだったし。子供も多かった。しかもチビっ子たちがお気に入り力士の名前をすっごい叫んでて微笑ましい!それから外国の方たちもいました。


旅行直前、今名古屋場所は新弟子入門ゼロだった…なんてニュースが流れましたが、厳しい世界だろうし当然なのかな。でも見る者にとってはとても魅力的だ。


心惹かれたものその3は弓取り式。取組が終わった後やるのだが知らなかった、こういう儀式があるって。


20_yumi


21_yumi


日本の国技は思っていたよりずっと奥深く、興味深く、そして伝統や重さを感じさせてくれました。次はぜひ、両国で見てみたいです。


22_koto
名古屋場所のお土産は、琴欧州キーホルダー。似てます。。。


■大相撲名古屋場所
平成19年7月8日〜22日
愛知県体育館にて


23_maninn


24_torikumihyo


『ファースト・キス』第2話☆

先週はアジア杯第1戦の結果に愕然として
ぼーっと見てしまった、
ドラマ『ファースト・キス』。

今回は、しっかり見なくては!

生き生きとしていて
絶対いいドラマだと思うので!

<第2話あらすじ>

成功率50%の心臓手術を控え、
母と住むアメリカから
生まれ故郷の日本に遊びに来た
美緒(井上真央)。

現在、友人宅に居候中の
兄・和樹(伊藤英明)は
家主の一流(劇団ひとり)に
美緒も一緒に暮らせるよう頼み込むが
いい返事は得られない。

困った和樹は、一流への御機嫌取りと
妹に恋をさせたいという思いから
最強メンバーを集めた
自宅合コンを企画するが、
軽薄な場に嫌気がさした美緒は
黙ってその場を離れてしまう。

焦った和樹が美緒の主治医・
高木(松雪泰子)にまで電話をかけたので
心配した研修医の結城(平岡祐太)が
一流の家に来てしまう。

はち合わせた和樹、美緒とともに
合コンに参加する結城。。。

そんな場の写真を撮ろうとする和樹は、
カメラマンになることを諦めた自分にとって
最後の写真だと宣言。
その言葉に、美緒がキレた−−−



(´・ω・`)ノ***********************



井上真央ちゃんの主治医として
出演中の松雪泰子さん。

以前、CDショップのバイヤーだった頃
松雪さんに会ったことがある。

松雪さんはすでに
女優さんとして活躍していたが
シングルCDを発売したということで
レコード会社の人たちと一緒に
挨拶に来てくれたのだ。

私はシングルCDの担当だったので
ご挨拶の場にいたのだが−−−





松雪さんはキレイだった。





顔はナラリーノの握りこぶし並みに小さく、
腰はナラリーノの二の腕くらいしかない。

そんな松雪さんは−−−





レコード会社の人たちが
楽曲について一生懸命説明している間−−−





じーーーーーーーーーーーーーーーーっと
ナラリーノの顔を見ていた。

おそらく、てか絶対−−−
同じ人間とは思えなかったのだろう。
なんか不思議そうにナラリーノを眺めていた。

本気で恥ずかしかった。

そんな美しさを松雪さんが存分に発揮中の
『ファースト・キス』。
松雪さんが出ると画面がしまる。

井上真央ちゃんや伊藤英明がフレッシュで
劇団ひとりや阿部サダヲがやかましい分
松雪さんが出ると落ち着く。。。

いわば、若手参加のオシムジャパンに
俊輔が現れたような。

そんな安心感。

松雪さんと俊輔。
顔は全く違うけど。

恐怖心を克服した方が勝つでしょう(AFCアジアカップ2007)

2007年7月16日(月)AFCアジアカップ2007予選、日本VSベトナム。
何せ、試合はベトナムで行われる。完全アウェイに飲まれるな、日本代表!暑さにも負けないで!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


で、結果は4−1で日本の勝利だった。


でも、ベトナムが得点先制したので焦った。。。


超精悍だった、ベトナムの選手たち。
もう、ビデオの早回しみたい。ものっすごく機敏!オシムが好きそうな——オシムが率いたらもっと良くなりそうな。


とにかくホントに動きが早いのよ〜〜〜〜〜〜


と、思っていたら開始7分、ベトナムが1点入れちゃった!てか、鈴木啓太のオウンゴール。。。


ぎゃーーーーーーー!


ひゃ−−−−!


ひょえーーーーー!


って、最初はそんな感じでしたよ…あまりの俊敏さに日本が翻弄されている。


いやー、お願い、下向かないで!高原!


高原!

くくく、苦しい時に決めるのがエースよ!!!まだ始まったばっかじゃん!


って、見ているこっちも冷汗かいてたら、あとは日本がボコボコ得点してくれたからヨカッタ…


日本の1点目は、巻!敵をすごい勢いで切り返した俊輔が逆サイドで待っていた巻へパス!


ゴーーーーーール!


2点目は、遠藤の超弾丸FK!


サスガーーーーーーーーー!


そうだよ、遠藤はFK職人なんだから!


3点目は後半7分。駒野→遠藤の高速パスから走り込んだ俊輔が決めた!


オシム、大喜び!


4点目は、またまた巻!頭で押し込んだよ!これだよ!この飛び込みが巻だYO!


後半の途中で俊輔、巻、遠藤を次々ピッチから去らせたオシム。代わりに投入したのは羽生と佐藤寿人、水野晃樹。


いきなりフレッシュになりました。そして中盤後ろめ、ボランチだった中村憲剛が司令塔に。


選手が変わっても波に乗った日本の動きはベトナムに負けないくらい速かった。


憲剛や晃樹のFK、晃樹のパスをもらった寿人のシュート。みんなゴールを外しちゃったけど、俊輔や遠藤、巻が抜けた後も頑張った!みんな得点させてあげたかったなあ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ベトナムは想像以上にいいチームだった。最初から最後まであっという間に日本のボールを奪って、あっという間に逆サイドに蹴って、あっという間にゴールに持って行く。


23人中11人が北京五輪世代らしい。ホントに若いチームなんだ。


この躍動感は今後要注意だ!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


グループリーグ1位通過を果たした日本は、ムードメーカーもチャンスメーカーもリーダーもまだ出現していない感じ。


ホントは俊輔や遠藤がその役なんだろうけど、まだちょっと違う感じ。
特に俊輔は、まだまだオシムジャパンのプレーを模索中に見える。でもだんだんと調子が上がっている気はする!


イエローカード1枚もらっちゃってるけど気をつけて!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


それからやっぱり、スポーツって若いだけじゃダメなんだな、と思った。


例えばアベちゃんとか羽生とか。
いま、そこまでエキサイトしなくてもいいという時間帯にイエローカードもらったり、すでにイエローもらってるのに相手にガシガシぶつかってっちゃったり。見ていてすごく危なっかしい。ちょっと安定感がないというか。


大舞台での経験のなさが出るのだろうか。俊輔や遠藤みたいな老練さがないの。


ちょっと危なっかしいけど…次からは、いよいよトーナメント戦に突入だ。


アジア杯3連覇のプレッシャーと、もう後がない恐さに打ち勝てたらきっと勝てるよ!


試合はね!「恐怖心を克服した方が勝つでしょう」って——宗方コーチも言ってたYO!


『エースをねらえ!』で——


ガンバレ!オシムジャパン!!!


【追記】
21日、準々決勝戦の相手が決まりました。


グループリーグA組2位通過の——


オーストラリア——

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと〜』(第3話)

旅行だったので実は16日(月)に見てますシリーズ第2弾。ドラマ『パパとムスメの7日間』第3話。


◆あらすじ第3話

部下の西野(佐田真由美)から食事に誘われた川原恭一郎(舘ひろし)——の、姿であるところの娘・小梅(新垣結衣)は、西野セレクトのお店がお洒落なレストランと知り、万歳!

小梅姿の恭一郎は携帯電話で「噂になったらどうする、帰れ」となじるが食事をしたい小梅は取り合わない。

西野が恭一郎を誘った理由。
それは会社の人間関係の愚痴と恋の相談を恭一郎にブチまけたかったから。別れ際、西野が浦安に住んでいることを知った小梅はうっかり「西野さんの家に泊まらせてもらってディズニーランドに遊びに行こう!」と口走り、気まずい雰囲気に。

そのまま帰宅するつもりだった小梅は今度は恭一郎の部下・中嶋(八嶋智人)に
呼び出され、飲屋街へ。乗り気でないまま話を聞くが、ガンを患う父親を見舞わず
仕事に没頭しようとする中嶋に多忙で自分の父の死を看取れなかった恭一郎の姿を重ねる。

翌日。
「西野の好きな男性とはパパではないか」と疑っていた小梅は西野を観察。昨晩の愚痴の対象だった中嶋に対し、愛想良く振る舞う西野に悪感情を覚える。

案の定、社長以下全社員が出席する「御前会議」の準備と称して川原邸を訪れた西野は恭一郎の妻・理恵子(麻生祐未)に対し、自分と恭一郎の関係を思わせぶりに語る。

(´・ω・`)ノ***********************


ドラマが放映されていた時間は帰りの新幹線の中だった。台風無事通過。予定通り帰って来れてよかった。


出発日。
ナラリーノの父・Dさんはやかましかった。


ナラリーノが旅行することを知り


「どこに行くの?」


「台風が来るのに?」


「ホントは行って欲しくないんだが」


壊れたレコーダーのように繰り返していたがほっておいたら最終的には


「飛んでくるものに気をつけて〜〜〜〜〜」


と、ナラリーノの背に叫んでた。


そんなもんだ、チチとムスメの35年間。


で、今回の舘ひろし。


おいしい食事にウキウキの舘ひろし(中身は女子高生)。シャンプーの試供品もらってウキウキの舘ひろし。


家に友達が来ていることを知り、キャーキャー騒ぐ舘ひろし。ドン引きの女子高生たち。


小梅が試験全敗中であることを心配して訪ねて来た健太先輩に


「送ろうか?」


小首をかしげて問いかける舘ひろし。


状況のやるせなさに嗚咽する舘ひろし。が、可哀想に思えず笑ってしまうナラリーノ。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

離合集散『ライフ』第3話

旅行だったので実は16日(月)に見てますシリーズ第1弾。


ドラマ『ライフ』第3話。


◆『ライフ』第3話あらすじ

歩(北乃きい)が愛海(福田沙紀)の彼・佐古(細田よしひこ)と一緒にいる様子を隠し撮りした倫子(星井七瀬)は、その映像を愛海の取り巻き・みどり(末永遥)たちに見せるが、愛海には内緒にしておくように言われ納得がいかない。

だが、みどりたちは確実に歩への不信感を募らせていた。新入生交流合宿で歩に嫌がらせをするみどりたちを不思議そうに見つめる愛海。

みどりたちに皿洗いを押し付けられ、ひとり花火大会に参加できない歩。そんな歩の姿を見た未来(関めぐみ)は愛海たちに水をぶっかける。

騒動を知らない歩は翌朝、海辺でばったり顔を合わせた未来に「私は嫌われても仕方ない」とつぶやくが未来は「私はアンタのこと嫌いじゃない」と言葉をかける。

合宿終了後、「ムカつく未来を無視しよう」という提案が愛海たちの間で持ち上がる。未来の言葉に勇気づけられた歩は反論するが、結局、愛海に従ってしまう。

だが、未来への無視の原因が合宿での水かけ事件にあったと知り、歩は罪悪感を募らせる。

そんな中、登校した歩の机に、未来の上履きが隠されていた。最近の歩の態度に業を煮やした愛海の仕業だった。そこへ、裸足の未来が入ってくる。

上履きを履いていない未来に対し担任の戸田(瀬戸朝香)が「上履きを履かない限り授業は中断」と言い放つ。テスト範囲を知りたい生徒たちは未来をなじる。いたたまれなくなった歩は未来に上履きを返す。

笑顔でうけとる未来にホッとする歩だったが、これを「裏切り」と判断した愛海は——

(´・ω・`)ノ***********************


人の悪意が文明の利器に寄り添っているドラマ『ライフ』。今回の利器。それは視聴覚教室のプロジェクター、といったところか。


プロジェクターに大写しされたのは倫子が隠し撮りしていた歩と佐古の姿。ホントは佐古が無理矢理、歩を自宅に連れ込こもうとしている姿なんだが——


佐古が悪者なんだが——


そこはそれ、愛は盲目。佐古にゾッコン&未来に上履き返しちゃった歩にブチ切れていた愛海の目には——


歩は裏切り者、嘘つき——


と、しか映らない。


愕然とプロジェクターを見つめる歩。そんな歩の背後から——


能面みたいな愛海——


恐い。。。


だが、もっと恐いのは倫子役の星井七瀬。前回までイジメられていた倫子。歩に代わって愛海の取り巻きに復活。くっついたり離れたり。変わりゆくものだ、人の心は——


星井七瀬。


歩を見つめて笑う姿が恐過ぎる。なんか、100歳越えの魔女みたいな不気味に固まった笑顔なのだ。


おまけに、猫背。


星井七瀬って——


なっちゃん、でしょ?


オレンジジュースの「なっちゃん」。たしか田中麗奈が初代イメージガールで、星井七瀬が2代目?


あんなに爽やかだったのに——


魔女になっていた。


変わりゆくものだ。人の心も、人の姿も——


(前回までのお話はコチラで)
冷眼傍観『ライフ』第1話
絶体絶命『ライフ』第2話

節約っていうか古風『山田太郎〜』第2話

旅行準備があったので
本当は今(16日)見てますシリーズ第1弾。

嵐の二宮くん、櫻井くんが出演中の
ドラマ『山田太郎ものがたり』。

第1話では二宮くん演じる山田くんが
チョコレートの空き箱を筆箱がわりにしていたが。

今回はどんな節約術を披露してくれるのだろうか。

<『山田太郎ものがたり』第2話>

華道の家元・聖一を祖父に持つ
御村くん(櫻井翔)は
クールな雰囲気のおぼっちゃま。

しかし、風変わりな
山田くん(二宮一也)のことだけは
気になって仕方ない。
とうとう山田宅まで訪ねてしまう始末。

御村くんの急な来訪に喜ぶ山田くんは
大喜びでボロ家に招き入れる。
弟妹の多さと騒がしさに驚く御村くんだったが
その雰囲気を羨ましく感じてしまう。

一方、山田くんの弟・次郎は
才能を見込まれてリトルリーグ入団を薦められていた。
監督の直訴をキッカケに、その事実を知った山田くん。
次郎は、山田家の貧窮ぶりに入団を諦めていたのだ−−−

弟に野球をやらせてあげたいという
山田くんの思いを組んだ御村くんは、
山田くんを女装させ、
御村家のメイドとして雇う。

3日間、厳格な聖一にバレなければ
無事給料が支給される−−−
山田くんは「タミコ」と名乗って
御村家で働くことに。

不安でいっぱいの山田くんだが
聖一が捨てた浴衣をぞうきんに利用するような
古風な働きぶりで、聖一に気に入られ−−−



(´・ω・`)ノ***********************



『花君』の堀北真希ちゃん、
『パパとムスメ〜』の舘ひろし。

『山田太郎ものがたり』でも
二宮くんが異性に扮した。
やはり今期のドラマのキーワードは
女装男装なのだろうか。

そんな女装姿の二宮くんを
温かく見守るのが御村くん役の櫻井くん。

御村くんは、山田くんのことが大好きだ。

女装を同級生の隆子(多部未華子)に見られて
焦りまくる山田くん。
その姿に大喜びの御村くん。

山田くんに対するイタズラか?と思いきや
「女装してメイド」なる
危険任務についている山田くんが
無事勤めを全うするには協力者が必要!と
山田くんに憧れている隆子を
同じくメイドとして雇ってあげたり。





なかなかにいい奴。御村くん。





と、思っていたら。





御村くんの真意は
別のところにあったのだが−−−





でも、今回は登場人物の善意が溢れていて
とても気持ちの良いお話だった
『山田太郎ものがたり』。

弟のためにメイドとして働く山田くん。
御村くんの純粋さを応援するお付きの者・磯貝さん。

最後、山田くんの女装に気づいたが
ちゃんとお給料を払ってあげた
御村くんのお爺ちゃん。

そのお金で次郎のグローブを
買ってあげることができたし大団円。
今後もその気持ち良さを、期待。

<で、今回の山田くんの節約術>

自宅を訪れた御村くんに出したお茶。
庭のタンポポを煎じたお茶だった−−−


あの人の影『女帝』第1話

ドラマ『ライヤーゲーム』で煌めいた松田翔太も出演するドラマ『女帝』。加藤ローサちゃんがホステス役かあ…ピンと来ないけど…


<『女帝』第1話あらすじ>

彩香(加藤ローサ)は熊本で暮らす女子高生。
スナックを営みながら女手ひとつで育ててくれた母(かとうかず子)が病に倒れたことで彼女の人生が暗転する。

ボーイフレンドであり、町の権力者の息子である謙一に暴行されそうになった彩香は、口止め料に金を渡そうとする謙一の父に「貧乏でも心は売らない」と言い放つ。

亡くなった母が残した手紙で父親が生きていることを知った彩香は、自分と母を苦しめた人々に復讐するために権力を得ようと大阪へ。
歓楽街のミナミにあるクラブに出向き店のママに「ナンバーワンホステスになって
天下を取りたい」と訴える。

その言葉を聞いた店の看板ホステス麗子(小沢真珠)は、ママに素質を見抜かれ店で働くことになった彩香を虐め抜く。

そんな辛い毎日の救いとなったのは、ふとした縁で親しくなった直人(松田翔太)。

直人を見たママは交際を止めるが彩香はそれを突っぱねる。常に優しい直人を信頼する彩香だったが——

*******************


可愛いローサちゃんをいびりまくる小沢真珠。なんかもう、「小憎らしい」という言葉の象徴人間みたいな小沢真珠であることだ。


イヤミもねちっこく蛇のよう。


イヤな役やってる時の北村一輝に似ているような。


褒め言葉なんだろうか。「北村一輝に似ている」って。


「あー、ねえねえアナタなんか北村一輝に雰囲気似てない?」


それは——不気味に妖しいってこと?


「ねえねえアナタのその格好、北村一輝みたい」


それは——ヘンな服着てるってこと?


「ねえ!アナタ北村一輝と顔そっくり!」


悪口!?


あ、いや。閑話休題。
『女帝』。松田翔太。相変わらず、背が長かった。


色男な役柄だ。ローサちゃんと出逢ったと思ったらあっという間にふたりでビリヤードやっている。食事もしてる。海にも行ってる。


セリフといい雰囲気といいなんだかヤクザな役だなあと思っていたらホントにヤクザ、チンピラ役だった。


「オレ、コックの見習いやってるんだ」


いや、絶対やっていない。その顔、その頭。その態度。コックの見習いではない、けっして。


が、しかしバッカナーレ@『バンビ〜ノ!』みたいにヤクザな見かけのシェフたちが集うレストランもあるからして——


って、ここでも一輝を思い出す始末。あああ、そこかしこに北村一輝。。。なにせ、『女帝』。迷作『わるいやつら』と同じドラマ枠ゆえ。


ローサちゃん演じる彩香。ミナミの妖怪と呼ばれる実力者に近づいて権力を得ようとする。


ミナミの妖怪役は泉谷しげるだった。


ミナミの妖怪——


一輝っぽいネーミング——


(´・ω・`)ノ***********************

国ドゥーの『女帝』レポ

あの人の頭ん中(第2話)
あの人の恋(第3話)
あの人の顔(第4話)
あの人の過去(第5話)
あの人の服(第6話)
あの人の力(第7話)
あの人の腹具合(第8話)
あの人の女ぶり(第9話)
あの人の今後(第10話)

(´・ω・`)ノ***********************

苦しい時に決めるのがエース!(AFCアジアカップ2007)

2007年7月13日(金)AFCアジアカップ2007予選第2戦。日本対UAE。


第1戦。
阿部勇樹選手のファウルがもとで1−1で引き分けてものすごーーーーく雰囲気下り坂っぽいサッカー日本代表。


第2戦は負けられない!


通訳!オシムの激怒に泣いてる場合じゃない!ガンバレ!ニッポン!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


で、第2戦。前半はよかったねーーー♪


3-0で後半を迎えたもんね−−−♪


1点目は俊輔のアシストで高原が決めた!なんて美しい形なのでしょう!


高原——


まだ2戦目だっちゅーに、早くも崖っぷち感漂う試合で早々に得点!


苦しい時に決めるのがエースだ!


って平沢千鶴も言っていたよ(※末尾ご参照)


高原!君こそエース!ホントかっこ良かった!


しかも高原!
ナラリーノが愛犬に吠え立てられ散歩してる間にまた得点!!!


素晴らしいよう。。。


そして俊輔!遠藤がキーパーにすっ飛ばされてPKゲット!それを俊輔が決めて3点目!


遠藤、すんごい飛んでいた。


跳ばされる遠藤
山おんなの胸ボタン的だった

後半は人数減ったのに全然元気なUAEの攻撃に、見ているこっちの方がビクビクしたけど。


高原も俊輔も交代させられちゃって見ているこっちの方が焦ったけど。


おまけに足が止まった日本代表を振り切ってUAEが得点しちゃって、オシムが赤鬼みたいに怒り狂って見ているこっちの方がお腹痛くなったけど。


日本、3−1で勝利。得失点差で現在グループリーグ1位。


このままベトナム戦だ!!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◆で、平沢千鶴って誰?

大昔。
雑誌「りぼん」で連載された佐々木潤子のスポ根マンガ『エース!』の登場人物。

ノーコンながら爆発的なパワーを持つエースアタッカー・真奈美を中心に、無名の公立中学ながら次々と才能を開花させていくバレー部の選手たちの姿を描く『エース!』。

平沢千鶴はバレー協会のお偉いさんを父に持つエリート選手で真奈美のライバルだが、ひざを故障して苦しんでいた。

痛みを隠して大会に臨んだ折、千鶴ちゃんがつぶやいたセリフが


「苦しい時に決めるのがエース」。


いいシーンで、いまでも覚えてる。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

殺戮の『山おんな 壁おんな』第2話

先週は、フカキョン演じる鞠谷まりえの殺戮のボンバーパイン・ダブルshineに圧倒されっぱなしの『山おんな 壁おんな』だったが


飛ぶボタン
(前回の、フォトジェニック)


今回も——爆発するのだろうか。。。


胸。。。


(´・ω・`)ノ***********************

◆『山おんな 壁おんな』第2話あらすじ

丸越デパートに勤める恵美(伊東美咲)の前に現れた幼なじみ・昌平(西島秀俊)。

彼が口走った恵美とまりえ(深田恭子)の胸のイメージ——“壁おんな”、“山おんな”なる言葉が社内を席巻。社食でもその言葉を耳にした恵美は部長の田村(谷原章介)にあくまでも「まりえへのセクハラ」だと進言。田村は従業員を集めてセクハラ講習会を開くことにする。

セクハラ疑惑に怯えた男性社員たちは隠語としてまりえを「二子山」と呼ぶことにするが、察しのいい女性社員たちにすぐバレる。

社内の雰囲気が悪くなっていることを気にしたまりえは「胸のことを言われるのは
慣れているから気にしない」と発言。気持ちの優しいまりえの株がまた上がる。

合コンで気の合いそうなイケメンと仲良くなった恵美は上機嫌で休日を迎えるが
ランジェリーショップで田村とまりえが買い物をしている姿を目撃!田村に憧れる恵美は気が気でない。

そんな折、デパートにまりえを訪ねて来た女性がいた。

その女性こそ、田村の妻——!

(´・ω・`)ノ***********************


フカキョン演じるまりえちゃん。今回も、朝も早よから胸がモリモリだ。


フカキョン。
作り付けの胸もでかいが結わいた髪の毛も多い。おまけに昼飯、白米が特盛りだ。


フカキョンを彩るすべてのもの、ありとあらゆるものがデカくて多くてモリモリだ。そんなドラマだ『山おんな 壁おんな』。


そんなボンバーなフカキョンのホンワカムードに今回も癒されるお茶の間。


デパートの商品を可愛がるフカキョン。だが、君のほうがずっとずっと愛らしい。が。


色っぽくは、ない。


なんだろう、これはきっと——満腹感?ボンバーパイン・ダブル。あまりにフカキョンの胸が特盛りなのでそこだけ『牛に願いを』の乳牛のような。


色っぽくは、ない。


もっと色めきたいナラリーノがいる。


と、思ってドラマ見ていたら!


ぎゃー!!!


ササッチが!


ナラリーノ国のピュアソウル笹野高史氏がイトーミサキのお父さん役として登場!どうも風水に凝っているらしい青森在住のお父さん役であった。


もっと出るかと思ったらとりあえず今回はイトーミサキに


「恋愛運が上がるよう、ピンクのブタを飾れ」


と言うに留まった。あああ、残念!と、思ったら!


今回も!やはりフカキョンの殺戮ボンバーパイン・ダブル、炸っ裂っ!


フカキョンと谷原章介の不倫を疑って焦るイトーミサキ。デパートにやってきた
谷原演じる田村部長の妻の姿に焦ってドン!さらに倍!20、18、4、8、16みたいな。いやあ、今回も篠沢教授に全部!


妻の姿に焦って篠沢教授に全賭けしそうなイトーミサキはフカキョンを店の奥に隠し、


「鞠谷は、早退しました」


と、言うのだが!そこへ!


キターーーーーーーーーーーーーー!


Yama_1


Yama_2
フライングボッタン!!!!!


今日もフカキョンの胸ボタン、飛んだーーーーーー!!!


そのボタンを受け止めた田村部長。


「鞠谷、いるな」って、おみごと!フライングボッタンといえば茶の間も丸越デパートも「鞠谷まりえ」なのだ!


てか、あんな奥にいたのにあのスピードで店内にすっ飛んできたボタンの威力って何!?


超、ボンバー!『山おんな 壁おんな』って戦争映画みたい——?


今回こそ——そんなフカキョンに気を揉むイトーミサキを、頑張り過ぎて顔に仕事アブラが浮こうとも友人に過去をばらされそうになりものっすごい形相になろうともバストアップ運動中にそして足がつろうともやっぱり綺麗なイトーミサキの素晴らしさを語りたかったのに!


やっぱり胸だった。


来週は絶っっっっっ対イトーミサキの存在感を語る!!!

お茶処「福茶」(池袋)


手軽さを重宝しすぎてペットボトルのお茶ばかり飲んでいませんか?


お茶処「福茶」
たまには美味しいお茶を飲みましょうよ!


お茶の葉を、温めた急須に入れて。お湯を注いだら少し待つ。
そんな、穏やかな時間を楽しもう——と、いった気持ちにさせてくれるお店がここ。池袋にある「福茶(ふくさ)」。


JR池袋駅東口・三越の裏手ビルにある小さなお店だけど、幸せな時間が過ごせます。日本茶と軽い食事、甘味が揃ったお茶処です。


この記事の最初に載せた写真右側が、爽やかな風味が特長のお茶「川根の露」(静岡産)。左側が、渋みと甘味が一体となった朝宮の霧(滋賀産)。


まずはお湯呑みに1杯目のお茶。
そして、2杯目用に注ぐお湯(お盆に載った白湯)、3杯目用に注ぐお湯(奥のポット)が一緒に運ばれてきます。


飲めば、至福。。。1杯目、2杯目、3杯目で、ああ、こんなにお茶の味が違う!


ナラリーノは「川根の露」を飲んだのですが、最初の方が味がまろやかで甘味がある。飲む程にさっぱりしていって3杯目には清々しい渋みが口の中に広がります。


普段のようにマグカップでガブガブお茶を飲むのもいいけれど、こうやって小さめのお湯呑みでゆっくりじっくり味の変化を楽しむのも優雅…。


こんなに上品においしくお茶を入れてくれるお店だもの!ご飯もの&スイーツが
おいしくないはずはない!!!


お茶処「福茶」
辛み餅。


お茶処「福茶」
牛もつのおじや。


デザートものは単品はもちろん、ミニサイズの甘味を2種類選べるお得なセットもあります。


お茶処「福茶」
抹茶ミニあんみつとマンゴーの夏ムース。


お茶処「福茶」
クリーム白玉ぜんざいと梅ジャムが添えられた杏仁豆腐。


食べ過ぎ…?
ノンビリお茶を飲むと時間がゆっくり過ぎていくから…つい、食べ過ぎた…


それにしても茶葉からちゃんと入れたお茶って強烈!日本茶を飲んだその夜、 眠れませんでした。ナラリーノはお茶が大好きなのですがカフェインに弱いので。


そんなこともすっかり忘れていたわ。
それくらい、こんなにしっかりしたお茶を飲むのは久しぶり。お恥ずかしい限りです。


こちらのお店、果実酒もサービスしてくれるの!「今月の果実酒」から疲労回復に効くという梅酒とぼけ酒をセレクト。。。


のどかな時間が流れるお茶処「福茶」のHPはコチラ

お茶処「福茶」 お茶処「福茶」

サービスも満点!果実酒(左)のほか、「柚子のはちみつ漬け」(右)も振る舞っていただきました☆


ドラマ『ホタルノヒカリ』第1話☆


綾瀬はるかちゃんの来ていた洋服が可愛かった。


Hotaru_1
コレ。


はるかちゃんが訪ねたお店のお花もいい感じ。


Hotaru_2
コレ。


プリティなイメージ漂う画面。はるかちゃん、今回も得意のお嬢様キャラ…?


と、思いきや。はるかちゃん演じる蛍は–—会社ではシャキシャキ働いているものの、家では穴の空いたジャージや醤油染みのついたTシャツを着こなす——


干物女だった——


ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ
『ホタルノヒカリ』第1話あらすじ

デザイン関連の部署に勤めるOL蛍(綾瀬はるか)はディレクターの山田女史(板谷由夏)の下で働くテキパキとした女の子。

プロジェクト終了後もとっとと家に帰る蛍を見て誰もが男の影を疑うが、実は蛍は
早く家に帰ってビールをあおり、寝たいだけ。

「髪の毛をちょんまげ風に結わく」「ボリボリ尻をかく」「恋愛するより、家でゴロゴロしていたい」——

山田女史が後輩の女子社員に「こうなってはならない」と諭した女度が枯れている「干物女」、それはまさに帰宅後の蛍の姿だった。

そんな蛍の住む家に、突然、イケメン上司の高野(藤木直人)が現れる。蛍がくつろいでいたその家は高野の実家だった。飲み屋で知り合った蛍に格安で家を貸し与えた中年男性。その男性は高野の父親だったのだ。

わけあって妻と暮らしていたマンションを出た高野は、父が出張中で誰もいないはずの実家に戻って来たのだった。あくまでも居座ろうとする蛍と、彼女を追い出し一人で暮らしたい高野。ふたりのバトルと同居が始まった。

一方、男っけのなかった蛍にロンドン帰りの社員との恋の予感が——

ЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖЖ


干物女。
と、聞くとイマドキの香りがするが。ようは昔流行ったオヤジギャル?ちょっと違うか。


オヤジギャルは、その名の通りやることなすことオッサンぽい女性のこと。


干物女は、生活に潤いのない女?


なにはともあれ、ナラリーノは笑えなかったわ。このドラマ。 まず第一に、蛍のダジャレが凄かった。


「いただきマンボ!」とか


「どっこいしょういち」とか。


...どうにも馴染めなかったし。それに。


張り切って仕事をしているように見える蛍。実は気持ちはパツパツで、でも家でマッタリすることで明日もまた頑張れると思っている。


家にいる時くらい、思いっきりくつろぎたい——そのくつろぎ方がどうであれ、そう思う気持ち、とてもわかるし笑えないわ。。。


そんな蛍と同居することになる上司役。藤木直人。めちゃくちゃ几帳面。


「脱いだ靴を揃えろ」「服についたホコリを払え」


姑みたいに桟のホコリを指でぬぐう始末。


「少年隊のヒガシのほうが適任なのではなかろうか」


と、思えるほどストイックに几帳面道まっしぐら。


●°。○°。°。○°。°。○°。°。○°。

ドラマ「ホタルノヒカリ2」(2010年放送)
第1夜/第2夜/第3夜/第4夜/第5夜
第6夜/
第7夜/第8夜/第9夜/第10夜/第11夜 

●°。○°。°。○°。°。○°。°。○°。

ドラマ「ホタルノヒカリ」(2007年放送)

第1話/ 第2話/ 第3話/ 第4話/ 第5話
第6話/ 第7話/ 第8話/ 第9話/ 第10話

●°。○°。°。○°。°。○°。°。○°。



感涙!「花ざかりの君たちへ」第2話

(´・ω・`)ノ***********************

※第1話の復習はコチラ

(´・ω・`)ノ***********************


先週、めちゃくちゃ妖しかった上川隆也であったが。今週のベスト・オブ・アヤシスト。それは彼——


ジャニーズJr.の生田斗真——


妖しさ、大放出でした——


(´・ω・`)ノ第2話あらすじ

女性ながら、とある目的を持ってイケメン揃いの男子校に転校した瑞稀(堀北真希)。入学早々、校医の梅田(上川隆也)に素性がバレそうになるが、同級生兼ルームメイトの泉(小栗旬)の愛犬がその場を救う。

マラソン大会が終了した学園の次なるイベントはミスター桜咲コンテスト。勝者が暮らす寮には、ひと部屋に1台液晶TVが支給とあって生徒たちはいつも以上に盛り上がる。

そんな中、中津(生田斗真)は瑞稀の肩を抱いた瞬間に奇妙な胸騒ぎを覚える。
不思議な感覚に戸惑う中津は、それ以来瑞稀が気になって仕方ない。

そんな中津の気持ちに気づかない瑞稀は奈良漬けで酔っぱらった泉にキスされ呆然。照れくささを隠しつつ高跳び選手だった泉を懸命に励ますが「跳べない自分にはお前の言葉は重荷」と言われてしまう。

誰もが浮き足立つ中、梅田に入学した訳を問いつめられた瑞稀は「友達の話」と偽って自分の過去を告白する。

(´・ω・`)ノ***********************


面白かった。生田斗真。
金色(こんじき)のコメディオーラ、大放出だった。ブハーッ。


なんだかわからないなりに瑞稀のことが気になる中津。


自分は女の子が好きなはずなのに——


なぜ、男が気になるのか——


そんな思いを抱く生田斗真扮するところの中津。大丈夫。君の嗅覚は間違ってはいない。だって瑞稀は正真正銘、女の子。


瑞稀を見るだけでピンクなオーラ大放出な中津。放出ついでに飲んでる水まで口から大放出。コンテストで女装したに瑞稀の姿に鼻血も大放出。もう何から何まで出っぱなしの中津であることだ。


せっかくこんなに整った顔に生まれついたのにねえ生田斗真。


鼻血に吐水。お気の毒…小栗旬は王子様みたいにすましているのに。


でも、堀北真希ちゃんと小栗旬、そして生田斗真って「顔の並び」がいい。ちょっと古風めの美男美女である真希ちゃんと小栗旬に、イマドキな生田斗真がスパイスになっている。


こういう人を見ると——


こういう人、とは生田斗真みたいに「チームの中のスパイス的顔」を見ると——


LUNA SEAのドラマー・真矢をなぜか思い出す。


生田斗真は「花君」のアヤシストであり、また真矢でもあったりするらしい。


さて。


自分が住まう寮のメンバーをミスター桜咲にしたい寮生たち。インパクトの強さを狙って瑞稀を全裸のままステージにあげようとするが——


ピンチな瑞稀を救うスーパーマンは泉ではなかった! そう!!!


ナラリーノ国の健胃大明神!上川隆也演じる梅田!


これより先、保健室で瑞稀を問いつめた梅田先生は瑞稀と泉の過去を知る。瑞稀は高跳びの選手としての泉に憧れていただけじゃなくて、アメリカで命を助けてもらった過去があったのだ。


そして、それがもとで足をけがしてしまった泉をもう一度跳ばせるために学園に乗り込むことを決意したのだ。


そんな瑞稀の思いを知って、今後、梅田は陰ながら瑞稀を助けてくれそうな気配。この辺り、なかなかに感動的だった。そして次週。


より妖しそうな岡田義徳登場!?どうも瑞稀のお兄さん役らしいけど?


週代わりで妖しい人、大放出中。そんなドラマだ、『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』。


(´・ω・`)ノ***********************

◆ドラマ『花ざかりの君たちへ』レポ

妖艶な第1話
感涙な第2話
ホモデンキな第3話
ラブラブコメコメな第4話
ときめきの第5話
原作と比較した第6話
潔い第7話
アレレ?な第8話
佐野泉〜〜〜な第9話
結末近づく第10話
ラストに向かって第11話
2時間スペシャルな最終回
卒業式&7と1/2話スペシャル

(´・ω・`) ノ***********************

『ファースト・キス』第1話☆

月9ドラマ『ファースト・キス』。

セリフのテンポのよくて
面白かった。






が。






サッカー日本代表、
引き分けで...やる気ないまま見ました。。。

<『ファースト・キス』あらすじ>

両親の離婚後、母(夏木マリ)に引き取られ
渡米していた美緒(井上真央)は
生まれつき、心臓に病を抱えていた。

病院で成功率50%の手術を薦められた美緒は
生まれ故郷であり、10年来会っていない
兄・和樹(伊藤英明)の住む日本への旅行を望む。

事情を知らない和樹は、喜んで妹を出迎えるが
久しぶりに会った妹は、
かつての面影のかけらもない
わがままで生意気な女の子だった。

代官山の大きな家に住んでいる、という

和樹の話を信じていた美緒。
しかしその家は、和樹の友人でメイクアップアーティストの
進藤一流(劇団ひとり)の家だった。
和樹はそこに居候している身だったのだ−−−

おまけにカメラマンを目指していたはずの
和樹だったが、現在はその道も諦め
自堕落に過ごしていた−−−

ね、いい話−−−

でも、サッカー日本代表が。。。

ち、力が入らない...

来週頑張ります...
も、寝ます...

遅ぇ!うるせえ!(AFC アジアカップ2007)


2007年7月9日(月)AFCアジアカップ2007予選の第1戦・日本VSカタール。


1−1の引き分け。


あーーーーー。。。


引き分け。。。せっかく1−0で勝ってたんだけど、ア、アベちゃんが相手にPKあげちゃった。。。


あーーーーー。。。


スミマセン、アベちゃんは悪くないの。


私が、私が日本代表を応援したから。。。(最近、超疫病神)


今日は早く帰りたかったからお昼休憩もとらずにタクシーで帰って来たのに。。。見始めた途端に。。。


引き分け、かあ。。。


暑かったのか、活気なかったもんなあ日本。


カタールの応援が笑ってしまう程うるさかったなあ(苦笑)


拡声器で、なんか歌ってた。。。


私が選手ならうるせぇ!って叫ぶと思う。なんか、ここぞという時に歌い始めるんだよね、カタール応援団。


拡声器で。コーラン?


あと、あのピッチ。芝が相当悪いんだろうなあ。。。ボールの動きがヨチヨチ歩きの赤ん坊みたいに遅かった。ボテボテボテ〜って。


そんなんだからエレガント派の選手(俊輔、遠藤、憲剛)はやりづらそうに見えた。特に遠藤。元気なく見えた。


引き分けかあ。。。


コンタクトレンズ、変えてみた

目の悪さなら、
負けないナラリーノ。

普段は2週間使い捨てタイプの
ソフトコンタクトレンズ愛用者なのだが
まとめ買いしていたそれがなくなりそうだったので
新たに購入したのだが。

今回は、
今までとは違うコンタクトレンズに変えてみた。
値段は高いが、従来品より
瞳にたくさん酸素を通してくれるらしい。

新しいレンズ。
なかなか快適なつけ心地だ。

進歩しているのだなあ。。。
コンタクトレンズも。

1年前の
酸素透過性抜群
ソフトコンタクトレンズは−−−

ハードだった−−−

(´・ω・`)ノ***********************

前回コンタクトレンズを購入したのは
今からちょうど1年前。

当時、

「ソフトコンタクトレンズの
域を超えた酸素透過性」

が、特徴だと言う
使い捨てソフトコンタクトレンズが
販売された直後だったので
試しにつけさせてもらったのだが。






痛かったのなんのって・・・!






ソフトじゃないYO!?
このゴチゴチ感!






眼科の先生曰く
ソフトコンタクトレンズで
酸素を通すことに主眼を置くと
どうしても固さが増すらしい。

それまでナラリーノが使用していたレンズは
業界一と言われる程の
柔らかさを誇る製品らしいので
それに慣れてしまったら
酸素透過性が売り物の
ソフトコンタクトレンズは
違和感があってつけられないかもしれない...
とのことだった。

だから、1年前の私は
出来立てホヤホヤの
酸素透過性抜群
ソフトコンタクトレンズは
買えなかったのだが。

たった1年で、
超酸素透過性レンズが
こんなに柔らかくなっていたとは−−−
以前の業界一と変わらぬ柔らかさ。

まだまだ発展途上で
進歩し続けているのね...
コンタクトレンズも。

(´・ω・`)ノ***********************

目の悪さなら、
負けないナラリーノ。

人と机、人と壁、
人とガス湯沸かし器。

裸眼では区別がつかない。
いったい何度間違えたことだろう。





視力検査にて。







「じゃあナラリーノさん。
これ読めますか?」

と、検査士さんに問われたので







「あー、えと...右!(「C」)」







答えたのだが。







「いえ、 『へ』 、です。




ナラリーノさん、無理して読まなくて結構です。
じゃ、次読めますか。あ、平仮名ですから平仮名」




そんな恥ずかしい経験もあり。




なんといっても
「ね♪」 とか
「る♪」 とかじゃなくて

へ、ですよ

恥ずかしさのあまり、腹がゴロつきそうだ。
そんな感じで、目が悪い。






あ、今つけてるレンズはこれ。

Sinnsaku
アキュビューアドバンス。

全く目が曇らん。

進歩って、素晴らしいわ。。。

愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

※前回の復習をしたい方はコチラ


初回放送時は舘ひろしの意外な愛らしさに胸打たれた『パパとムスメの7日間』であったが。今回の注目はやはり新垣結衣ちゃん♪


見た目は娘なんだけど、現在中身は父であるところの小梅役である。


『パパとムスメの七日間』第2話あらすじ

電車の事故のせいで人格が入れ替わってしまった恭一郎(舘ひろし)と小梅(新垣結衣)親子は、元に戻れぬまま互いの日常を生きることに。

見かけは小梅であるところの恭一郎は、小梅の憧れ・健太先輩(加藤成亮)とのデートの待ち合わせ場所へ。

娘の恋を失敗に持ち込もうと目論む恭一郎だったが、父親の姿になった小梅も負けていない。デートする二人を尾行し、懸命に恭一郎の魂胆を阻止しようとする。

仏頂面でモリモリ食べ、「女の子らしくない小梅」の姿を健太に見せつける恭一郎。だが、その姿が逆に健太に好感を持たれてしまう。

一方、日曜出勤を控えていた恭一郎は自分の姿になっている娘を会社に送り込む。翌々日の会議を前にしながらもノンビリムードの父の部下の姿に小梅は驚くが、そんな中、大トラブルが発生し——

(´・ω・`)ノ***********************


可愛かった、新垣結衣ちゃん。
旬の輝きとでもいうのだろうか。いつもホッペタがホンノリ赤い。みずみずしいリンゴのようなお嬢さんだ。


そんなガッキーが「中身は父親=オッサン」であるところの女子高生として先輩とデートせねばならない。


なにぶん、中身はオッサンなので、映画のチケットを買いに行こうとする健太先輩に


「使いだてして、スマンね」


なんて声をかける始末。イナセなガッキーであった。


今回の舘ひろし。「姿は自分な父親を尾行する姿は父親であるところの娘」である。


サングラスをかけての尾行。「あぶ刑事」を髣髴とさせるも仏頂面な自分を叱りつける姿はギャルだった。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

絶体絶命『ライフ』第2話

※『ライフ』第1話を予習したい方はコチラ


見ていて気持ちのいいドラマではないのだが、でも見てる『ライフ』第2話。公務。。。


◆『ライフ』第2話あらすじ

佐古(細田よしひこ)から別れ話を切り出された愛海(福田沙紀)は自殺を図るが、間一髪のところで歩(北乃きい)が止める。佐古を失い混乱する愛海は学校を欠席。教室では倫子(星井七瀬)へのイジメが続き、誰に対しても何もできない歩は落ち着かない。

愛海を心配した歩は愛海が振られた事実を知らない級友たちに佐古の印象を聞き出すが、誰もが佐古を真面目な優等生と答える。

だが、佐古を追いかけて彼の家を訪れた歩は、佐古の趣味を発見し驚愕。佐古の態度と愛海への友情の板挟みとなり、だんだんと追いつめられていく歩。そんな歩に、新しい救いの手が——

(´・ω・`)ノ***********************


恐いよ…佐古くん(細田よしひこ)。


周りの人たちは彼のことを、まじめで愛海一筋の好青年、といった目で見ているが


前回。
ナラリーノは、いや視聴者は見た。佐古くんが毛虫をブッ潰し、もだえる毛虫をデジカメっていた事実を——


そして——毛虫に向けられたその陰湿さは今回歩に向けられた!!!


愛海を心配して佐古を問いつめる歩。そうこうしているうちに佐古の家まで着いちゃいました。


「雨降ってるからカサ貸してあげるよ〜〜〜」なんて声をかける佐古。ああ!歩は純粋なのだ!信じちゃダメ!「カサ貸してあげるよ〜〜〜」なんて!!!


案の定——


デジカメられました。


今回(デジカメ)も前回(ケータイ)同様、人の悪意が文明の利器に寄り添っておりました。。。


◆激写 その1

1つはクラスメートの倫子に。


現在、クラスでイジメられている倫子はひょんなことから歩に憎悪の目を向けるようになっていた。そんな彼女が、佐古の家に連れ込まれた歩の姿を——


ケータイで激写。


◆激写 その2

佐古は知っていたのだ——


歩が中学時代の親友を自殺に追い込んだことを——(いや、歩は悪くないんだが)


そして、歩は知ってしまった——


佐古の趣味、そして本性を——


激写その2は——


歩の下着姿——


あああ、陰湿!佐古よ!どこまでも癖がある男。高圧的な父親のせいで屈折してしまったらしいことはよくわかるのだが!


佐古役の細田よしひこ。
優等生から変質者に豹変した時の顔があまりに恐かったので、いったいどんな青年なのであろうかと興味を持って彼のブログを読んでみた。


オフィシャルブログ、タイトルが


「ちょいーっす。」


だった。


最新記事で『ライフ』第2話について語っていた。


「見所は、きいちゃん演じる歩と克己の新たな関係性かのぉ~


「感想キボンヌ」


当たり前ながら、佐古のカケラもない感じの良さそうな19歳だった。


そしてとうとう。次週、歩へのイジメが始まる。歩、絶体絶命!?と思いきや。歩を救ってくれそうな雰囲気のクラスメート・未来(関めぐみ)がいる。わけありの生活らしく、バイトをしていて不登校気味ながら成績は佐古に次いでNO.2。


ドラマの冒頭、イジメに立ち向かおうとする歩のブレスレットがいつも未来がしているブレスレットなんだけど——

妄想爆発!「山田太郎ものがたり」第1話

嵐の二宮和也、櫻井翔が
共演するドラマ『山田太郎ものがたり』。

鳴りもの入りのドラマ、と言えよう。

して、その内容は。

ナラリーノ国のお家芸・妄想力の鍛錬にも通じる
あんな技、こんな技がテンコ盛りな作品であった。

<『山田太郎ものがたり』第1話あらすじ>

山田太郎(二宮和也)は
セレブな高校に通う高校三年生。

容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能。
特別進学クラスにも選ばれるほど
優れた彼は、特待生として入学した
貧しい家の子だった。

その事実を、太郎は隠すつもりはないのだが
どこか風変わりな言動や雰囲気から
超おぼっちゃまと思われていた。

そんな彼を興味深く見つめる視線がふたつ。

一人は、「おぼっちゃま」の太郎に憧れる
同級生の隆子(多部未華子)、
もう一人は正真正銘のおぼっちゃま、
華道家元の孫である御村託也(櫻井翔)だった−−−

(´・ω・`)ノ***********************

いつもひもじい山田太郎くん。
いつもお腹が鳴っている。

だから、見上げた空には−−−

コロッケ−−−(幻想)。

いつもひもじいので町の屋台のニオイを記憶、
それを思い出しながら白米をかっこむのであった。

そんな男の子である。

おうちが、かなり貧乏なのだ。

学校終われば速攻で帰宅、
6人の弟妹たちの夕食を準備してバイトへGO。
ちなみに両親は健在だ。
父親は世界を旅する絵描き(松岡充)、
母親はお嬢様気質が抜けない浪費家(菊池桃子)。

山田太郎くんは
筆箱も買えないのか、筆記用具を
チョコレートの箱に入れている。

チョコの箱が、筆箱....
ナイスアイデア。。。

なぜかマネしてみたい
ナラリーノがいる。






汚れたら捨てればいいし...






鉛筆出すたびに、チョコの香り。






そんな山田太郎くんの
おっとりした性格を、
周囲はお金持ちたるゆえんの
鷹揚さと勘違いする始末。

だからこそ、少しでもお近づきになるべく
登校する山田太郎くんと
御村託也くんを入り待ちする女生徒たち。







そんな女生徒の燃えるような視線を
山田太郎くんは−−−







「なぜみんな、オレを見ている?」







「制服破けてるのだろうか」







「ちゃんと繕ってきたのに」







尻をさすって歩いておる。

そんな山田太郎くんの
不安に気づかないギャラリーたちは







「あの歩き方、マネできないわ〜」







愛って盲目、そして妄想力。

そういえば、
山田太郎くんに恋する同級生
隆子だって−−−

必死でバイトしている山田太郎くんを
うっかり発見してしまった隆子。







「偉いよね!!!お金持ちなのに、
お金のありがたみを知るために
アルバイトを経験するなんて!」







「お父様のお考えなの!?」







王冠かぶってツルハシをふりおろす
山田太郎くんを妄想中の隆子であった。

ニオイを思い出して食事、な
山田太郎くんといい、
王子様を妄想中の隆子といい

誰もがナラリーノ国の妄想授業の
教師になる資格あり。
『山田太郎ものがたり』。

そんな中、ひとり冷静な
櫻井翔くんは、今後ナ国の住民になれるのか?

ナ国で幸せになれるのか!?

って、ナラリーノもまた
妄想中。

二重丸☆「山おんな 壁おんな」第1話

いやいやいやいや…いいもの見させていただきましたよ…何がって——


ドラマ「山おんな 壁おんな」の——


フカキョンの胸——


.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚

◆ドラマ「山おんな 壁おんな」第1話あらすじ

恵美(伊東美咲)は丸越デパートバッグ売り場の主任にして売上TOPを誇る敏腕店員。スタイルもよく、モデルのような美しさだが残念ながら胸がない。

ある日、満員電車の中で恵美は自分の背中にあたる柔らかい感触に驚愕。それは後ろに立っていた女の子のあまりにも大きな胸だった。

そして、その巨乳娘こそ支店から転属してきた新しい部下のまりえ(深田恭子)だった。

.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚


出勤時。女性専用車両の伊東美咲。
そのあまりのデカさに驚いた。頭二つぶんくらい背が周囲より抜きん出ている。今まで気にならなかったけど、イトーミサキって背が高かったのね…


そして、「デカさ」なら負けていなかった。それこそが、フカキョンの胸——


いやいやいやいや…デカいのなんの。作り付け(特殊メイク)らしいのだがそうは見えないナチュラルボーン、ボーンッボーンッ!なそのデカい胸。


どれくらいデカいかっていうと、フカキョン、制服のベストのボタンが閉まらない。


「ボタン、飛んじゃいそ〜どうしよう〜」


閉まらぬボタンに戸惑うフカキョン。ここらへん、可愛いスゴイ可愛い。もうやっとの思いでボタン閉めるフカキョン。


だが。
イトーミサキにお辞儀した瞬間、ベストのボタンがすっ飛ぶフカキョン。そしてそのボタンは、あろうことかイトーミサキの口からノドへ!


飛ぶボタン
その瞬間を激写。なんか、変態カメラ小僧みたいだけどナラリーノ。いやあ、すごいシーンだったなあ…


この秘技・胸ボタンすっ飛ばしは一度ならず二度続く。先程の「すっ飛ばし」は女子ロッカーでの出来事だったからまだいいけど二回目は——


お店だったから——


お客さんにバッグを薦めているうちに胸ボタンをすっ飛ばしたフカキョン。しかも!さっきはベストのボタンだったが今回はベストに加え、ブラウスのボタンまで!二段階エクスプロージョン!衝撃ドン!さらに倍!!


当然、おっぱい御開帳。マジンガーZのアフロダイエースみたいだ。


もう、立派な武器である。


「すみません、お見苦しいものを!」


御開帳なまま、女性客に謝るフカキョン。いやいやいやいや!見苦しくないYO!?げんに男性社員は鼻血を出し、女性客たちは


「いいのよ、いいもの見せてもらったわ〜」
「神々しいもの見せてもらったわ〜」


と拝む始末。木10ドラマ続投の谷原章介だって仰天だ。


あまりの出来事に、貧乳コンプレックスのイトーミサキ(演じる恵美)は鼻の穴広げて怒ってる。笑う…


おまけに胸が重くってテーブルに乗せてご飯食べてるフカキョン。そのご飯がドンブリ飯だったりするあたり癒され度、臨界点。興奮し過ぎて、篠沢教授に全部。


そしてイトーミサキも負けていない。初めてだ、イトーミサキをこんなに「いい!」と思ったのは。


フカキョンの「テーブル胸乗せ」に感化されさっそく試してみるイトーミサキ。だが残念、激しくアゴを打ちつける始末。そんな姿も最高だ。


職場では颯爽としていて、お客のいないところでは先輩だろうとガミガミガミガミ怒鳴りつける。髪振り乱しても、鼻の穴ふくらんでても、綺麗なのも最高だ。おまけに——


フカキョンに抱きつかれて、イトーミサキ、いい気持ちになっている。


こんなムネムネしいドラマ、作ってええんじゃろか。 でも、なんか面白かった。

いでよ黄門!「ピエール靖子」脳タイプ診断

皆様は「ピエール靖子」をご存知ですか?
TV地方局で人気を博した深夜のバラエティ番組、らしい。ナラリーノは見たことないのですが(東京は未放送なんじゃないかと思う)、番組のDVDが出ちゃうくらいの人気らしい。


毎週さまざまな企画を実行し、それを見たゲストのリアクションから脳科学の専門家がその人の脳タイプを診断する——というのがその内容、らしい。


この番組のホームページにあなたの「脳タイプ」を診断するテストが載っている。興味があったらさっそくチェック!


ちなみにナラリーノの脳タイプは「徳川家康」タイプでした。おおお、ナラリーノは御所サマだったのね♪


「徳川家康」タイプとは「物知り理論派タイプ」らしい。
「推理力・分析力・判断力がよく、矛盾をすばやく発見し相手の嘘をたちどころに見抜いてしまいます。」


はあ…どうでしょう…?
ちなみに、この診断で用意されている脳タイプは全部で12種類。4つの思考パターンと3つの思考材料の組み合わせとなっている。「徳川家康」タイプの思考パターンは「分析」、思考材料は「言葉」だった。ナルホド…。


ちなみに、この診断。どの脳タイプ同士が相性がいいかについても述べられているのだが「徳川家康」タイプは「水戸黄門脳」の上司のもとで働くといいらしい!


ミツクニ!!!


ナラリーノ、さすがは「徳川家康」タイプ!「実録☆」発足時に見抜いていたのかこの結果が出ることを!?だからこそ、ナラリーノ国の重要人物としてミツクニを抜擢!?


でも、ミツクニはナラリーノの上司ではないあたり見通しが甘かったのだろうか???(ミツクニはナラリーノの執事です)


家康にも関わらず。


ミツクニです
私がミツクニです。

孕ませて『牛に願いを』第1話

ホントは火曜日放送だから遅くなっちゃったけど。見ました!ドラマ『牛に願いを』。


◆『牛に願いを』第1話

関東農大の授業の一環、「酪農研修」が始まった。
学生たちは北海道の牧場で3ヶ月働かなくてはならないが、生徒たち(香里奈、相武紗季)のやる気はイマイチ。とあるメンバーに至っては、研修を忘れ遅れて到着する始末。

そのメンバーの名前は高清水高志(玉山鉄二)。テンションが高いことが大嫌いで
留年を繰り返しているこの青年。実は研修先である北美別町の出身者だった。有名農場の跡取り息子の高志は発展にかげりの見える田舎町の期待の星だったのだが——。

研修に熱心な和美(戸田恵梨香)が作業中に起こした問題で街の人々の間に学生たちに対する不信感が広がる中、学生たちの歓迎会が開かれる。その席で、高志が場を凍てつかせる発言をしまたしても、気まずい雰囲気に。

高志は生まれ育ったこの街を嫌っていた。その原因は、父との確執にあるようで——。

★.。.:*・゚*:.。.★★.。.:*・゚*:.。.★.。.:*・゚*:.。.★


太ったな、中村獅堂。


って、いきなりあらすじにも出て来ない人の感想を…だってそれほどモッサリしていたから。獣医役の中村獅堂。


で、ドラマの内容。
ものっすごく進んだ酪農ドラマを期待していたナラリーノとしては——例えば、「新ドラのリスト☆07年7月期」でも語ったが森林伐採を叫ぶ悪徳土地ころがしと戦うスーパー酪農大生の姿が描かれていたり、とか。


その中で、オタクネタに走らない最先端の酪農知識を披露したり、とか。


クローン羊の哀しさを訴えたり、とか。


秘技・乳搾り!的なお色気技も交えつつ、とか。


そんな展開を期待していたナラリーノとしては、やや残念な初回だった。そんなぶっ飛んだ内容にはならず。


玉山鉄二、小出恵介に戸田恵梨香ちゃん、香里奈、相武紗季と若々しいメンバーが揃ったけど、彼らより目立ったのは——


超巨乳な乳牛と絶賛難産中の母牛の姿だった。


さすが、『牛に願いを』というだけあって牛の姿をクローズアップ。なかなかに、正しいドラマだ。


絶賛難産中の母牛。生まれてこない子牛にロープをひっかけた玉鉄。研修メンバー全員で、子牛を絶賛牽引中。


そんなシーンですらいまいち活気がないメンバーよりも絶賛難産中の母牛に目が行く。


このシーン、合成ではない、よな?


本物だよな?


このシーンを撮るために探したのだろうか。子牛を孕んだ母牛を。


それとも、このシーンを撮るために孕ませたのだろうか、雌牛を。


そればかりが気になった。『牛に願いを』第1話。

妖艶!「花ざかりの君たちへ」第1話

ナラリーノ国の海軍総督にして国定俳優第1号の北村一輝をドラマで拝めなさそうな今期。 注目したいのはやはり——


ご無沙汰!上川隆也!!!


出るんだね、ドラマ「花ざかりの君たちへ」に! あなたを祭っていたのは——上川隆也祭りなんかやっていたのは——


迷作ドラマ『わるいやつら』放送されていた頃——


またみんなで祭ろうYO!!!てか!祭らせてナラリーノwo!!!


★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─
「花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス」第1話あらすじ

桜咲学園。
私立の全寮制男子校であるその学園は生徒を偏差値ではなく顔で選ぶため、イケメンが揃うことで有名。

そんな学校にアメリカから一人の生徒が転校してきた。名前は芦屋瑞稀(堀北真希)。とある目的を持って、この学園にやってきた彼は、実は女の子だった。

瑞稀はクラスメイトの佐野泉(小栗旬)と同室になるがどこか人を寄せ付けない雰囲気を持つ
泉の態度は冷たい。そんな泉を意識する瑞稀は、引っ越し荷物をバラまく始末。

その拍子に、隠し持っていた泉の切り抜きを本人に見られてしまい慌てる瑞稀。短距離選手の瑞稀は将来を期待された高跳び選手だった泉の大ファンだった。しかし泉は、ある時期から陸上界から姿を消していた。

そんな泉に会うために瑞稀は帰国し、性別を偽って桜咲学園に入学したのだった。

「間近に迫るマラソン大会で自分が優勝したらもう一度跳んでほしい」と泉に頼む瑞稀。
泉の勇姿を見るために張り切る瑞稀だったがスタート直前、足に大怪我を負ってしまい——

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─


なにぶん、イケメン揃いの学園が舞台である。
黄門、いや校門の外にはジャニーズコンサートばりに団扇を持ってギャーギャー叫ぶ女の子たちが集まっている。
桜咲学園の生徒を絶賛出待ち中、であるのだ。


なにぶん、イケメンたちは全寮制という名の檻の中で生活している。出待ちのギャルたちにしてみれば、学校から寮までの数メートルしか拝めないのだ、イケメンたちを。


生写真まで売っている始末。ハハハハハ…スゲぇ設定だなあ…


そんな様子を見て引いてる堀北真希ちゃん扮する転校生・瑞稀。
でもね、瑞稀なんて好きな男の子を追っかけてこのイケメン学園に乗り込んで来ちゃったのだから引いてる場合じゃありませんよ?


堀北真希ちゃん。見事な男装っぷりだ。


女子高生役の舘ひろしといい今期のドラマは女装男装のオンパレード?何?今期ドラマは北村一輝がいない分、個々の俳優たちが妖しさを醸し出そうと必死???


一輝のいぬ間に——


妖しい、といえば、僕だ!私だ!


的な。


が、しかし。真希ちゃんの男装ぶりには宝塚的な妖婉さはあるがいわゆるゲテモノ的な妖しさはない。
宣伝写真で見た時もなかなかの美少年姿だったがなかなかどうして、実物だって綺麗な男の子になっておる。
仕草も男の子っぽいから遠目で見ると充分少年風だ。


『野ブタをプロデュース。』の時もそうだったけど真希ちゃんはホントにお芝居が上手い!


もともと憧れている泉と、同じくクラスメートの中津くん(幾多と馬、いや、生田斗真)。この3人、これから三角関係になりそうな雰囲気。


いやあ、妖しいね…


足を血まみれにしながらトラックを駆け抜ける瑞稀ちゃん。その一途さに、泉は、中津は、学園は変わるのか!?


そして、上川隆也、は?


あー。


上川隆也。


いきなり出て来たと思ったら…


なんか『前後にサリーちゃんのパパ』な頭だ。


Kamikawa
『前後にサリーちゃんのパパ』な頭

 

妖しい…


イケメン揃いながらみんな顔が一緒に見える若手に混じってサリーちゃんのパパ。目立つ。おまけに保健の先生役だったし。おまけにカラーコンタクトだし。妖しい…


一輝いぬ間の妖しさNO.1は


このオレだ!


的な。おまけに!


さすがは保健の先生!まだ第1話なのに!


もう、瑞稀の正体に気がついた!?


もうですか!?


正体知ってどう出る、上川!?その結末は待て次号(第2話)!?


★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─

★ナ国『花君』記事

妖艶な第1話
感涙な第2話
ホモデンキな第3話
ラブラブコメコメな第4話
ときめきの第5話
原作と比較した第6話
潔い第7話
アレレ?な第8話
佐野泉〜〜〜な第9話
結末近づく第10話
ラストに向かって第11話
2時間スペシャルな最終回
卒業式&7と1/2話スペシャル

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─

毎日が牛乳祭り!!

心のイライラと骨のカスカスにはカルシウム。


と、いうことで。さあ、行ってみよう。池袋駅構内にある「牛乳バー」へ!


池袋に行くたびに気になっていたのだ。JR北口前にデデンとそびえる牛乳バー。


「毎日が牛乳まつり!!」
なにせ、「毎日が牛乳まつり!!」だからして。


牛乳まつり…なんかこう、間口の狭いお店ながら店の奥には…


ふんどし一丁の男どもがズラリ。


「男は黙って!」


「牛乳!」


雄叫びをあげながら乳絞る風景が繰り広げられていそうな。
そんな妄想を興味を誰もが持っているのだろうか。このお店、いつもなかなかの賑わいと言うか…いっつも誰かが飲んでいるのだ。牛乳を。


みんな…イライラしてるの?


カスカスなの?


さて。
こちらのお店で販売しているのは牛乳はもちろん、懐かしのフルーツ牛乳も売っているのだ!


フル牛
だからナラリーノはフルーツ牛乳をセレクト。


や〜、ホントに懐かしい味♪お風呂屋さんに行くと飲んだよなあ〜〜〜♪フルーツ牛乳か、イチゴ牛乳!!!


瓶売りだからバーで飲んでいかなくちゃいけない(モノにより、パックもあり)。せかされてる訳じゃないのに、なんとなく腰に手を当てて一気飲みしてしまうのは何故?腹がゴロゴロ言いそうだ。


牛乳祭り、太鼓のかわりに!


腹が鳴る!


みたいな。


今月のオススメ牛乳なんてのもあったりしてなかなかのバーです。飲むヨーグルトやアイスクリームも売っているので興味のある方はぜひ。


お店番のウシくん
[牛乳バー]
JR池袋駅構内 北口 改札口前
営業時間 6:30〜21:00 年中無休

首都と直轄地、作ってみた!!!

国家☆ドゥードゥルドゥー。
それは“私が国を建てたなら”をテーマに国家元首・ナラリーノが国民・観光客の皆様にご紹介したいものを書き綴っていくという一大プロジェクト。


なにせ、国、である。


国なら、ば。


首都がなければ。


と、いうことで見つけてみた。「都市メーカー」なるサイトを。


任意の言葉を入力すると人口・面積といった市のデータを作ってくれるというのだ!


と、いうことで——いずれ「実録☆ナラリーノ国」でご紹介するつもりだったのだが、ナラリーノ国の首都は「ヲエド・シティ」という名前にするつもりだったので、さっそく「ヲエド・シティ」のデータ、作成!


できあがり!


※ 詳細はコチラ→「ヲエド・シティ市」を見てね♪
※ と、思ったけど、サイトが重いみたいなので…


ヲエド・シティ・詳細
↑こんなです。


やー、面白い〜〜〜♪


ヲエド・シティ市、総人口が463,677人もいる!いや、そんなにいるはずないのだが…(苦笑)


市の花「ヒナゲシ」って…何やら愛らしいと思いきや、市の鳥は…


「アホウドリ」…


住民の声によると、無駄に巨乳が多いらしいし、発生事件ベスト3に略奪愛が入っているし、んまーヲエド・シティったら歓楽街的な様相。のどかな国家を目指したいのに首都はやや歌舞伎町じみておるような。


しかも、名産品の「ギャラクシーラーメン」って何…?作らなくちゃ、粘土で…って、無駄に仕事が増えちゃいました。このあたり、発生事件ベスト3に「労働基準法違反」が入るゆえんか?(違うような)


この「都市メーカー」で秀逸なのがその都市の音頭も作ってくれること!歌詞、読んでみて!「ヲエド・シティ音頭」!!!


※ ちょっと、サイトが重いみたいなので…


ヲエド・シティ音頭
↑「ヲエド・シティ音頭」。


♪架空ポリス事件を乗り越えて 火照った身体で ヲエド・シティ音頭


ちょっとB'zっぽいような!?


(どこが!?)


ちなみに。せっかくだから「ナラリーノ市」も作ってみた。元首の名を冠した街、ということで何やら王族直轄領的な趣きのナラリーノ市。


※ 詳細はコチラ→「ナラリーノ市」を見てね♪
※ と、思ったけど、サイトが重いみたいなので…

ナラリーノ市・詳細
ナラリーノ市・詳細 。お!こちらもスゴイ!平均寿命82.4歳ですよ!?高!
やっぱりナラリーノ国は長寿の国!?直轄領って、なにやら世俗から離れたニオイがするから…。


ナラリーノ市。
伝統的な医学療法でもあるのだろうか?あと自然に恵まれているのかも!?だからストレスも都会(ヲエド・シティ)に比べて少なくてみんな健やかなのかな!?


ハハハハハ…


楽しい〜〜〜〜〜♪


すみませんねえ、妄想過多で。。。


「ナラリーノ音頭」には「サナギの怒りに触れた街」なんてフレーズがあるよ!?


※ ちょっと、サイトが重いみたいなので…


ナラリーノ音頭
「ナラリーノ音頭」。
なんかすごく予言的な!何その謎っぽさ。そういえば!今年はナラリーノ国、ガチャピンズが登場しなかったんです。サナギの怒りに触れたのかな…?


そういう年って、不作の年なのかな!?


ハハハ…


楽しい〜〜〜〜〜♪


ハハハハハハ…


私だけ、大興奮だあ〜〜〜♪

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)

舘ひろしが女子高生を演じるということで興味津々だったドラマ『パパとムスメの7日間』が放送開始。


舘ひろしが、女子高生。


正直、もっと気持ち悪いものを想像していたのだが。いや〜意外だった。


何がって、舘ひろし。その愛らしさが…よほど、『ライフ』の高校1年生たちより若々しかったですよ…?


◆『パパとムスメの7日間』第1話あらすじ

川原恭一郎(舘ひろし)は老舗化粧品会社につとめるしがないサラリーマン。
出世街道から外れた彼は、いわくつきの新プロジェクトを任せられている。もっかの悩みは高校生の娘・小梅(新垣結衣)とのコミュニケーションが全く取れていないこと。

ある日、恭一郎は小梅とともに乗車した電車の中で事故に遭遇。大事には至らなかったが、これが元で二人の体が入れ替わってしまう。

姿は父親であるところの娘は会社へ。そして、姿は娘であるところの父親は高校へ。二人は、互いが知らなかった互いの日常を生きることに——

★*゚*☆*゚*★*゚*☆*゚*★★*゚*☆*゚*★


と、まあ内容的にはとりたてて新鮮味はなく。父親を毛嫌いする娘と、そんな娘との距離感に悩む父親の話。


そんな中、舘ひろしの冴えなさが、冴えている。


「こんなパパ、いたらいいなあ♪」


そんな父親役ではなく。


バラの花、ガウンとソファーとシャム猫が似合いそうな男でもなく。


舘ひろしが——トイレの蛇口センサーにすら反応してもらえないような存在感、薄っっっい父親を絶賛好演中。ダンディズムなど、舘イズムなどかなぐり捨てている、舘ひろし。


ファンの皆様、泣かないで〜〜〜♪


関係発展中の先輩とウキウキメール中の娘(しかし外身は舘ひろし)。


デートを反対されて口をつぐむ娘(しかし外身は舘ひろし)。


クレープをほおばる娘(しかし外身は舘ひろし)。


全てがチマチマしていて、愛らしい。


そして、フト思う。この落ち着きの女子高生ぶり。


これぞ舘ひろしのダンディズム?


「俺は、女を知ってるぜ…」
「女役なんて、赤子の手をひねるようなもんさ…」
「女子高生を演じる、って言ってもな。ウケ狙ってワザとらしくしちゃダメなんだよ…」
「見せてやるよ百戦錬磨の俺が女子高生のリアルをよ…」


いや、まあリアルさはない、けど——きっとそんなところ?舘ひろしのダンディズム。


いや、逆か?


これぞ舘ひろし、伊達男の照れか。その照れが、女子高生の初々しさを醸し出しているのか?


「この俺が、女子高生かよ…」


「俺、ワニ顔なのに…」


「どうするんだよ、このクレープ(照)」


って、本当にそう思っているかわからないが舘ひろし。何はともあれ、そのそこはかとないギャルぶりが愛らし過ぎたのは確かだ。


新垣結衣ちゃんが事故で体が入れ替わる前の娘を元気一杯演じていた分、たとえ舘ひろしがバタバタ動いても違和感がなかった。


とりあえず、今後も舘ひろしをウキウキウォッチング、ってことで。


(´・ω・`)ノ***********************

『パパとムスメの7日間』過去記事

愛らしきは舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第1話)
愛らしきは新垣結衣 in 『パパとムスメの7日間』(第2話)

可哀想じゃない舘ひろし in『パパと~』(第3話)

今回の舘ひろし in 『パパとムスメの7日間』(第4話)

こ、今回の 『パパとムスメの7日間』(第5話)

もう舘ひろしったら、の 『パパとムスメの7日間』(第6話)

大団円『パパとムスメの7日間』(第7話)

(´・ω・`)ノ***********************

冷眼傍観『ライフ』第1話

2007年7〜9月に放映されるめぼしい連続ドラマは全て見ようと心に決めたナラリーノ(その決意についてはコチラ)。そんなナラリーノを挑発するかのごとく6月30日に早くも新ドラその1が始まった。


『ライフ』。


名作『ライアーゲーム』の後番だ。放送枠も同じだが、人気コミックが原作というあたりも一緒。


テーマは「イジメ」らしい…


.★.。o○o。.★.。。o○o。.★.。o○o。.★.

◆『ライフ』第1話あらすじ

椎葉歩(あゆむ=北乃きい)は高校受験を間近に控えた中学3年生。自分の偏差値レベルの上をいく西舘高校入学を目指して勉強中。先生役は、同じく西舘を受験する親友の夕子だった。

そして合格発表の日。歩は見事合格したが成績優秀な夕子の受験番号は合格者の中に含まれていなかった。
ショックを受けた夕子は歩に「歩さえいなければ、自分は西舘に合格していた」と言い放ち、自殺を図る。

2ヶ月後。希望校に入学しながらも夕子の一件で心を閉ざしていた歩はクラスの雰囲気に馴染めず孤立する。

そんな歩に、早くもクラスの人気者となった愛海(福田沙紀)が優しく声をかけ、倫子ら仲間の輪の中に歩をひきいれる。

皆の前では明るく振る舞いながらも歩にだけは克己(細田よしひこ)との恋愛の悩みを打ち明ける愛海。そんな愛海に、歩は心を開いていくが——

.★.。o○o。.★.。。o○o。.★.。o○o。.★.


さっそく恐かった。『ライフ』。
第1話は歩の高校受験時〜高校入学当初の話がメインゆえ彼女へのイジメは始まっていないのだが。


その前哨戦のように歩や愛海のお仲間・倫子へのイジメが始まった。雑誌モデルにとりあげられたのを自慢しやがってムカツク倫子、という理由で。


恐い…


そして——現代においてはテロだけでなくイジメの世界もサイバーなのだ、という事実にも恐れおののくナラリーノ。


イジメの総元締からの指令やその他いやがらせ。それらはすべて携帯メールで発信されていた。


恐い…


人の悪意とは、文明の進歩に寄り添いながら発展していくものなのね——そんな様子をナラリーノに傍観させながら、ドラマは進む。


歩だって、まだまだ絶賛傍観中。倫子が気の毒、と思いつつ何もできない。だけどね!?すでに倫子の憎悪は君に向かっておるのだぞ!忍び寄る危険!サイバー!?


ましてやそんな歩には、家にも居場所がない様子なのに。大丈夫?母親役が真矢みきなあたり元気で娘思いな母ちゃんかと思いきや。歩の弟(出来がいいようだ)にばかり気をとられている様子だ。


そんな歩に希望はあるのだろうか!?いちおう、彼女を助けてくれそうな不登校気味の同級生・未来(関めぐみ)がいる気配だったが。


そんな『ライフ』だったが。


ドラマ『ライアーゲーム』の亡霊がちらついてのめり込めない自分がいる。。。


『ライアーゲーム』は偉大だった…
ナラリーノ国の6月のアクセスランキング第1位、またも「『ライアーゲーム』第4巻購入☆」だった。ナ国史上初だろう。2ヶ月連続、同じ記事が1位というのは。それほどまでに注目度満点だったのだ。『ライアーゲーム』は…そして、そんな原作に負けないドラマだった…


あ、それから。
歩の級友たちが高校1年生に全く見えないのだが、実際こんな感じなのだろうか?現代の高校1年生。

一部公務、充実宣言!

7月になってしまった!(早い・・・)

ここ最近、国造りにめっきり力が入らないナラリーノ。
ナ国国民の皆様および観光客の皆様に
国力をお見せできない記事が続いているのは遺憾。

(だって、ナ国なのに
サッカーJリーグとか日本代表の話ばっかだし?)

だから、決めた!
7~9月のマニフェスト、発表!!!







ナラリーノ国国家元首ナラリーノの
公務って何?







「何〜?」(←国民コール)







もろもろあるけど、そのうちの1つには
「ドラマ鑑賞」があります。







だから・・・







2007年7~9月に放映される

めぼしい連続ドラマは全て見ます!




で、毎回全て感想書きます!





(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ




いちおう、下記のドラマは見ようと思ってるの。


★月曜日
ファースト・キス(フジテレビ系・21時〜)



★火曜日
花ざかりの君たちへ(フジテレビ系・21時〜)
牛に願いを(フジテレビ系・22時〜)



★水曜日
ホタルノヒカリ(日本テレビ系・22時〜)



★木曜日
山おんな壁おんな(フジテレビ系・22時〜)



★金曜日
女帝(テレビ朝日系・21時〜)
山田太郎ものがたり(TBS系・22時〜)
スシ王子!(テレビ朝日系・23時15分〜)



★土曜日
ライフ(フジテレビ系・23時〜)



★日曜日
パパとムスメの7日間(TBS系・21時〜)





(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ(・v・)ノ




まだ、かつてのように「3ヶ月連続更新宣言」は
できそうにないので

これくらいは、せねば!!!

ナラリーノ・ザ・ストイック!!!

あと、7月はオシム監督率いる
サッカー日本代表がアジアカップに参戦!
これも頑張って応援&記事にせねば!

サッカーに興味がない方にこそ
むしろ楽しんでいただけるようなレポートになるよう
気合い入れて書きます!!!

そして、フト、思う。

どっちのほうが、より時間が必要なんだろう。
ブログ3ヶ月連続更新と
ドラマ全部見て感想書きます、っていうのと。

後者、な気がしてきた。

間違いなく、そうだろう・・・

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

Amazon商品検索