2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 国ドゥー☆国勢調査('07年2月) | トップページ | 君たちは、ブタが好きか? vol.2 »

最後まで『わるくないやつら』・・・(第8話)

3月9日。ドラマ『わるいやつら』最終回。米倉涼子が劇中でつぶやく。



「以前、こんなことを誰かが言っていました。
人が恋愛に注ぐエネルギーはそれまでその人が味わってきた寂しさの量に比例するというのです。とすれば・・・
私の孤独な心が、今の状況を招いたのかもしれません」



今の状況——



って、それは——



ドラマの迷走——?



と、いう話ではなかろうが米倉。



そう聞きたくなるほどの内容だった『わるいやつら』全8回。迷走の果て、最終回くらい輝くのだろうか。



米倉涼子は。



上川隆也は。



そしてストーリーは——



わかりきっていることなので言ってしまえば。



輝きはなかった『わるいやつら』最終回。



むしろ、どの回よりも単調だった。



最後だもの、ここまで我慢してくれた上川隆也ファンの皆さんへのサービスショットくらい
あってもよかったろうに。



それすらも、ない。



窃盗やら殺人の容疑やらで上川演じる戸谷が警察に捕まっちゃったので取り調べとか裁判とかのシーンばかりなのだ。
あまりしゃべりもしない。



しゃべらぬ演技の中で、輝いてもよかろうに。



上川、目しか映らない。てか、スタッフは上川の目しか映さない。



スタッフが嬉々として大写ししているのは警部補役として、ここ数回突如として現れた大杉蓮であり回想シーンや写真で登場する笹野高史(ササッチ)であり



七三を通り越して1対9ほどの髪の分け目が印象的な検察官だったりする。



検察官
なぜに、この分けっぷり?


思えば米倉涼子も



ヨネクラ




思えば裁判長も



裁判長


みんな、分け目が1対9。



「これは『わるいやつら』衣装部の流行りなのだろうか・・・?」



もう、スタッフの思惑しか興味がわかない『わるいやつら』。最終回なのに!?やっぱりスタッフが一番『わるいやつら』・・・?



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
◆ナラリーノ、歌うしかないよ。これは

涙〜ぽろぽろ〜
ホッペに〜こぼれて〜・・・

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

タイトル:無題
作詞作曲:ナラリーノ

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



え、今日は歌もこれだけ?



でもね、この曲。



ちゃんとメロディついてるの。



歌えるの。



だってこの曲、ナラリーノ3歳の時に作った歌。



母アイコに叱られると、この歌を歌いながら部屋の片隅で泣いていたらしいナラリーノ。
孤独な子どもだった——?



でも、同じく孤独な心を孕んだ米倉涼子演じる豊美の心情はまるでわからず。



てか、わからすほどの演技でもなく——



だからこそ。



途中だけど、ビデオ消そうかと思ってしまったナラリーノがいる。



そして。



わるい、っていうか困ったやつだった米倉涼子がいる・・・



だって、あんなに上川を追いつめておいて——裁判で、それはなかろうよ——?

北村一輝とは、仲良く終わっておいて——?





そんなお話。



一輝が最後までチョロチョロ出ていたのはこれぞファンへのサービス?ひいき目かもしれぬが
最終回、上川隆也よりもよほど映っていたような一輝。



結局、北村一輝はいい人っぽかった。
わるいやつというよりただただ得体のしれないやつだった。
ただただ



「この顔なら、わるいやつなんだろう」



と視聴者に思わせるために駆り出され、無駄に顔を映された感のある一輝。



哀れなやつ——



そして、迎えた物語のラスト。訳分からない裁判からあっさり三年。上川隆也、あっさり仮釈放。



米倉涼子が迎えに来たと思ったら——



エンディングテーマ曲が流れたと思ったら——



まだ続きがあったのだが・・・



はあ・・・



これが・・・ラストですか・・・



まったく、残念です。。。



ここで、一輝が顔の皮剥いだら
ササッチだった!ってオチを期待していたのだが・・・



<ドラマ『わるいやつら』全8回の感想>

1.「原作は、面白いのだろうか・・・?」
2.『バンビ〜ノ!』、楽しもう・・・

そんなドラマでしたよ・・・



◆伝説の迷作『わるいやつら』

第1話 「ガッツだぜ『わるいやつら』」
第2話 「陰謀『わるいやつら』」
第3話 「もう一度『わるいやつら』」
第4話 「『わるいやつら』feat.『花男』」
第5話「もうダメだ『わるいやつら』・・・」
第6話 「ホラー化『わるいやつら』」
第7話 「こんなオチ!?『わるいやつら』!!」

○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○



« 国ドゥー☆国勢調査('07年2月) | トップページ | 君たちは、ブタが好きか? vol.2 »

ドラマ:わるいやつら」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
第4回目くらいからは録画しても北村さんのトコだけリプレイして通しでは観ることのなくなった【わるいやつら】

最終回もこのパターンで一輝オンリーリプレイをしたら・・・けっこうチョコチョコとお出ましでしたね
最終回の見物はなんと言っても番組公式にもあった
蓮さんと北村さんの「あと1秒で吹き出しちゃうよ」シーンでしょうか
あのシーンで誰よりも早く吹き出したのはTVを観ていたはづき自身でしたが・・・。

個人的には原作のほうがま~だ良かったような気がします
前フリでわるいわるいと言っていたわりには結局大悪党は誰もいなかった【わるいやつら】
シモミーラスボス説を期待していたのにね
わるいやつらイメージ戦略に利用されただけだったの?カズキくん
ほんとに哀れなヤツです

すみません、ホンットにつまらなかったのでこんな長文になってしまいました。

4月からのバンビーノ
松潤、一輝、イタリアン
なんか超特濃なかおりがする・・・。

最後まで楽しませていただきました、ナラリーノ様!
ドラマにじゃなくて、ナラリーノ様ありがとう!(笑)
一見、深読みすると楽しいのかしら?と思わせるドラマなのに
いざ深読みしてみると、トンチンカンな部分ばかりが
気になるドラマでした。1:9には気が付きませなんだ。不覚。

でもね!私、この間新聞ですごいインタビュー記事を
目にしたのでタレ込みさせて下さい。
「わるいやつら」を楽しんだ上川隆也(3/8毎日新聞)
埋めたはずのナース米倉の遺体が消えていた場面で
錯乱のあまり、ナースキャップをかぶる(!!)という
演出プランがあったのだそうです。ヒーー
ボツにならなかったら死力を尽くして抵抗しました、と
大明神はおっしゃっていますが、いっそ死力を尽くして
演じてくれたらよかったのに・・・。(笑)

取調室で失言して同様のあまりキトキト動く上川氏の目と、必要以上に見開くあまりにドライアイが気になる米倉の目と、毎度毎度大げさなメガネが印象的なドラマでした。
とにかく終わってよかった。

ドラマ、見ていなかった上に、何だかコメントしようがない内容のようで。

> とにかく終わってよかった。
とsaariさんに言わしめるって・・・。
“大不評”って意味では後世に名を残すことになるんでしょうか。

そんなドラマの解説、お疲れ様でした。
公務って楽しいことばっかりじゃないのね(T_T)

(^^)はづきさん

こんばんは。

最終回、ホントにチョコ出ながら
よくお出ましでしたね、ウチらの海軍総督は。
それにしても最後まで悪くならなかったけど
一輝的にはあれでいいんですかね!?

>すみません、ホンットにつまらなかったので
>こんな長文になってしまいました。

いえいえ!もうジャンジャン書いちゃってください!
『わるいやつら』への積もり積もったムカツキを・・・!?

>4月からのバンビーノ
>松潤、一輝、イタリアン
>なんか超特濃なかおりがする・・・。

胸やけしそうに特濃ですな・・・

(^^)ばらゆりさん

>いざ深読みしてみると、トンチンカンな部分ばかりが
>気になるドラマでした。

ホントですな・・・なんていうかこう
ドキドキもハラハラもなく、
日本のサスペンスならではの
そこはかとない悲しさもなく・・・

それにしても!上川のナース!
いやそれは絶対やるべきでしたよね!?
やれば『ずっとあなたが好きだった』の
冬彦さんばりに伝説になれたかもしれないのに!
そこらへん、やはり残念なドラマですな。。。

(^^)saariさん

やっぱり、気になりました?
上川さん、視線動かし過ぎだっちゅーの、
というほど動かしてましたよね、取調室で。

米倉涼子の、ことあるごとに見開く目の演技、
あれってエビゾー仕込みなのかな・・・
なんて思う私は下世話すぎ?

>とにかく終わってよかった。

可笑しい(^^)そんなドラマでしたなあ。。。

(^^)ヲギィ大臣

ねぎらい、感謝です☆

>ドラマ、見ていなかった上に、
>何だかコメントしようがない内容のようで。

そうなのよ。。。毎回何書いていいかわからなかった!
感想・・・つまらん、以上。そんな感じでさ。

たしかに大不評というイメージで
末永く残るかもよ!?
でも前にも書いたけどナラリーノ国では
すっごくアクセスがあった『わるいやつら』記事。
ドラマを愛する人が多かったのか
皆さん、つまらない内容を分かち合う
お相手がほしかったのか・・・?

ナラリーノさま

つい先日朝日新聞の夕刊に北村さんのインタビューがのっていましたよ。
もしご覧になっていたらナラリーノさまの一言をいただきたいものです ^^;

いや~盛り上がったねぇ。「わるいやつら」!(ナラリーノ国内では。ね!)
皆さん、お疲れさまでした~!
最終的には、やはり、ウチの娘の予言通り(?)一番わるいやつだったらしい下見沢。
なのに、総督の見せ場がほとんどなしとは…。
でも、個人的には上川氏の今後の方が心配。
もう民放には呼ばれないとかってことに…ならないと良いですねぇ。。

(^^)カゲチヨさん

なんと!朝日新聞夕刊に一輝!
知りませんでした・・・
そうか、「朝日」繋がりで出ていたということですね。。。

一言。。。
新聞各紙に一輝出すほど
せっぱ詰まっていたか、『わるいやつら』・・・

(^^)soniaさん

ホントよ!?ナラリーノ国では大盛り上がりよ
『わるいやつら』。
日本の視聴率が信じられぬほどに。

むむう、お嬢さん予言してましたか。
小さいお子さんにも見破られる、そんな『わるいやつら』。
やっぱりそれでいいのか?

>個人的には上川氏の今後の方が心配。

ホントに・・・時代劇しかダメじゃん!って
思った人多いと思いますが。。。
実力派なのにそれは残念。。。

ホントに皆さん、お疲れ様でした!!!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/14229482

この記事へのトラックバック一覧です: 最後まで『わるくないやつら』・・・(第8話):

» 藤原紀香さんと北村一輝という男 [藤原紀香、お笑いの陣内智則なんでも情報!【藤原紀香、お笑いの陣内智則】]
北村一輝さんの『恋の骨折り損』を埼玉まで見に行ってきました~。藤原紀香さんの日記は、更新されると新しい日記に変わります。更新される前に、閲覧すると2ヶ月分が履歴に残ります。北村一輝という男【2007.03.21】【2007.03.21】要約北村一輝さんの舞台、『恋の骨折り損』を埼玉まで見に行ってきました~。ユーモアと気品が王様役、好演でした。久々の再会だったので 楽屋でも話が弾みましたが、なんといっても「舞台、残念だったね~」と。ちなみに北村さんのカラオケはスゴイ!お金払...... [続きを読む]

« 国ドゥー☆国勢調査('07年2月) | トップページ | 君たちは、ブタが好きか? vol.2 »

Amazon商品検索