2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 最近の気になるニュース | トップページ | お犬様、湯浴み☆ »

映画『華麗なる恋の舞台で』

先週の土曜日は、幸せな1日だった。久しく逢っていなかった友人と楽しく話せた上に一緒に見た映画が素晴らしかったから。


すごーーーーーく見たかったのだ、映画『華麗なる恋の舞台で』。

※北村一輝のことをブログに書き過ぎるせいか「こい」と打つと「濃い」と変換されるマイPC。。。


主演のアネット・ベニングを見たかったから。


もうずいぶん前のことだが、映画『アメリカン・プレジデント』の彼女を見て猛烈に癒された。


あの素敵な笑顔に☆


当時の上司も全く同意見で、盛り上がった記憶あり。綺麗ともキュートとも違う、人生の機微を知っているような深い笑顔なのだ。


アネット見たさだったので実はストーリーをよく知らないまま見たのだが『華麗なる恋の舞台で』。


面白かった!


映画『華麗なる恋の舞台で』あらすじ

1930年代のロンドン。
人気舞台女優としてキャリアを積んだジュリア(アネット・ベニング)だったが
来る日も来る日もステージに立つ毎日にうんざり。劇場経営者で元俳優の夫とも家庭内別居のような状態が続いている。

そんな時、彼女のファンだという若い男・トムと恋に落ちるジュリア。俄然仕事に熱が入るがトムは若い女優の卵に心を移してしまい——

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


と、いう一見ありがちな内容ですが。久々に見たアネットは、やっぱり素敵だった。


綺麗な顔立ちにクルクルの赤い巻き毛やゴージャスな衣装——お洒落なオールドファッション——が似合っていて、まずそれがステキ(^^)仕事を休みたがってグズるところとか、若い恋人の態度にヤキモキするところとか、気持ちのアップダウンが激しいのに品がある。


その品の有り様は、お話自体にも溢れている。何せ原作は文豪サマセット・モームの長編小説だ。喜劇だがコメディのドタバタ感はまるでなく、お洒落でクールな感じだったりして。


哀しい現実にぶち当っても、アネット扮するジュリアは泣き寝入りしない。前しか見ないジュリア。でもその逃げない姿勢はかなりシニカル。まるで美人で若めの青島幸男といったような。そんな、しんみりしていないところがまたいい。


映画館で、ご婦人たちが大笑いしておいででした…ナラリーノも、熟女に交じってよく笑った。


やっぱり、女が強いのは美徳だ!!!


そんな青島なアネットではあったがもちろんただの青島に終始するわけはなく。


映画『13デイズ』でこれまた素敵なJ・F・ケネディ役だったブルース・グリーンウッドがジュリアの精神的支えといった役柄で出演していたのだが


そんな彼が、悲しみに打ちひしがれたアネットにとある告白をするシーンがあった。


その時のアネットの顔が——


見たかったアネットだった——!


大人は、あんな風に笑えるのだと思った。


あまりに素晴らしいな笑顔なので、筋とは大きく関わらない場面なのに胸が熱くなってしまった。


大人って、やっぱり素晴らしいわ——やはり人生の経験を積まねばあの笑顔は決してできない。


でも、『アメリカン・プレジデント』に出ていた時のアネットって今のナラリーノとそんなにかわらない年齢だったはず。でもあの頃からあんなに美しかった。


あやかりたいです。。。


アネットの代表作『めぐり逢い』や『アメリカン・ビューティー』は見たことないので今度借りて見なくちゃ!

« 最近の気になるニュース | トップページ | お犬様、湯浴み☆ »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

おお!私も注目だったのです!まだ見ていないのですが・・・。アネット・ベニングがものッすご美しい・・・と、感動したのと、映画の舞台や衣装が本当に綺麗で、見ているだけで飽きなさそうだなぁと思ったのですよ。やっぱ映画はこうでなきゃ。。。「フライト・プラン」・・・あれは私の映画人生に深い傷を残しました。製作側ももう少し考えて欲しいですよね。あ、思わず古傷に触れてしまいました。また映画のご報告を楽しみにしてマース!

私もこれ観たかったのです!
ジェレミー・アイアンズ、出てますよね?
その昔、「英国オヤジ萌え~」だった私のアイドルでした。

恥ずかしい過去はともかく、アネット・ベニング。
『アメビュー』、素晴らしかった!

実生活でも、ハリウッドきってのプレイボーイと言われた男に年貢を納めさせ、未だにおしどり夫婦だっていうことからして、きっと素晴らしい女性なのだろうなぁ。…と想像しております。

(^^)アカマッチ〜♪

おお!アカマッチ〜も注目していたのね。
さすが我ら同じ誕生日(関係なし???)

>アネット・ベニングがものッすご美しい・・・と、
>感動したのと、映画の舞台や衣装が本当に綺麗で、
>見ているだけで飽きなさそうだなぁと思ったのですよ。

まさにまさに!アカマッチ〜ノの言う通りよ!
飽きなかった、いい映画だった〜♪

『フライト・プラン』・・・でも、あまりのつまらなさに
確かアカマッチ〜ノは咳が止まったんだよね。
ある意味、何かに効果のある映画・・・

(^^)soniaさん

んま!soniaさんまで注目していたのですな!?
小品なれど、なかなか人気ですね。
でも大人には受ける作品だと思います。

>ジェレミー・アイアンズ、出てますよね?

出てます、出てます!夫役でした、アネットの。
あの人こそ、品があっていい感じでした♪
もうどっから見ても30年代!!!

そうそう、アネットはあのウォーレン・ベイティの・・・
しかも4人も子どもがいて(下世話?)・・・
やっぱり魅力的な女性なんでしょうね。
憧れマス・・・

ハイ・・・あんなに激しかった咳が止まりましたよ。いや、咳をするのも忘れたくらい詰まらない映画・フライトプラン、と表現させていただくわ(--#)それはともかくとして、元首ナラリーノ様と一緒のお誕生日の一市民として、これからも映画に紅茶に美食に励みマース(^o^)/(ダイエットも。)

(^^)アカマッチーノっちゃん

そうでしょ?咳には有効な映画
『フライトプラン』・・・
私、このブログでは極力オススメの作品だけ紹介しようと
思ってるんだけど(わざわざ、けなすことないかと)
『フライト・・・』はね、言わずにはおれんかったよ!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/14265105

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『華麗なる恋の舞台で』:

« 最近の気になるニュース | トップページ | お犬様、湯浴み☆ »

Amazon商品検索