2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 『わるいやつら』☆ドゥードゥルドゥー | トップページ | ノンナもそんな女 »

映画『ディパーテッド』

映画『ディパーテッド』を観てきました。


一緒に『ディパーテッド』を観た映画大好き人間(本人曰く、「元」らしいけど)のK・サットン氏に作品について思いっきり語ってもらいました。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
映画『ディパーテッド』あらすじ

出自に負い目を感じながらも、それをバネに優秀な成績で警察学校を卒業したビリー(レオナルド・ディカプリオ)。
しかし、警察官になった彼を待っていたのはあまりに苛酷な任務−犯罪組織への潜入捜査だった。

一方、マフィアのボス・コステロ(ジャック・ニコルソン)の援助を受けて育ったコリン(マット・デイモン)は、コステロの指示で警察官になる。
特別捜査班に配属されたコリンは、そこで得た情報をコステロに流すことでコステロの身を警察から救っていた。

激しい情報戦の中、互いの組織内にスパイがいることを感じ取った警察とマフィアの一団は壮絶な“ネズミ狩り”を始める。

マフィアに潜入した覆面警官と、警察に潜入したマフィアの部下の死闘の行方は——?

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


これから映画をご覧になる方のために、極力内容を書かないようにしましたがそれでもやっぱり触れてます!これからご覧になる方はここでSTOPpaper











では、行きます。映画『ディパーテッド』を観た我々の感想、スタート!


ナラリーノ(以下、ナ):『ディパーテッド』、既に『インファナル・アフェア』を観た人には評判悪いみたいですが。



※アンディ・ラウ、トニー・レオン主演の香港映画『インファナル・アフェア』
『ディパーテッド』はこの作品のリメイク版。


K・サットン(以下、K):うん。先入観や好みもあると思うけど、『ディパーテッド』って、濃い俳優を揃えた割に『インファナル・アフェア』に比べてインパクトがなかった。


ナ:私、『インファナル・アフェア』観ていないのですが、そんなにいい作品なの?


K:うん!映像がとってもウェッティ☆香港特有の湿気が漂っていて、すごくいいの!

ストーリーも二人の“ネズミ”(スパイ)の苦悩がうまく描かれているし。しかもその苦悩の内容や表し方が俳優によって違うのね。初めて観た時、作品にグイグイ引き込まれました。


ナ:トニー・レオン=ディカプリオ(マフィアに潜入する警官)、アンディ・ラウ=デイモン(警察に潜入するマフィア)なわけだよね?


K:そう。もともと私、トニー・レオンが好きだったんだけど、『インファナル・アフェア』を観てアンディ・ラウのカッコよさを知りました!

私の周りでも、『インファナル・アフェア』の影響で急にアンディ・ファンが増えたような…それくらい、大人の男の色気がありありの作品です。


ナ:リメイクが続くハリウッド作品ですが、やっぱり原作って越えられないのね。
最近のハリウッドパワーについてどう思う?


K:もうネタがないんだろうね〜。
時間軸の逆回転ものとか、一時流行ったよね!?1つストーリーが当たると、皆そればっかりやるよね。

ネタがないならないで、あとはもう俳優の魅力とか、そういったもので魅せていくしかないんだろうけど…


ナ:ただ、そういう意味では『ディパーテッド』ってどうだったんだろう?俳優、魅せていたかな?

スパイは誰かっていう謎解き話ではないから、それこそスパイとしてのジレンマの表現とか俳優の演技力にかかっている作品のわりにあんまり俳優さんは輝いていなかったような。

私…最初、ディカプリオとデイモンの区別がつかなかった(TT)


K:私も!!!


ナ:納得いかない場面もあったしね。


K:帰りにエレベーターの中でおばちゃんたちも言っていたよね。思わせぶりなシーンがあるわりにはそれが活かされていなかったような…。

『ディパーテッド』のこういう物足りなさは『インファナル・アフェア』を知らなくても感じていたと思う!そこが残念です。


ナ:結局、登場人物の内面よりも警察VSマフィアのドンパチ感がクローズアップされてたような…『ディパーテッド』、マーティン・スコセッシ監督の作品ですが、この監督ってこういうバイオレンスな感じが得意なの?


K:私も全作観てるわけじゃないんだけど、観た作品はどれもちょっと重いというか暴力の描写が観ていて辛い(TT)

でも、ザ・バンドの解散ライブに迫ったドキュメンタリー映画——『ラストワルツ』ってのがあるんだけど、それは大好きです!


ナ:今度、貸してください!

悪口が並んじゃった後に言うのもなんだけど、『ディパーテッド』って決して悪い作品ではなかったよね?なので、よかった点も挙げてください。


K:ディカプリオの成長かなあ?


ナ:ディカプリオ、『ギルバート・グレイプ』が凄過ぎた。 
ハリウッドの子役って大成しない人が多いじゃない?でもディカプリオはいろいろ言われつつ、つぶれていないような気がする、俳優さんとして。


K:うん!ディカプリオはアイドル路線でいくのかと思ってたけど、俳優として頑張っているな〜と改めて感じました。


ナ:ジャック・ニコルソンはどうでしたか?


K:もう、お腹いっぱいです(笑)。どうしても『シャイニング』と被っちゃう。


ナ:ダメかあ〜〜〜(^^)


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

結論:『インファナル・アフェア』観よう!ってことで…?

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

« 『わるいやつら』☆ドゥードゥルドゥー | トップページ | ノンナもそんな女 »

ナ国☆映画館」カテゴリの記事

コメント

今更、古い記事にコメントしちゃってもよろしいのでしょうか……とか思いつつ。
テレビで放送すると知って母と楽しみにしてた『ディパーテッド』で・し・た・が。なんかしっくりこなくて。
アカデミー賞4部門って?
よく…わからない。
そんな時は!ナラリーノ!!
…と勝手に呼び捨てにしたまま、ナラリーノが記事にしてないか調べたらあったあったありました。
ふむふむ。(記事を読む)
よーし!!!!今度は元ネタのインファナル・アフェアを見てみることにします。
困った時のナラリーノ♪ありがとうございます♪

moviekajuさま

コメントありがとうございました!
古い記事でも大歓迎ですよ〜

『ディパーテッド』。
ちょっとしっくりこない話ですよね。。。

『インファナル・アフェア』は相当いいらしいですよ。
テレビ欄の『ディパーテッド』紹介記事にも
『インファナル・アフェア』のほうがいいって書いてありました。

私もうっかり観忘れていて
自分の記事で思い出したので
『インファナル・アフェア』をチェックしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/13791143

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ディパーテッド』:

« 『わるいやつら』☆ドゥードゥルドゥー | トップページ | ノンナもそんな女 »

Amazon商品検索