2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ナラリーノ国の産業☆その4 | トップページ | V6岡田くん祭り!(前編) »

年末年始に読んだ本

正確には「12月〜年始に読んだ本」です。
行ってみよう!!!

1.『僕僕先生』仁木英之(新潮社)

第18回
日本ファンタジーノベル大賞
大賞受賞作品。

これ、なかなかの佳作でした。
読んでいると、ジンワリ心が温まってくるような。

舞台は中国、玄宗皇帝の御代(唐の時代)。
財産持ちの父親がいるのをいいことに
仕事もせず、勉強もせず、
日々を無為に過ごす青年・王弁が主人公。

道教に凝った父親の願いを聞き入れて
仙人が住む地を訪れた王弁は、そこで
美少女姿の仙人「僕僕」と出逢う。

王弁は僕僕に気に入られて、一緒に旅に出るのだが。

こういうお話って、たいがいが
旅の途中で事件に巻き込まれた
“ニート”な王弁の成長物語・・・
みたいな内容に転びがちだけど

このお話のいいところは、
そういう説教感がないところ。

劇的な展開がないわけではないけれど
王弁がその事件の渦中にいることは少なくて。

経験を積んで云々ではなく
僕僕と王弁が出逢って行動を共にすることで、
互いが持っているいい気質が
表に出るようになった感じ。
二人がだんだんと解き放たれていく様子が
読んでいてとても心地よかった。

そんなやんわり感の中に
人を救うのは不思議な力ではなく人!
という信念が貫かれていて
意外と骨太。

ちょっと説明がわかりづらかったり
謎かと思っていたことがそうでもなかったりしたけど
面白かった。またゆっくり読んでみたいです。

『僕僕先生』ちなみに表紙と
挿絵が可愛いんだ♪

**********************

2.『千年、働いてきました −老舗企業大国ニッポン−』
野村進(角川書店)

「トリビア」的感動☆

もともとこの本は、著者の

「どうして日本にだけ『創業数百年』なんていう
老舗が存在するのだろう」

という疑問から作られた本だ。

その理由を調べていくうちに、著者は
時代の最先端を行くテクノロジーを支える技術に
江戸・明治時代から続く老舗が
多く関わっている事実に行き着く。

つまりは、しなやかな発想力で
今を生き抜いている会社を紹介することで
“企業力とは何か”をあぶり出そうとしているのだが

読んでいる側としては、ビジネス書的な側面よりも
老舗やその周囲の人たちが持っている
「人間、やっぱり『志』!」的な力に
目が行ってしまう。

大手企業に騙され、倒産の憂き目に遭いながらも
代々の家訓を守ってひたすら律儀に働こうとする
老舗の社長さんの姿や

世界最古の建築業者・大阪の金剛組
(飛鳥時代、世界史的にはイスラム教が出来る以前の
創業)を潰すまいとする地域の人々の心意気だとか。

こういったところは、読んでいて痺れるって!

老舗が存続するに至る日本人特有の職業観や
お店を続けられる歴史的背景−
ようは侵略や破壊のない国にであることの幸運−
にも触れられているけど

そんなに固い本ではありません。
ヒゲタ醤油とオーストラリアの羊たちの愉快な関係とか
業界総スカンだった呉竹の筆ペンの話やら
トリビア的なお話満載の1冊だ。

**********************

3.『テヘランでロリータを読む』
アーザル・ナフィーシー(著)/市川 恵里(訳)
(白水社)

イスラム女性の
自由を渇望する姿が
ここに!

イスラム革命以来、戦争と監視体制が続くイラン。
この地で、大学教授の地位を奪われた女性が
自宅に数人の女生徒を集めて開く読書会。

その読書会の様子や選ばれた本の文学論、
そこに集う人たちの人生やイランの生活が
描写されているのだが

いやいや、なんだかもう凄まじい抑圧ぶりだ。。。
おまけに回りの人たちがゾロゾロ亡くなっていって。

こういう本を読むと
自分がいかに「つもり」の人間か、考えてしまう。。。

本を読んでる「つもり」、っていうのかな。

私は、この本に登場する人たちみたいに
普段、文学と真っ正面から向き合って
本を読んだりしないし。

読書することが精神性の解放!とか考えたこともないし。

ただ、この本の中で取り上げられる
数々の書名を見るにつけ、
読んだことのない本ばかりで興味をそそられる。
本を読むことで新しい世界が広がっていく感じ。その喜び。
そういうことは感じられるけど。

難しい本でした。。。

そのほか、家族の崩壊と再生の物語
瀬尾まいこの「幸福な食卓」 (講談社)や
学習能力の高いフィンランドの子どもたちへの教育法
『図解 フィンランド・メソッド入門』
(北川達夫著/経済界)も面白かったです。

サスペンス『闇の底』薬丸岳(講談社)は
後味悪かった。。。

« ナラリーノ国の産業☆その4 | トップページ | V6岡田くん祭り!(前編) »

ナ国☆図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/13367979

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始に読んだ本:

« ナラリーノ国の産業☆その4 | トップページ | V6岡田くん祭り!(前編) »

Amazon商品検索