2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 健胃大明神と海軍総督が競演 | トップページ | 実録☆ナラリーノ国 その10 »

連想ドラドラ

ナラリーノ史上初の韓国ドラマ鑑賞となる
『チェオクの剣』。

17世紀末の朝鮮王朝時代を舞台に
女ながら卓越した武術の腕前を持つ
犯罪捜査官・チェオクの活躍と
生い立ちの謎が絡む恋を描くドラマのようだ。


9日(土)、第2回目の放送では
チェオクと彼女が仕えるフォンボ・ユンの
過去がクローズアップ。

チェオク役のハ・ジウォンさん。

松たか子と長谷川理恵を足して
2で割ったような顔立ちのお嬢さんだ。

フォンボ・ユン役のイ・ソジンさん。

素敵にウガイなお名前だ。
ガラガラいってしまいそうなほどに。

過去にいきさつがありそうなお二人だが
ドラマではまだその説明段階。
面白くなるのはこれから、といったところか。

今後に期待。

過去と言えば
『のだめカンタービレ』。

4日の放送で、玉木宏演じる千秋の過去の傷−
なぜに千秋はそんなに飛行機を恐がるのか−
が、ようやく明らかに。

今までは
「子どもの頃に乗った飛行機が
胴体着陸した時、ものすごく恐かったから」

と、語られていたのだが。

真実は、違っていた。

胴体着陸時、機内で亡くなった人がいた。

千秋のそばに座っていた男性なのだが
持病の発作を抑える薬を揺れる機内で落として
飲めなかったことが原因だった。

転がる薬瓶。
千秋はそれに気づくが、
哀しいかな手は届かず拾えなかった。

あの人が死んでしまったのは自分のせい−
そんな思いが千秋を苦しめ続けていた。

千秋の優しくて繊細な性格を
上手く表したエピソードであるとともに
これをキッカケに、トラウマを解いてくれた
のだめとの関係が、そして二人の音楽家としての
人生が一気に動き出す!!!

次回はいよいよ、千秋が飛行機に乗る!
原作では這々の体で機上の人となった千秋。
玉木宏、毎度面白い演技で楽しませてくれるが
今度もヨロシコ!(by カイ・ドゥーン)

時同じくして
のだめの担任・ハリセン先生の愛妻
かおりちゃんが登場するようだが

かおりちゃん役、白石美帆だった。

全然、イメージと違うような。。。

年齢は30代後半なんだけど
すごく若々しくて可愛い女性ってことで

森口瑶子なんてどうだろう、と思うのだが。

森口瑶子と言えば。
彼女が西村雅之の奥さん役で出演したドラマ
『やまとなでしこ』再放送中。

面白いよう。。。
役者がみんな魅力的。

ド貧乏な幼少時代を過ごしたスチュワーデスが
玉の輿を狙って大奮闘、ってなドラマだが

松嶋菜々子が
美人だけど性格は最悪なヒロインを
本当に生き生きと演じている。
とてもステキに、ピッタリに。

そして相手役の堤真一。

やっぱり、ステキ。。。

菜々子がセレブ合コンで出逢った
実は魚屋さんであるところの青年がツツミンの役。

気が弱くて、でも実直な。
やられそうだ、ツツミンの弱腰な姿勢に。

友人役の筧利夫や西村雅彦、
それから森口瑶子。4人が揃う場面は
なんだかそれだけで良質なドラマっぽい。

魅力的な俳優が揃うと言えば
やはり再放送中の『大奥』。

このドラマの藤原紀香がすごくいい。
記憶にある限り、彼女の女優業の中で一番(唯一)!

気位が高い将軍の正室役。
回を重ねるごとにどんどん凄みを増していく。
リアルタイム放送時は、そんな紀香の似顔絵描いて
楽しんでいたっけなあナラリーノ。

柳沢吉保役の北村一輝も、もちろん良い。
第3話、鼓を叩くシーン。
芸達者な一輝にしては、どこか不慣れな手つきと思ったが
そうそうそう、このシーンって

「吉保の利き手は、実は左手」
(だから途中で鼓を持ち替え、左手で叩く)

っていう伏線だったのだ。

で、この伏線がドラマの後半で生きてくる、と。

ふふふ、楽しみ。

北村一輝と言えば『14才の母』。

産気づいた14才の母(志田未来)を
お医者さんまで連れて行っていた一輝。

あいかわらず、頭はモシャモシャだったが
お得意の「実は優しい」設定、ここでも健在。

14才の母、母子ともに危険な状態。
次回最終回、どうなる!? 14才の母よ。

どうなるといえば『功名が辻』。

倒れた上川隆也。どうなる!?

最終回だし、ご臨終だろうが。

さあ、ドラマ各々ラストスパートだ!

で、『わるいやつら』だ!!

<余談>

『やまとなでしこ』。
矢田亜希子と押尾学が共演していた。

« 健胃大明神と海軍総督が競演 | トップページ | 実録☆ナラリーノ国 その10 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

「チェオクの剣」を見てるのですね。
私はとりあえず、チャングムで卒業です。
どうも、吹き替えになっているのがイヤで…。
どうせなら、字幕つきで頼むよって感じです。
だって、ヨン様は萩原聖人、チェ・ジウは田中美里だと思ってしまいます^_^;
韓国の俳優さんはとってもステキな声の人が多いのに…。
スイマセン。よそ様のブログで韓国ネタを熱く語ってしまいました(^^ゞ

(^0^)kappyさま

>「チェオクの剣」を見てるのですね。

はい、面白い!と聞いたので見てみたのですが
・・・今のところ、まだちょっと楽しさがわからず。

>どうも、吹き替えになっているのがイヤで…。

わかります!イメージが崩れますよね。
それに、訓練を積んだ声優さんじゃなくて俳優さんが片手間みたいに吹替えやるのは余計にイヤです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/13002886

この記事へのトラックバック一覧です: 連想ドラドラ:

» 無料PV「みんなひとり 」 松たか子 [最新J☆POPレビュー]
松たか子 「みんなひとり 」のPV 最新JPOPランキング 最新JPOP売れ... [続きを読む]

» のだめカンタービレ Lesson9 [フジテレビのドラマ@情報室]
”のだめカンタービレ”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。 前回、のだめの自己流催眠術で、過去のトラウマから解放された千秋(玉木宏)。飛行機恐怖症が本当に治ったのか?。試しに龍太郎(瑛太)とともに飛行機で北海道に向かう。((((... [続きを読む]

« 健胃大明神と海軍総督が競演 | トップページ | 実録☆ナラリーノ国 その10 »

Amazon商品検索