2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« お知らせ☆ドゥードゥルドゥー(アクセスカウンタ、変えました。) | トップページ | 奇病発症、その2 »

奇病発症、その1

人間というのは、わからないものだ。その行動の理由は、本人と話をしてみない限り絶対にわからない。


ピカソの名画を肘鉄で破った人の話がニュースになったが、その話を聞いた時


「バカだねえ」「なんで肘なんかで破くの?」


周囲の人々と、そんな話をしていたのだが。よくよくニュースを紐解いてみれば。破れた絵の持ち主とは、目に障害がある方だったという。そのため、日頃から会話の際に手を大きく動かす癖があったとか。そのために、つい手が絵に当たってしまったようだ。


そう。人間というのは、わからない。その行動の理由は、本人と話をしてみない限り絶対にわからない。


ナラリーノ、またまた奇病に侵されてしまった。数日前から、頭を動かせない。


ムチウチで、サンダーバードになっているわけではなく。


頭を動かすと、目が回って倒れてしまうのだ。


目薬をさそうにも、上を向けない(転ぶから)
顔を洗おうにも、下を向けない(転ぶから)


まだまだ新入社員のナラリーノ。おじぎをしようにも、おじぎもできない(転ぶから)


せいぜい、アゴをしめ、頭を下げる振りをしている。


津川雅彦風ナラリーノ
その顔、やや津川雅彦風。

かなり、ヘンな姿だ。もしかしたら、社内でウワサになっているかもしれぬ。イヤだなあ。。。


もしも貴方が町中で——くしゃみをしようとしたまま転がった人を見ても、風に揺れる前髪を払おうとした途端に転がった人を見ても、挨拶顔が津川雅彦な人を見ても


ヘンな人とは思わないでくれい。


話してみればその人は、首や顔を傾けるだけで目を回して倒れてしまう可能性がある人なのかも知れないのだから。


ヘンな人だとは…思わないでくれい…(涙)


そして、奇病の真相はコチラ

« お知らせ☆ドゥードゥルドゥー(アクセスカウンタ、変えました。) | トップページ | 奇病発症、その2 »

ナ国☆ヘルス&ビューティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇病発症、その1:

« お知らせ☆ドゥードゥルドゥー(アクセスカウンタ、変えました。) | トップページ | 奇病発症、その2 »

Amazon商品検索