2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 奇病発症、その1 | トップページ | ご無沙汰☆ドゥードゥルドゥー »

奇病発症、その2

ナラリーノを襲う、強いめまい。そのココロは。当たり前ながら、三半規管の異常であった。


ある朝、起き上がろうとしたら目が回って仕方ない。その後は「」にも書いた通り、頭を前後左右に傾けるだけでひっくり返りそうになる。


2日ほど我慢した後、耳鼻科に行くとさっそく検査してくれた。その検査とは。


まずは、特殊なゴーグルをスポッと被せられた。周囲は真っ暗。何も見えない。


先生「じゃ、ナラリーノさん検査始めます〜。暗いけど、目は閉じないで下さいね〜」


暗がりでは、めまいがひどくなるのだが致し方ない。せいぜい頑張ろうと思っていると。


先生「じゃ、椅子を倒しますよ〜〜〜」


その後、ナラリーノの頭と肩をつかむ先生。ゆっくりと、ナラリーノの頭を左右に傾ける。


動作的には、ただそれだけ。


では、あるが。


ナラリーノ的にはその動作、ジェットコースターに乗っているが如き。


先生「顔、右に倒します〜」


ナラリーノ「ひゃああああ…おおお落ちます落ちます」


先生「反対いきます〜〜〜」


ナラリーノ「ひゃ、ひゃははあ〜ききき気持ち悪い…」


右向いて左向いてるだけなのに、手と足を突っ張らせてもだえ苦しむ女ひとり。さぞかし妙ちくりんな光景であろう。


先生「ああ、やっぱり三半規管がおかしくなってますね〜特に左側がひどいです」


やはり。が、しかし。すでにネットで検索してそれらしい病名は心得ていたので、さほどの驚きはない。


驚きなのは。
先程かぶせられたゴーグルにはカメラが設置されており、眼球の動きを撮影できるようになっていたのだ。


先生「ナラリーノさんのおっしゃる症状やこの眼振検査の結果を見る限り、メニエール病ですとか脳の腫瘍ですとか、そういった恐い病気ではなさそうです」


「そうですか。良かったです」と安心したいところだが、私の左斜め前、ゴーグルカメラで撮った my eyeがデカデカと映し出されていて落ち着かない。


半眼ナラリーノ
ナラリーノ、目が回って気持ち悪いの図
(ゴーグルカメラ撮影)

誰かが私を睨んでいる。誰かと思えば、睨みの犯人は半眼な自分。かつ巨大。かなり妙ちくりんな光景だ。


三半規管の狂い。
よもや更年期障害ではあるまいな、と恐れおののいたがそうではないようなので、ガッツポーズ。それよりも、先生のお話によるとこの病気、肩こり/首こりの人によく見られるのだという。


人間、常に左右対称の生活を保つことは難しい。ごくごく普通に、平衡感覚は歪むようだ。


ただし、普通の人は知らず知らず首や頭を動かして三半規管の狂いを直していくようだが、肩こり/首こりの人はそれができない。筋肉が固まっているため、うまく頭を動かせないそうなのだ。


皆様も、お気をつけ遊ばせ。三半規管が狂うと、めまいを起こすだけではなく自分のヘンな顔まで見せつけられるハメとなる。

« 奇病発症、その1 | トップページ | ご無沙汰☆ドゥードゥルドゥー »

ナ国☆ヘルス&ビューティ」カテゴリの記事

コメント

大丈夫ですか?
私も肩こり&首こりがひどいので、他人事とは思えません。
今まで自分に起こったことのない症状が起こると、
すごく不安になりますね。
私は昨年、「ガソク炎」という病名をいただいた経験が。
これまたネットで調べまくった結果、
立派なスポーツ選手もなる症状ということが分かりました。
要するに、テニスのし過ぎだったみたいです(^^ゞ

か弱いナラリーノ。
大変な日々を過ごしたんだね>_<
新しい生活の緊張感が影響しているのかしら?原因は分ってるの?
ママは肩こりさえしたことがないので
感じが分らないのだけどお大事にね。
「帰りたーい」とごねるときは首もクネクネしてくださいね。

皆様、お見舞いありがとうございます!
いちおう薬飲んでますが、すっかり良くなりました。
原因といわれた肩こりも、整骨院通院で治療中です。

☆kappyさま

>私も肩こり&首こりがひどいので、他人事とは思えません。

わー、絶対に気をつけて下さい!
肩や首が凝ると頭痛も出てくるし辛いですよね。。。
それにしても「ガソクエン」。kappyさん発症しなければ
全く聞かないような病気かもしれん。。。

☆miraiさま

そうなのよ、結構か弱いのよ会社休まないだけで。
miraiちゃん、肩こりないの?
意外と「痛みがピンと来ない」ってだけで傷めてることも
多いと思うから気をつけてね。

PS。毎日帰りたくてしょうがないです(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/12453363

この記事へのトラックバック一覧です: 奇病発症、その2:

» 更年期障害の治療 [更年期障害の症状と対処]
更年期障害の治療については、女性・男性共にホルモン治療が有効とされる。 [続きを読む]

» 黄色班変性症って何? [今話題のルテインと黄色班変性症の話]
黄色班変性症は、近年世界的に流行している眼の病気で、通常50歳代から発症するといわれています。 [続きを読む]

« 奇病発症、その1 | トップページ | ご無沙汰☆ドゥードゥルドゥー »

Amazon商品検索