2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

カウンタ☆ドゥードゥルドゥー

先週、アクセスカウンタをカスタマイズしたばかりですが…やっぱり、累計アクセス件数よりもアクセス人数を把握しておきたくて

・来訪者☆
・累計アクセス☆

2種類のカウンタを用意しました。

どうやら、カウンタの不具合も直ったみたいなので。ちゃんと表示されてますよね???「来訪者☆」カウンタ。

それにしても、ココログデフォルトのカウンタ表示位置(「累計アクセス☆」)が気になるなあ…なんでこんなに中途半端な位置に表示されるのかなあ。。。

直し方ご存知の方、教えてください。。。

ドラドラ

先週から今週にかけて、体調不良だったナラリーノ。
パソコンと読書が一番辛かったので
ぼんやり薄目でドラマウォッチング。

まずは、『たったひとつの恋』(第2、3回目)

続きを読む "ドラドラ" »

ご無沙汰☆ドゥードゥルドゥー

親愛なるナラリーノ国民。
および周辺国家、我が国への訪問客の皆様へ

当ブログ「奇病発症 その1」「奇病発症 その2」にてお伝えしたように、ここ数日、目が回っちゃってブログチェックできませんでした。

その間、せっかくコメントを寄せてくださった方々、お返事書けなくてゴメンなさい。

また、病状のことでいらぬご心配をかけてしまった方、約束をキャンセルさせてもらった方にも改めてお詫びいたします。

恐い病気ではないらしいし、先生の治療が功を奏してだんだん良くなっていますのでご安心ください。

ブログも徐々に書いていこうと思っています。

いいかげん、北村一輝のドラマやドラマにヤラれて購入したマンガ『のだめカンタービレ』についても書かなくては!

M・ナラリーノ

奇病発症、その2

ナラリーノを襲う、強いめまい。そのココロは。当たり前ながら、三半規管の異常であった。


ある朝、起き上がろうとしたら目が回って仕方ない。その後は「」にも書いた通り、頭を前後左右に傾けるだけでひっくり返りそうになる。


2日ほど我慢した後、耳鼻科に行くとさっそく検査してくれた。その検査とは。


まずは、特殊なゴーグルをスポッと被せられた。周囲は真っ暗。何も見えない。


先生「じゃ、ナラリーノさん検査始めます〜。暗いけど、目は閉じないで下さいね〜」


暗がりでは、めまいがひどくなるのだが致し方ない。せいぜい頑張ろうと思っていると。


先生「じゃ、椅子を倒しますよ〜〜〜」


その後、ナラリーノの頭と肩をつかむ先生。ゆっくりと、ナラリーノの頭を左右に傾ける。


動作的には、ただそれだけ。


では、あるが。


ナラリーノ的にはその動作、ジェットコースターに乗っているが如き。


先生「顔、右に倒します〜」


ナラリーノ「ひゃああああ…おおお落ちます落ちます」


先生「反対いきます〜〜〜」


ナラリーノ「ひゃ、ひゃははあ〜ききき気持ち悪い…」


右向いて左向いてるだけなのに、手と足を突っ張らせてもだえ苦しむ女ひとり。さぞかし妙ちくりんな光景であろう。


先生「ああ、やっぱり三半規管がおかしくなってますね〜特に左側がひどいです」


やはり。が、しかし。すでにネットで検索してそれらしい病名は心得ていたので、さほどの驚きはない。


驚きなのは。
先程かぶせられたゴーグルにはカメラが設置されており、眼球の動きを撮影できるようになっていたのだ。


先生「ナラリーノさんのおっしゃる症状やこの眼振検査の結果を見る限り、メニエール病ですとか脳の腫瘍ですとか、そういった恐い病気ではなさそうです」


「そうですか。良かったです」と安心したいところだが、私の左斜め前、ゴーグルカメラで撮った my eyeがデカデカと映し出されていて落ち着かない。


半眼ナラリーノ
ナラリーノ、目が回って気持ち悪いの図
(ゴーグルカメラ撮影)

誰かが私を睨んでいる。誰かと思えば、睨みの犯人は半眼な自分。かつ巨大。かなり妙ちくりんな光景だ。


三半規管の狂い。
よもや更年期障害ではあるまいな、と恐れおののいたがそうではないようなので、ガッツポーズ。それよりも、先生のお話によるとこの病気、肩こり/首こりの人によく見られるのだという。


人間、常に左右対称の生活を保つことは難しい。ごくごく普通に、平衡感覚は歪むようだ。


ただし、普通の人は知らず知らず首や頭を動かして三半規管の狂いを直していくようだが、肩こり/首こりの人はそれができない。筋肉が固まっているため、うまく頭を動かせないそうなのだ。


皆様も、お気をつけ遊ばせ。三半規管が狂うと、めまいを起こすだけではなく自分のヘンな顔まで見せつけられるハメとなる。

奇病発症、その1

人間というのは、わからないものだ。その行動の理由は、本人と話をしてみない限り絶対にわからない。


ピカソの名画を肘鉄で破った人の話がニュースになったが、その話を聞いた時


「バカだねえ」「なんで肘なんかで破くの?」


周囲の人々と、そんな話をしていたのだが。よくよくニュースを紐解いてみれば。破れた絵の持ち主とは、目に障害がある方だったという。そのため、日頃から会話の際に手を大きく動かす癖があったとか。そのために、つい手が絵に当たってしまったようだ。


そう。人間というのは、わからない。その行動の理由は、本人と話をしてみない限り絶対にわからない。


ナラリーノ、またまた奇病に侵されてしまった。数日前から、頭を動かせない。


ムチウチで、サンダーバードになっているわけではなく。


頭を動かすと、目が回って倒れてしまうのだ。


目薬をさそうにも、上を向けない(転ぶから)
顔を洗おうにも、下を向けない(転ぶから)


まだまだ新入社員のナラリーノ。おじぎをしようにも、おじぎもできない(転ぶから)


せいぜい、アゴをしめ、頭を下げる振りをしている。


津川雅彦風ナラリーノ
その顔、やや津川雅彦風。

かなり、ヘンな姿だ。もしかしたら、社内でウワサになっているかもしれぬ。イヤだなあ。。。


もしも貴方が町中で——くしゃみをしようとしたまま転がった人を見ても、風に揺れる前髪を払おうとした途端に転がった人を見ても、挨拶顔が津川雅彦な人を見ても


ヘンな人とは思わないでくれい。


話してみればその人は、首や顔を傾けるだけで目を回して倒れてしまう可能性がある人なのかも知れないのだから。


ヘンな人だとは…思わないでくれい…(涙)


そして、奇病の真相はコチラ

お知らせ☆ドゥードゥルドゥー(アクセスカウンタ、変えました。)

今までのカウンター、ちと不具合が起きたのでもともとココログについているカウンタ機能に切り替えました——表示位置が気に入らないのですが。。。

なので、これから表示されるアクセス数は「累計アクセス数」になります。

(だからいきなり、カウンタ数が増えているんです。30000台になってしまいました)

アクセス者の数については随時お知らせしていきます〜〜〜

ますはますは、目指せ10万件☆

M・ナラリーノより

映画『イルマーレ』(米国版と韓国版、小説『愛の手紙』の話もすこし)

先日観た『イルマーレ』もまた、いい映画だった。
サンドラ・ブロックとキアヌ・リーブスが大ヒット作『スピード』以来の共演を果たしたラブストーリー。


湖畔に建てられた家の郵便ポストを介して、そこに住んでいる男性がいずれその家に住むことになる女性と時空を超えて手紙のやり取りをするのだが。


生きている時間軸が違う二人が手紙を通して互いの喜びや苦しみを共有しあうようになるくだりは、とても感動的だ。


この映画、韓国映画が元ネタになっている。私は韓流に乗らなかったタチなのだが、この映画だけは本当に大好きで何度も何度も続けて観た。


だからかなりの思い入れを持って観たハリウッド版。
カラーは違えど、期待は裏切られなかった。合格。基本的なあらすじは踏襲しつつも独自のエピソードを散りばめているのが効いている。


シカゴの町並み、湖畔の風景。それに溶けるように存在する主役の二人。ハリウッドの、クラシックなラブストーリーのような美しさ。


サンドラの彼氏役が「地位はあるけど、ちょっと抜けてる気のいい男」っていうのもクラシカルでしょ?


最後、ちょっと時系列がややこしくなるけど、エピソードの魅せ方、話のまとめ方はハリウッド版に軍配。話がダレないから飽きないし「二人は離れているんだけど、近くにいる感じ」をうまく映像で表現していた。


この物語、最後の最後に「奇蹟」が起こるのだが。


ハリウッド版は、サンドラの強い気持ちが奇蹟を引き寄せた感じ。


キアヌにどうしても逢いたいと願う気持ちがそうさせたような。


また、そういう頑丈さが全然嫌みじゃなくて愛らしいあたり、さすがサンドラだったりする。


と、褒め続けたが。


好みで言えば、やっぱり私、韓国版が好きなのだ。楚々としていて柔らかい。淡々と進む手紙のやり取り。韓国版の静けさは、たびたび出てくる湖畔のイメージにうまく重なる。


心の空白が手紙のおかげでだんだん埋まっていって、お互いの存在がどんどん大きくなる感じ。韓国版の方は恋というより人と人との結びつきが全面に出ている。


だから、奇蹟が起こった背景もちょっと違う気がする。


韓国版のほうは、湖畔の家を造った「あの人」の、息子に伝えきれなかった思いが奇蹟を呼んだように感じた。そう解釈しながら観ていたので、もう泣けて泣けてしかたなかったのだが。


でも、どちらもいい作品でした。時空を超えて男女が文通——そんなお話が好きな人、ジャック・フィニイの『愛の手紙』(※)をどうぞ。こちらの小説は現代の青年とビクトリア朝時代の貴婦人の文通なんですが。そもそも『イルマーレ』って、この話のオマージュなんだろうか。


※ジャック・フィニイの『愛の手紙』
ハヤカワ文庫『ゲイルズバーグの春を愛す』収録。30ページ弱のお話なので、立ち読み可能かと思われます。

実録☆ナラリーノ国 その7

※ 前号までの「実録☆ナラリーノ国」(〜その6)は
カテゴリー「コレクション」よりご覧いただけます。

クロリーノ登場
クロアトム、クロアトムーーー!

続きを読む "実録☆ナラリーノ国 その7" »

今週の『通勤魂!』(10月16日〜)

昨日から、新しい仕事が始まった。建国には金がかかる故、私は稼いで稼いで稼がねばならぬ。


景気づけに聴く「通勤魂」はいまだB'zの『MONSTER』だったりして。


まだ見ぬ環境への不安を取り去ってくれるのはB'zしかいないんだわさ!


『MONSTER』。
最初は、この作品のまとまりのなさ——こういう時、音楽ライターは「1曲1曲の個性が光る七色のアルバム」とか言う——が、どうにも薄味な気がして嫌だったんだけど。


聴けば聴く程、いいんだわさ。飽きがこないのだ。沁みる。


例えて言えば、何だよ俺ぁ若いんだからガンモは嫌いだよ、と言いつつ、噛み締めたら、思いがけず汁の美味さに酔いしれたような。むむう、例えたつもりが余計にわけわからなくなっておる。それほどに、良い。


『ピエロ』なんてもう。


♪ 桃色に染まりゆく 東雲を追いかけて
♪ 疾走するポンコツカー あなたを乗せて


ポンコツ。


あんなにカッコいい稲葉さんが歌ったってマヌケでヘロヘロな語彙だ。どう頑張っても、ヘッポコぴぃ。だけどだけどそんな言葉に始まって


♪ あのカーブ越えりゃ 青い空
♪ 強烈な生と死の匂い 浮かれたようにハンドルを切る


って出てくるの。


私は通勤途中で『ピエロ』を聴いているのに!目を開けたら、そこはワインディングロードで私は制御が効かないポンコツカーに乗っていてものすごいスピードに振り切られそうになっている。


B'zの歌は、みんなをどこかに連れて行ってくれるのだ。


生で聴いたらもっとそうだ。


あー、ライブに行きたくなっちゃったよう。


…その前に、仕事に行こう。。。


◆『MONSTER』収録曲

01. ALL-OUT ATTACK
02. SPLASH!
03. ゆるぎないものひとつ
04. 恋のサマーセッション
05. ケムリの世界
06. 衝動 〜MONSTER MiX〜
07. 無言のPromise
08. MONSTER
09. ネテモサメテモ
10. Happy Birthday
11. ピエロ
12. 雨だれぶるーず
13. 明日また陽が昇るなら
14. OCEAN 〜2006 MiX〜

俊輔もアベちゃんもハット☆

わくわく。

俊輔、アベちゃん
おめでとー☆☆☆

俊輔ハット!オシム監督見たか…スコットランド・プレミアリーグ
(15日 スポーツ報知)

批判に発奮!阿部 人生初ハット
(15日 デイリースポーツ)

続きを読む "俊輔もアベちゃんもハット☆" »

亀ドラ☆その他新ドラのリスト

KAT-TUN 亀梨くん主演ドラマ『たったひとつの恋』。


やはりワタクシ、北川悦吏子はNG…


もうわかっているのだ北川悦吏子の手口は。


恋する(予定の)二人が最初に手にするプレゼントは絶対に安物なのだ。(今回は、飴玉でした)


恋する(予定の)二人は絶対水に濡れるのだ。(今回は、プールに落ちました)


恋する(予定の)二人の間には高い壁、もしくは深い谷が存在するのだ!


今回は、小さな造船工場を営む貧しい青年(亀梨)と宝石商のお嬢様(綾瀬はるか)−−ようは、恋する二人の住む世界の違いが壁であり谷である。


でも綾瀬はるか。


合コンに着ていくはずの服が亀梨くんのせいでオジャンになるのだが。


仕方なく、合コンにはGパン姿で参加していた。


お嬢様なのに合コン用の勝負服が一枚しかないのはなぜ?慌てて買ったりできないのはなぜ?


本当にお金持ちなの?嘘なんじゃないの?いやいや嘘をついていたのは亀梨くんだった。慶応の学生のふりなぞしおってからに。


そんな、ドラマでしたよ。。。


パロロ〜


…って何だかよくわからないBMGがとどめとなってテレビを消してしまい、小田和正作詞作曲だという肝心の主題歌を聴き忘れた。


パロロ〜、め…


まさか、主題歌ではあるまいな!?


余談であるが、私が今の亀梨くんと同い年な頃。


ハローワーク主催の「適職テスト」を受けてみた。適職の結果は「板金工」。


ナラリーノ、亀梨くんの工場で働く資格あり。


*****************


9月の一ヶ月。当ブログでの検索ワード第1位は「堤真一」だった。


堤真一。 ほぼ尻の話しかしていなかったのに。


ネットの海を泳いで渡ってこられた堤真一ファンになんたる無礼。さぞやがっかりされたことだろう。いつかお詫びをしたいと思っていた。


だからドラマ『セーラー服と機関銃』は堤真一メインで見ようと思う。


こ汚いヤクザたちに交じって凛としている堤真一。背に日差しを浴びているツツミン(勝手に命名)は長澤まさみが組長となる目高組の若頭役だった。


素肌に半纏。


やや、ナラリーノ国の正装にかぶっているが素肌に革ジャン、短パンに革靴は嫌いですか、ツツミン?


ツツミン、スーツも良く似合うのは上背があるから?と思いきや。意外や、大きい人ではないとの話。


たしかに長澤まさみと並んでも特別大きくないような。むしろ顔なんかツツミンの方が小さいような。


半纏にスーツ、そしてふんどし。どんな格好もオールマイティに着こなすツツミンの演技については待て次号。


*****************


『嫌われ松子の一生』。


なんだかコントみたいなドラマだった。それはなぜ?


恐らく——昭和の雰囲気を素敵に撮れていないのだと思う。なんだか、やたらと安っぽいセット。着ている服は当時の人なのに身のこなしだけ今風の俳優たちが演技している。


一輝、よかったね。


こんな作り物っぽい世界できっと一輝だけが本物のように輝くであろう。誰よりも昭和の匂いを漂わせる昭和にしかいないようなソープランドの店長に。


それだけが、楽しみだ(^^)


*****************


再放送で見たらとても面白かったので木曜10時は『Dr.コトー診療所2006』に決定。


やはり、面白かった。やはり、医療ドラマっていいよな。。。

ネズミハンター☆アイ子


※このお話を読む前に、コチラ(「求む、最強のネズミハンター」)の記事をどうぞ。


凄い。


こんなことって、あるんだなあ…。


昨晩。真夜中。午前3時。


もの凄い音がして、目が覚めた。


何か固いものが、床に落ちた音がする。


——ドロボウ?


そっと起き出すと、母アイ子も弟も起きていた。


アイ子は言う。


「お母さん、フトシじゃないかと思うのよね」


フトシ。
それはここ最近、我が家にいそうで捕まらないネズミのことだ。


とうとう現れたか、フトシよ!でも、何かを落としてそのまま逃げたのでは?今、台所に向かってもフトシはいまい。


と、思っていたのだが——。


先に台所を覗いたアイ子が言う。


アイ子「寝てるわ」


…?


アイ子「フトシが、寝てる」


…寝てる?


それは…


「フトシが、寝てる」
こんな風に…? (ナラリーノ、描く)


「寝ている」とのことだったので、「何かの隙間に入り込んで眠っているフトシ」を想像したのだが…そうではなく…。


正確にいえば。


台所の真ん中で、伸びていたのだ。フトシが。


そして、頭のすぐ横には大きな灰皿が転がっているという。


まるで、2時間ドラマで主人公(←いい人)が最初に発見する被害者(←殺されてる)みたいな。


真相
こんな風に。(アイ子、描く)

※実はナラリーノ、あまりの恐ろしさに眼鏡をかけ忘れてまるっきり見えず。


なんで伸びてるんだかわからんが死んでるんだよね?フトシ。


ナラリーノ「そそそそれで、どうするの?フトシを」


アイ子「つまむわ」


アイ子の手には、いつの間にか毛抜きの化け物みたいなものが握られていた。


いつの間にそれを!?


てか。


つまむなんて嫌だあ!!!


アイ子「平気よ、死んでるんだから」


そしてアイ子、フトシをつまもうとしたところ。


「…チュ」


フトシぐあ!鳴いとわ!


ナラリーノ「いいい生きてる!」


アイ子「これは急がないと!お姉ちゃん、ネズミ捕りとって!」


ナラリーノ「(なぜ私に?)どどどどうするの?」


アイ子「ネズミ捕りを、伸びてるフトシに被せるから!」


!!!!!


我々親子。ドラマで人を殺した人たちみたいだ。


◆妄想・土曜ワイド

「ああっ!フトシさん、まだ生きてるわ!」

 

「息を吹き返す前にどうにかしないと私たちが犯人だということがわかってしまう!早く、早く息の根を止めないと——」

 

「でも」

「平気よ、今なら死にかけているんだから、早く!」


みたいな。


そんな中。


アイ子、「あ!」と叫ぶ。


!?!?!?


アイ子「おねえちゃん。ブログ用にフトシの写真撮らなくていいの?」


!!!!!


アイ子、冷静すぎるぜ…。


いくら私が失礼な女でも、死にかけたネズミの写真をブログに載せるようなことは いたさない。


とりあえず、ネズミ捕りをアイ子に渡す。


アイ子、冷静に


ぽすっ


と被せたはいいが。


……。


ナラリーノ「で、お母さん。それどうするの?」


アイ子「…」


ナラリーノ「被せたけど」


アイ子「お父さん、呼んできて」


!?


アイ子「ここから先は、お父さんよ」


勝手に担当割りしちゃいました、アイ子。


父。明日も仕事なのに起こされた挙句、フトシがくっついているネズミ捕りを床から剥がし、そのままそっとビニール袋へ。


ナラリーノ「お父さん、ありがとう!」


父「お」


なんて強いんだろう。親って。


それにしてもフトシ。なぜ伸びていたんだろう。台所で。想像するに。


1:昨晩のこと。フトシにいたずらされないよう、普段は出しっ放しの愛犬モモのご飯皿を野菜籠の上に置いた。(棚だと、フトシが通る可能性があるのでフトシが通らなそうな場所に置いた)


2:ちなみにモモ。
年老いたモモはご飯が気に入らないとお皿をひっくり返すので、ひっくり返せないようなご飯皿——社長が使うようなデカくて重いガラスの灰皿——を使っている。


3:不安定な場所にあったご飯皿(灰皿)にフトシがたまたま乗ったのでは。


4:で、バランスを崩して灰皿と一緒に落ちたのでは。


その拍子に灰皿が。


フトシの頭を直撃した——?


すごい。こんな偶然。


もし本当にそうであるのならそれはフトシを捕まえるぞ、というアイ子の執念?


それとも、自分のご飯皿を使ったモモの恩返し?


モモたん
この騒ぎでも起きてこなかったモモ。


これにて、「コードネーム☆フトシ」、完了!(だといいなあ…)



稲葉さんの元気はスピッツでできてるの?

本日、テレビ朝日の『Mステーション』にB'z生出演。稲葉さん、夏のライブの疲れが出ていないだろうか。


例えば顔色が悪かったり。(松本さんは常に血色がいい)


例えば頬がこけていたり。(松本さんは常に痩せない)


——髪の毛、薄くなってたり。(松本さんは禿げない)


要チェック!『Mステ』。


今回の『Mステ』は番組開始20周年記念第2弾とのこと。'86〜'06年の放送を前・後期に分けて視聴者から募った『もう一度聴きたい曲』各100曲ずつを発表するという。


ミュージシャンとしては古株の域のB'z。こういった歌番組では遅い時間に歌うけれど『Mステ』は途中途中でちょっとしたトークが入るし、100曲(×2)を紹介する間、テレビの下の方にスタジオ画像も映るし。


見ないと…


名曲100選(×2)なんてどうでも良い。さあ、3時間に渡るB'zチェックという名の稲葉さんチェック開始!


あ、これ公務ですから。ナラリーノの。


稲垣ゴローちゃんとV6イノッチのトークに聞き入る稲葉さん(左斜め45度。皺なし)。


『今夜月の見える丘に』を歌うキムタクを見て笑う稲葉さん(右斜め45度。皺あり)。


途中途中の席替えでV6岡田くんと並んで座る稲葉さん。


正面。なのに、前の人が邪魔で見えない。


稲葉さーーーーん…


◆さあ、もう一丁!


華原朋ちゃんやチャゲアスの歌に聞き入る稲葉さん(正面、やや猿顔)。


明菜ちゃんの『DESIRE』や沢田知可子の『会いたい』にうなづく稲葉さん(やはり猿顔)。


◆頑張れ稲葉さん、まだまだ番組中盤だ!


TMNの『Get Wild』で眉間をつまむ稲葉さん(大丈夫?)。


シャ乱Qの『シングルベッド』で首をかく稲葉さん(飽きちゃった?)。


番組、長いもんなあ…気の毒に。稲葉さんの退屈を解いてあげる曲は、ないのっ!?


◆あった!


スピッツの『チェリー』が流れた途端、稲葉さんが!首振って、やや!やや口ずさんだ!


♪ 愛してる〜の響きだけで〜強くなれる気がしたよ〜


元気になれた!?稲葉さん。でも、でも自分たちの歌う順番が回ってきた時にはもう疲れ果ててるような、そんな顔立ち。


本日披露するのはアルバム『MONSTER』より『ALL−OUT−ATTACK』。ファン400人を集めてライブ形式で行われた。


さあ、演奏開始だ。ハードな歌だぞ、そんなグロッキーで大丈夫なのか稲葉さん。歌えるか、稲葉さん!


その時!


友人A・アリミツォーネからメールが。


「稲葉さん、髪の調子がいいようで」


そうなのだーーー(^^)g


今日の髪の毛は元気よかった気がする稲葉さん。パサつきも少なかったし、その割にボリュームは少なくなかったし。


それにそれに!


お花模様のマイクスタンドを握りしめる手の甲に浮くスジスジ、このスジスジも!


たまらん。。。


手の甲(スジスジ)
スジスジ(ナラリーノのスジスジですが)


歌、終了。


『Mステ』、みんなが選ぶ名曲・後期の第1位はサザンの『TSUNAMI』。


この曲が発表された時はもう稲葉さんは、退屈を通り越して眠そうだった。


稲葉さん。
ナラリーノ国の歌番組に出演してもらう時にはとっとと歌ってとっとと帰っていいからね。

アニメ映画『時をかける少女』

アニメ『時をかける少女』を観に行った。
もちろん、賛否両論あるようですがナラリーノ的には、現時点の本年度NO.1映画となった。

※内容に触れているので、これからご覧になる予定の方はここでストップ!

続きを読む "アニメ映画『時をかける少女』" »

帝国激震赤西休業主題歌誰

ジャニーズ帝国に激震走る。人気アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーである赤西仁くん、芸能活動を休業するとのこと。

驚いた。休業期間については説が分かれるようで

・発表では、年内休業
・ただし、長期休業説も否定できず

とのこと。

なお、今週末放送開始のドラマ『たったひとつの恋』の主題歌(by KAT-TUN)には赤西くんは参加していないらしい。

『たったひとつの恋』の主題歌。

以前、拙ブログにて『たったひとつの恋』の主題歌をB'zが担当するようだ、とお伝えしましたが該当サイトからは情報が削除されてしまいました。あわせて、当ブログからも記事を削除致しました。

間違った情報をそのまま掲載していて本当に申し訳ありません。

 

ようこそハイエナくん

やたらと番組宣伝が目についた。
日本テレビのドラマ『14才の母』。

中学生が妊娠する、というドラマらしい。

正直、興味なし。

が、しかし。

ナラリーノ国の海軍総督、
北村一輝が出演する連続ドラマとあっては
興味があろうとなかろうと見なければならぬ。

続きを読む "ようこそハイエナくん" »

おめでとう☆日本代表

本日、AFCアジアカップ2007予選。
サッカー日本代表がインド代表と対戦。

3−0で勝ちました。
おめでとうございます☆

快勝って書いてあったけど。

快勝。
だったの?

続きを読む "おめでとう☆日本代表" »

おめでとう(なの?)☆稲葉さん

本日発売の『anan』特集「’06年あなたが選ぶ好きな男・嫌いな男好きなミュージシャン」第3位にB'z稲葉さんがランクイン。


おめでとうございます☆(なの?)


「年齢を重ねるごとにますますセクシーに」


って、この手のコメントに年のことしか触れてもらえなくなったような。気のせい?


「詩の世界がサイコー」とか(『ウルトラソー!ヘヤァッ!!』だけど)


「気さくで話しやすそう」とか(とっつきにくそうだけど)


そんなコメントも、たまには期待。もしくはナラリーノ国国家元首にコメントを取りにきて欲しい、『anan』編集部よ。


「うちの国教、B'z教でっす!ギャハ!」


稲葉さんの魅力、伝わったでしょうか?


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
おめでとう(なの?)☆稲葉さんシリーズ
2007年
2008年
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

モモベンツ その2

ナラリーノ国のお犬様・モモを獣医さんに連れて行きました。定期的にお願いしている耳掃除と洗眼です。


愛犬モモその1
病院が近くなり、歩みが遅くなるモモ。

じゃ、モモベンツに乗せますか。


※ 「モモベンツ」についてはコチラをどうぞ。


哀しげなモモ
モモベンツに乗っても、この沈みよう。
モモのしっぽ
病院到着。しっぽが垂れちゃいました。
モモのお耳
お耳は緊張しっぱなし。
モモ、落ち着かず モモ、落ち着かず
落ちつかない上に・・・
モモ、落ち着かず
母アイ子の足の間に逃げ込みました。

今日こそ、治療中のモモ(口輪をされている、の図)を撮ろうと思っていたのですが、もう大暴れでそれどころではありませんでした。残念。。。


何度も言うけど、以前はまっっっっったく治療を嫌がらなかったのですが・・・。年を経ったせいか、今は治療中のイヤイヤがすごいのです。


帰りたがりモモ
治療終了。急いで帰ろうとするモモ。早足。
モモ、笑顔満開♪
笑顔が戻ったね、モモちゃん!
お休みモモ
お家到着直後。疲れて熟睡。。。

お医者さまからは14歳とは思えない体力、と太鼓判を押されるモモ。これからもずっとずっと元気でいてほしいです。

求む、最強のネズミハンター


出ましたよ…。


我が家に…ネズミが…。


その存在に気がついたのは、イモのおかげであったらしい。


母アイ子が、水栽培していたイモの切れ端。
窓辺に置いてあった、あのイモ。
太い蔓や葉っぱなんか出てきて喜んでいたのだが。


ある日。


食いちぎられていたそうな…。


よく見ると、側には糞らしきものがあったりして…。


恐い…。


神・B'z
助けて、B'z。。。


オシム大明神
でもオシムのほうが強そう。。。


それにしてもどこにいるのだろう、ネズミは。隠れるところなんてなさそうなのに。


でも、あるのだろう。隠れるところ。。。


調査の結果、例のイモ以外食べていないように見受けられる。出しっ放しの食料や生ゴミは無視。どうして?


ふてぇ野郎だから、足がつきそうな食べ物なんざ食べないってことかい…。


と、いうことで。


このふてぇネズミの名前は「フトシ」に決定。捕獲作戦「コードネーム☆フトシ」のためにアイ子が動いた。


そこかしこに、超粘着シート製ねずみ獲りを仕掛けるアイ子。


超粘着シートに愛犬モモが足をとられぬよう置き場所には気をつけつつ。


フトシが踏みやすいように超粘着シートに微妙な角度なんかつけつつ。


アイ子「これで明日には、フトシが捕まってるよ!」


だが。


何となく、引っかからない気がした。フトシ。


翌日。


超粘着シートにくっついていたのは。


枯葉。


寒い…。


アイ子「あああ!嫌になっちゃう。お母さん、あんなにフトシハンターとして頑張ったのに。ねえちょっとこの活躍をアンタのブログに書いてよ」


今回は、「ブログ」「プログ」と言い間違えなかったその成長を書くに留めるとしよう。


※「ブログ」が「プログ」だった頃の母アイ子についてはコチラ。



実録☆ナラリーノ国 その6

謎に包まれっぱなしの
ナラリーノ国ってどんな国?

その謎を暴くのが「実録☆ナラリーノ国」!

※ 前号までの「実録☆ナラリーノ国」(〜その5)は
カテゴリー「コレクション」よりご覧いただけます。

6_1_1
あなたは!

続きを読む "実録☆ナラリーノ国 その6" »

芸術の秋・土ワイとカサス

昨日7日に放送された
『土曜ワイド劇場30周年特別企画』は面白かった。

名取裕子が法医学教室の助教授にして
神奈川県警監察医である早紀を、
宅間伸が夫で横浜東署の警部・一馬を演じる
『法医学教室の事件ファイル』が放送されたのだ。

単発ものとしては今作が23作目。
連ドラとしても放映されている。
かつ、土ワイの特別企画にあてがわれるなんて。

すごいぜ、『事件ファイル』・・・。

今回は、バス爆破事件に端を発したストーリー。

検視の結果、死亡者の中に
事故以前にすでに絞殺されたと思われる女性がいたこと、
その恋人が同じバスに乗車して亡くなったことで
事件の謎が一層深まる。

多数の死傷者を出した事件だ。
早紀先生の事件解決に賭ける思いは炎よりも熱い。

部下をパンツ一丁のまま
チェロケースに詰めこんでみたり

部下をパンツ一丁のまま
スーツケースに詰めこんでみたり。

はたまたそれをバスに置き去りにしたり。

またその部下は常に同一人物だったり。

パワーハラスメントで訴えられないのか早紀よ、と
つぶやきたくなるような。
真相究明のためなら猪突猛進。早紀先生、干支は何?

妻のこの情熱。
夫の一馬にしてみれば愛すべき長所であり
悩みのタネでもあり。

事件に関係する女性たち(坂口良子と沢田亜矢子)の
友情に首つっこんでスゴまれる妻。

自分にも、訳ありの検事(西岡徳馬)にも楯突く妻。
仕事先では常に女房が出張り、自論を振りかざす。

念願のマイホームに帰ってみたところで

「もうちょっとで、お義母さんが来る〜
嫌がる私の姿〜」なるものを夫に撮影させる妻。

代わりに転がり込んできた叔母
(由紀さおり)とケンカする妻。

致命的なのは、高給取りゆえ家のローンを
折半してしまった妻。

男のプライドを傷つけられつつも一馬は早紀をフォロー。
今一番夫にしたい男、それが一馬だ。麗しい。

出演者の何気ない豪華さ。
犯人の思わせぶり度。
サザエさんのウーワッフッフに似た締めくくり。

夫婦愛、嫁姑問題、上司と部下の絡みに
女同士の友情や不倫の恋と
内容はてんこもり。でもそれが上手くまとまっている。

2時間サスペンスの王道たるエッセンスを盛り込んだ
秀作であった。

************************

7日は、友人が出演したお芝居も観てきた。
タイトルは『カヨウサスペンス』。

街に蔓延る悪人たちの更生軍団・
劇団警察劇団またの名を警察劇団警察。

即興劇と思い出の歌で
悪人の心の内の純粋な部分をつついて
更生をはかるのだが、組織の中核人物にとってそれは二の次。
最終目的は、とある事件を解決することだった。

なんでこういう話が思い浮かぶんだろうなあ。

出演者の方々は、自分が所属する劇団に留まらず
いろいろなお芝居に出演されているようだ。
そんな皆さんの活動を映すかのように
ステージ上で様々な役柄を演じている。

喜劇と聞いていたのに泣けたのは
犯人同様、ナラリーノの心の中にも純な部分が残っているから?

テレビ鑑賞に舞台観劇。
文化国家を目指すため、
国家元首・ナラリーノの公務は続くのだった。

<ライオン・パーマ第8回公演『カヨウサスペンス』>

10月6日〜8日
阿佐ヶ谷・ART THEATER かもめ座にて公演

まだまだマルガリータ

緑溢れる国にしようと思っているナラリーノ国の
未来を担う貴重な人材(木材)マルガリータ。
その思いが重過ぎたのか。

金髪のマルガリータ
一時、グレて金髪のマルガリータ

※ マルガリータの過去については
カテゴリー「植物」をご覧下さい。

続きを読む "まだまだマルガリータ" »

ふたたび帝国、またも尻

先日、某ケーブルテレビで『東京タワー』再放送。リリー・フランキーのドラマではなく、江國香織原作・黒木瞳とV6岡田准一が主演した映画のほうだ。


私はこの作品、映画館では見ていない。


原作は、江國の作品の中で好きな部類に入らないし、黒木瞳は、演技が下手なのでパス。


岡田くんについては…


恐らくこの頃、興味が冷めていたのであろう。


『東京タワー』。二組のカップルが出てくる。どちらも若い男子と人妻の恋物語だ。


カップルその1:金持ちの夫の後押しでこじゃれたセレクトショップなぞ営んでいる黒木瞳と大学生の岡田准一。


美し過ぎる岡田くんを中心に——いや、本来中心となるべくは黒木瞳——絵空事のような恋愛が続く。


もう、彼女のことしか頭にないような岡田くん(演じる、透)。もう、辛いんだか哀しいんだか楽しいんだかわかんない黒木さん(演じる詩史)。


もう、この時点でナラリーノはギブアップ(つまらん…)。


そんな私を引きつけるような映像が画面に映ったりなんかした。それは。


尻が!


いや、正確にはシャワーを浴びている岡田くんの後ろ姿がバッチリと!


なんてこったい…。


はからずも、また尻が。堤真一に続いてまた尻が。これは尻の話をしてくれろというジャニーズの神様の思し召し?


なぜ、岡田くんが出演する映画は岡田くんのサービスショットが満載なのだろう。


先日観た『フライ、ダディ、フライ』も、『花よりもなほ』も『コスミックレスキュー』も、岡田くんの笑顔の大写しが印象的だった。


そして、尻まで…?


と、しか書く事がないカップルその1。残念。私は熱演型の俳優さんは好きではないので、こういう抑えた役を演じる岡田くんのことをもっともっと書いてみたかったのだが。私の興味は。


本来脇であるはずのカップルその2に行ってしまった。


カップルその2:同じくジャニーズの松本潤(by嵐)と寺島しのぶが演じている。


松本は、高校時代に同級生の母親と不倫をした過去を持ち、今また同世代の彼女がいるにもかかわらず年上の人妻と不倫をし、かつ、因縁の同級生(かつて不倫相手の娘)からも迫られる。いつか誰かに殺されそうな男の子。


寺島は、夫と姑と3人暮らしでフラメンコなんて習っている、単調な生活に飽き飽きした女性だ。


やはり、演技力なんだろうか。


寺島しのぶが、若い男に引きずり回されまいとしているのに情熱が空回りしているところとか、そういう気持ちをフラメンコに乗せて踊るところとか生々しくてすごくステキ。松本潤もそんな寺島しのぶに全然負けていない。


黒木&岡田コンビが甘い砂糖菓子なら、寺島&松本は獲れたてマグロの切り身、みたいな。なんだかものすごく、脂が乗っていそうだ。


マグロ、好きなんで。


『東京タワー』は、カップルその2に座布団5枚で。


◆追伸
でも、岡田くんは本当に美しく、正しい演技をしています。

【本の話】『3行レシピでつくる居酒屋おつまみ』

母アイ子が、なかなか素敵な本を買ってきた。その名も『3行レシピでつくる居酒屋おつまみ』 (青春文庫)。内容はこんな感じ。


1.ハクサイ1〜2枚は細切りにする
2.ハクサイと塩こぶを和える
3.そのまましばらくおけばできあがり

(「ハクサイの塩こぶ和え」より)


本当に、レシピは3行。こんなんで、出来るの?


ハクサイの塩こぶ和え
出来るの。あっという間にハクサイの塩こぶ和えが。塩こぶを入れ過ぎてちょっとしょっぱくなっちゃいましたが。


大阪・小倉屋松下の塩こぶ
塩こぶは、大阪の小倉屋松下からのお取り寄せ♪


見開きの隣ページには、「もうひと手間!」「アレンジ」「ここはこうする!」といった説明があり、それを実践すればコツを掴めたり一味違うメニューが作れたり、となかなか親切。


著者である料理研究家の検見崎聡美さん曰く「居酒屋で食べるおつまみが自分でも作れたら…」(本文より)という思いを満たすためのレシピ集のようだが、食卓やお弁当にもう一品足したい時はもちろん「揚げ物・炒め物」「焼き物」の項については充分主食になりそうなメニューもある。


細かい指示がない分、その家その家の味がすぐに出来上がりそう。何より「悩まなくてもこんなに簡単におかずが出来るんだ〜〜〜」と思えてなかなかに頼もしい。


読んでいるだけでもなかなかに楽しいので、自炊していない方にもオススメ。私の場合、新しい職場にはお弁当持参と決めているので、お世話になることが多くなりそうな1冊だ。


惜しい!日本代表VSガーナ


だいたひかるが『エンタの神様』で


「私が言うのもなんですが、オシムジャパンの選手は地味過ぎる」


みたいなことを言っていた。


納得。
たしかにオシムジャパンの面々および彼らのプレイスタイルには、ジーコジャパン時代の華やかさも、ジーコジャパン時代の「どんなに勝っていても負けてしまいそう」なハラハラ感も、笑いどころも、けなしどころも——


ない。(それが地味?)


でも。
すべてはこれからだオシムジャパン。そう思える輝きが、やはりある。


試合中でも、ハーフタイムで引き上げてくる時でも、オシムの子らは互いによく声をかけ、よくしゃべっている。


恐らくは、戦術上の確認をとっているのだろう。無口すぎてヒデ怒り心頭だったジーコジャパン時代にはない美しい姿。こんな光景は、やはり嬉しく頼もしい。


今日の相手はドイツW杯でベスト16に進んだアフリカの雄・ガーナだ。いっそケチョンケチョンに負けてしまって欲しい。もっともっと強くなるために。


ガーナ。
中心選手はボランチのエシアン。昨年、フランスリーグから英・チェルシーに引き抜かれた時の移籍金は52億円。


52億。


何だそりゃ。


こんなすごい選手がいるにも関わらず。


解説者である元日本代表・相馬直樹氏と金田喜稔氏。エシアンなぞに見向きもせずにピッチ上の遠藤にうっとりしている。


「遠藤、完璧ですよ」
「遠藤、いいなあ」
「素晴らしいなあ、遠藤は…」


その様、まるで魔法にかかったような。聞いているこちらが照れる程の遠藤への思いもまたジーコ時代にはなかなかなかった光景だ。


本日の試合展開は。ゴールをおびやかしているのは明らかに日本なのだがゴールが決まらなかった(いつものこと?)。結局0−1で負けました。


負けたけど、オシムも「内容は、日本のほうが上回っていた」と言っていた通り、寿人が、今野が、鈴木が、アベちゃんが、いいえ皆が攻めに守りにピッチをかけずり回っていた。


「俺ら、ひとり二役!」みたいな。
「攻撃も守りも、両方できまっす!」みたいな。


その役者みたいな根性にジーコ時代の笑いどころが加わった時。オシムジャパンは日本史上最強のチームとなるであろう。


たとえば。ガーナ代表の中に、現在ジーコのもとでプレイしている選手(トルコリーグ所属)がいた。


この選手、来日する前にジーコに「日本とどう戦えばいいか」の教えを乞うたらしい。


したらばジーコ。


「遠いから、時差に気をつけろ」


と、言ったらしい。


さすがジーコ。やっぱり今でも笑いどころ、あり。


◆スターティングメンバー

GK: 川口能活
DF: 水本裕貴/阿部勇樹/今野泰幸
MF: 三都主アレサンドロ(交代:二川孝広)
  駒野友一/遠藤保仁(交代:中村憲剛)
  鈴木啓太(交代:長谷部誠)
  山岸智(交代:FW播戸竜二)
FW: 巻誠一郎(交代:我那覇和樹)
  佐藤寿人(交代:MF 羽生直剛)

◆追伸

昨日の今日ですが、仕事決まりました。


視察「はなまる・おめざフェア」

新宿タカシマヤで開催されている「ありがとう10周年!超はなまるマーケット大感謝祭スペシャル!!おめざフェア」に行ってきました。


「おめざフェア」ポスター
TBSテレビで放映中の人気番組「はなまるマーケット」の企画展で、同番組のゲストコーナー「はなまるカフェ」にて紹介された「おめざ」(おすすめ食品)取扱店が多数出展しています。


私のお目当ては、イートイン。
いわずと知れた京都の有名甘味処「都路里」の「特選都路里パフェ」を食べたかったのです。


汐留店では違うメニューを食べたので今度こそ。抹茶や玄米のアイスに抹茶ゼリー、抹茶カステラ・抹茶シャーベット…「都路里」の味のすべてが入ったこの特選パフェを——


Omeza_1
半券


Omeza_2
お茶。わくわく。待ち遠しいよう。で。


来ました!!


特選都路里パフェ
特選都路里パフェ♪


特選都路里パフェ
アップ♪


特選都路里パフェ
アップ♪♪


特選都路里パフェ
アップ♪ ♪♪


特選都路里パフェ
アップ〜♪ ♪♪


ゲプッ…


小食の私には、ちとキツイ量でした…


催事場は、平日にも関わらずすごい人。「はなまる」出演者が案を出して作ったというスペシャル弁当もすごい売れ行きのようで、私が着いた時(11:30AMくらい)には売り切れていたみたいです。


秋元康のおめざだったというプリンももうなかったし、「ベアホリック」のベアケーキもすごい列が出来ていました。


「これを買いたい!」というおめざがある方は、できるだけ早い時間にいった方がいいかもしれません。


さて。


なんで平日にデパートへ?


実は、先週の金曜日をもちまして長年勤めていた派遣先を辞めまして。


Pict0015_8
同僚からいただいたお花♪


今年は夏休みも取らなかったので現在、勉強休暇と称してお休み中。


だったら…勉強しなくちゃねえ…でも、すぐ帰ってきたから許してくれい。

助けて、スケバン刑事

お肌の乾燥が気になるお年頃。スプレータイプの化粧水を顔に一吹き——したつもりだったのだが。


ビシッ!


眉間に突き刺すような痛みが走った。


!?


アサシン(暗殺者)——?


ナラリーノ国国家元首を亡き者にしようとする輩が——?


机の下に潜り込むナラリーノ
慌てて机の下に潜り込むナラリーノ。


 

机かぶっちゃってる閣下を、誰か助けて!


***************


現在、某ケーブルテレビ局で懐かしのドラマ『スケバン刑事』再放送中。浅香唯がヨーヨー片手に悪と対峙する学生刑事・麻宮サキを演じたシリーズ第3弾『少女忍法帖伝奇』がそれ。


このシリーズでの麻宮サキは強くて可愛い「風間3姉妹」の末っ子という設定。姉ちゃん役は大西結花、中村由真。3人とも、正義と気合いに満ち満ちてセリフが棒読みになっている。


CGなんてなかったあの頃。


3姉妹は、威力の「イ」の字も感じさせない武器を片手に奮闘している。


浅香唯が振り回すヨーヨーはともかく、次女役の中村由真なぞ「リリアンとかぎ針」で戦っている。


どんな幼少期を過ごせば、武器がリリアンな少女に育つのだろう。


Yahoo!で調べたとて、そのバックボーンはわからない。どなたかご存知?


『必殺仕事人』の組紐屋の竜(by京本政樹)のファンだったのだろうか。それなら良しと思いつつ、視線は長女役の大西結花へ。


大西結花。彼女に至っては、折り鶴が我が身を守る武器。


結花姉ちゃんの折り鶴。一見、素材は金属。だがどう見ても、一度投げたら戻ってこない代物。


走って——取りに行くのだろうか。


素手で戦うという選択肢は、風間3姉妹には与えられなかったのだろうか。


敵役もしかり。第5、6回の敵の武器は鈴だった。しかも、小指の先ほどの小さな鈴、だ。


◆小さな鈴の役割と効能

1.投げる→当ると痛い
2.鈴の音を聞かせる→聞いた人は死にたくなる


おわり。


このあやかしの鈴の魔力を封じる手。それは!


◆鈴の魔力の封じ方

もっと大きな鈴を鳴らす


おわり。。。(浅香唯がデカイ鈴を鳴らしたら勝負に決着が着いた。)


平和だ。。。


さて。ナラリーノの眉間を貫いた衝撃の正体だが。どうやらスプレーの口が詰まり、化粧水が一気に、一直線に噴出した模様。キリでも刺さったような感覚は錯覚だったのか?


爆弾や銃ばかりが、人を傷つける武器ではないらしい。リリアンだって折り鶴だって愛用しているスプレーだって凶器になることを知った秋の日であることよ。


平和国家を目指すナラリーノ国。国家元首を守る武器は——


ナラリーノ国の武器
折り鶴かかぎ針、もしくはスプレー。
※でも、顔に向けてはいけません。


実録☆ナラリーノ国 その5

※ 「実録☆ナラリーノ国」その1〜4はカテゴリー
「コレクション」をご覧下さい!

ナラリーノ、寝込む
光圀「ナラリーノ様、お加減いかがですか?」
ナラリーノ「咳が・・・止まらぬ・・・」

続きを読む "実録☆ナラリーノ国 その5" »

久々の帝国、席そして尻

先日、青山劇場でつかこうへい作・演出の舞台『蒲田行進曲 〜城崎非情編〜』を見る機会を得た。チケットをいただいちゃったのだ。


誰が出演するとも知らぬまま行くつもりでいたところ、話を聞いているうちに主演が少年隊の錦織一清氏ということが判明。


その他、佐藤アツヒロ(元・光GENJI)やジャニーズjr.の風間俊介も出るという。


こんにちは、久々のジャニーズ帝国。。。


席は2階の一番後ろ。


しかしながらド真ん中、そしてその列に限っていえば、なぜか私以外誰も座っていないという豪華さ。


なんだか…貴賓席みたいだ…。


私が国家元首、だから…?


芝居の世界が繰り広げられる前にすでに妄想の世界で楽しむナラリーノ。立ち上がったら拍手が沸き起こったりしたりなんかして?


で。『蒲田行進曲』。舞台のほか、映画、小説にもなっている、いわずとしれたつかこうへい氏の代表作だ。


映画スターの銀ちゃん(錦織)と大部屋俳優ヤス(風間)。ふたりの役者バカが映画『新撰組』のクライマックスシーン「階段落ち」をめぐってぶつかり合う。重ねていうが最後尾、ド真ん中。出演者の皆様が、私に向かってセリフを吐いているような錯覚感。


「あの汚い女中が!」


舞台から指差されたのは私?いやいや、私は女中ではなくナラリーノ国の国家元首なのだが。。。


で、感想。


会場の皆様は、随分と泣いていた。私はちょっと、入り込めなかったのだが。


映画と本数冊で触れただけだが、つかこうへいの作品って、ドタバタの中に何かに魅入られてしまった人特有の狂気が散りばめられていて、恐い。


そんな恐さが、舞台からは伝わってこなかった。貴賓席だったからかもしれない、残念。


帝国の舞台、ちと消化不良だったのでDVD『フライ,ダディ,フライ』を見る。


なぜに?


V6の岡田准一くんが出ていたから——


——って全然、話が繋がっていないが——?


『フライ,ダディ,フライ』。直木賞作家・金城一紀の同名小説を映画化。娘に大けがを負わせた男への復習を誓う中年男性(堤真一)と、彼に喧嘩を教えることになった在日コリアンの高校生(岡田)の友情物語。


青くて広い空を多用した画面。家族愛。徐々に培われていく男同士の熱い友情。


心洗われるような爽やかさ。話も顔も全てが美しい。


堤真一。


去年、舞台『吉原御免状』でふんどし一丁の堤真一を見た。


尻の引き締まり具合が見事だった。


見上げれば、尻。最前列のお客さんは、さぞ照れたことだろう。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

Amazon商品検索