2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 酔いどれて、大江戸線 | トップページ | 一輝、何してる? »

決意表明(ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の話)

『勝』。


貴乃花の兄ちゃんでもなければ中村玉緒の旦那のことでもない。


2006年の成人式。KAT-TUN 亀梨和也が絵馬にしたためた文字である。その決意表明のままを行く最近の亀梨和也であることだ。


早くも月9ドラマ『サプリ』に出演中の亀梨くん。もう一人勝ちと言っていい様相を呈している。


しかし。


残念。『サプリ』の初回視聴率は低空飛行だった模様。


私は、演技をする伊東美咲が好きではないので個人的にはNGだった『サプリ』。いちおう途中まで観たのだが、好きになれそうにないので消してしまった。


だから。
今日はいまさらながら、亀梨くんが過去に出演(主演)したドラマ『野ブタ。をプロデュース』の話をしよう。


あのドラマは本当にいいドラマだった。
高校生の、ありがちな青春物語に終わらずに「人間が、この世界を生き抜いていくこと」がいかに大変で、いかに強さとしぶとさが必要かを描いた骨太ドラマだった。


第1回の放送にて。
それを手に願をかけると希望が叶うと言う“サルの手”を得たイジメられっこの主人公・ノブコは、自分をイジメまくる宿敵・バンドウがこの世からいなくなることを心から願う。


が、ちょっとしたことをキッカケに、ノブコは自分が生きていける場所がこの世のどこかに必ずあることを信じるようになり「バンドウ、いなくなって」という願いを取り消すのだ。


「私は、バンドウがいるこの世界で生きていく」


自分の決意表明の強さに尻餅をついたノブコがカッコ良すぎて、私もひっくり返りそうだった。


このドラマは、お話のところどころに胸を突くようなセリフやシーンが散りばめられている。特に「“特別出演”NEWS・山下智久の糠床シーン」は、観た人間誰もが号泣必至といった名場面で、私も社食でここの話をしているうちに思い出し泣きする程、感動的な場面であったのだが。


今振り返れば、この第1話のノブコ決意表明の場が一番胸に迫る。


私たちは、たぶん何があっても生きていかなくてはならない。不愉快なこと、不条理なこと、自分ではどうすることもできない何かに立ち向かいながら。


そしてその“生きていくための負けん気”を支えるものが何であるかを、このドラマは説いている。辛いこの世を生きる大人にこそ観て欲しいドラマだ、『野ブタ。をプロデュース』。


ちなみに。


私、DVD持っているんで。


観たい人、貸すから言ってくれーーーー!
↑ナラリーノの決意表明。すんません、こんなんばかりで。(国家、どうした!?)


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

『野ブタ。をプロデュース』あらすじ

学校一の人気者・修二(亀梨)のクラスにノブコ(堀北真希)が転校してきたが、クセのある外見と周囲に馴染もうとしない態度が反感を買い、ノブコはイジメの対象に。

その姿を見かねたクラスの変わり者・彰(山下)が修二にノブコのプロデュースを提案。

「ノブコ=ノブタを学校の人気者にしよう」を合い言葉に、3人の友情と結束は深まっていく。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

« 酔いどれて、大江戸線 | トップページ | 一輝、何してる? »

Johnny's」カテゴリの記事

ドラマ:野ブタ。」カテゴリの記事

コメント

なんか、ツボが同じすぎます~!
私も、『野ブタ。をプロデュース』を見ましたよ!
伊藤美咲が月9やら木10の主役を張るのが疑問でしょうがないんです。
あの人のしゃべるセリフって、
いまいち感情がこもってないように聞こえちゃう。
亀梨クンは『ごくせん』でちょっとはまりました。
今回の月9もけっこういいですね♪
私の楽しみ方は、パソコンでもやりながら、
亀梨クンがバ~ンと出てきた時に手を止めて見るって感じです。
そうすると、いちおうセリフは耳に入っているので、あらすじは把握できるという利点があります。
ナラリーノさんが「ながら」族ならお試しあれ!

☆kappyさん
そうそう!伊東美咲のセリフのしゃべり方が
イヤなんですよ〜〜〜棒読みで。
映画の『海猫』観に行った時も、佐藤浩市とかが
上手な分、完全に浮いていた。。。
>ナラリーノさんが「ながら」族ならお試しあれ!
わかりました!『サプリ』自体は人気の漫画が原作みたいだし
来週からはブログ更新しながらチェックしてみますぞ!

こんばんわ(*゜▽゜)ノ
私も「サプリ」はちょっと期待はずれでした...
なぜか集中して見る気がしなくて
用事やりながらチラチラ見る感じ^^;
「野ブタ」は見ました。最後が小説の方とはちょっと違うけど、いいドラマでしたよね^^
何回か泣いたなぁ。
あのドラマの亀梨君はかなり当たり役だったと思います。

ところでナラリーノさんのブログのカテゴリー、私の気になるものが結構あって、ちょっとうれしくなっちゃった☆

♪ホワイト・リリーさん
おはようございます。
ここにも「『サプリ』×派」が。
やっぱりちょっとつまらないですよね、あのドラマ。
そのかわり『野ブタ。』は大好きでした。
修二や物語のいいイメージが強すぎて比べちゃうんです。
『野ブタ。』と『サプリ』。内容は違いすぎますが(^^)
ホワイト・リリーさんのブログも気になるお話が
いっぱいです。また遊びに行きますね〜〜〜

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/10983207

この記事へのトラックバック一覧です: 決意表明(ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の話):

» 7月15日(土) [Our Mother Country]
土曜日に真樹は塾へ行っている。僕は塾の入口が見える位置で電柱の影に隠れた。そして、塾が終わって真樹が出てくるのを待った。 何時間待ったんだろう…5時間くらい待った。  塾が終わって、真樹がやっと出てきた。同じクラスの友達と出てきたので、後をつけた。しばらくして... [続きを読む]

» サプリ 伊東美咲ちゃんのドラマから、うれしいプレゼント!! [亀田三兄弟に負けるな!家族を大切にするブログ ]
サプリ 伊東美咲ちゃんのドラマから、うれしいプレゼント!! 「サプリ」オリジナルサウンドトラックCD 8月9日発売! [続きを読む]

« 酔いどれて、大江戸線 | トップページ | 一輝、何してる? »

Amazon商品検索