2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 敗北C・ロナウド | トップページ | 戌年アッズーリ »

俊輔ガンバレヨ

ドイツW杯の決戦の場から日本代表が戻ってきた後、そして中田英寿選手が引退を発表した後。一番気になっていたのは「俊輔、どうした」ということだった。他の選手たちに比べ、俊輔だけが露出度が少ないように思えたからだ。


そしたら。昨日、TBS系サッカー番組『SUPER SOCCER』で俊輔のインタビューが放送された。期待されながらもグループリーグ最下位敗退という結果で終わったドイツW杯を振り返るという形で。


俊輔。
4年間、目標にしていたドイツW杯での活躍。ようやく掴みかけたそれが、サラサラと手のひらからこぼれ落ちてしまった後だ。茫然自失といった姿かと思いきや、俊輔はとても静かで落ち着いていた。


早過ぎる敗退も、自分の調子が上がらなかったことも、責任を全うできなかったことも、ただただ静かに受け止めていたように見えた。


でも、人があまりに静かにしている様は見ているこちらも苦しいものだ。


代表選手の気持ちの温度差についていろいろな報道があったし、いろいろな意見もあったけれど、どのみち私はその場にいないし人の真意なぞわからない。


ただ、中田ヒデについて俊輔が語ったコメント、私はとても好きだ。


「厳しい決断をしたのだと思うからソッとしてあげたまま、お疲れ様って言いたい」


俊輔は、いいヤツだ。俊輔は、強くないけど、その分、ぼきっと折れないしなやかさがある。


そしてもう、前を向いていた。


「走るサッカー」を全面に掲げるオシム監督が俊輔を代表に選ぶのか。おそらく俊輔ファンの多くが気にするそのこと。やはり、本人も同じ不安を持っているようではあったが。オシムの考えが“考えながら”走るサッカーならばそれは俊輔の得手といっていい。


だからこそクラブで頑張って、また日本代表に入れれば…と俊輔はこれまた静かに語っていた。


ナラリーノ国は、これからもサッカー人生を続けていく俊輔の私設応援団。で、いずれナラリーノ国のサッカー代表に俊輔招集予定。


たぶん控えの選手は送れないだろう。死んでも出ずっぱりだ、ナラリーノ国代表。


« 敗北C・ロナウド | トップページ | 戌年アッズーリ »

sports(サッカー)」カテゴリの記事

コメント

先日ここにコメントを書いたらココログに「メンテ中」と言われ、
悲しく退散いたしました。
そして何書こうとしたかイマイチ忘れた。
とにかく私も俊輔のインタビュー見たのよ。
で、ヒデへのコメント聞いて、いいヤツーと私も思った。
フクちゃんなんてどっかのニュースで
「この結果なのだから(ヒデの言いたかったことは)
皆に伝わってなかったってことじゃないすか?」
的なことを言っていて、
うーん、フクちゃんキツいぜ。顔も怖いし。と思ったよ。
あとなんだっけ。。。まぁいいや、以上。

☆アリミツォーネちゃん
私も見た!フクちゃんのコメント!!!
すっごい冷めていたよね?
視線も冷たかった。いい男だからなおさら
そう見えるの・・・?フクちゃん。
メンテ中ってコメントも書き込めなかったんだね。
失礼致しました。ううう、3日も更新&書き込み不可なんて
大事なお客様を逃します、ココログ!!!!

模様替えっすね?
キュートなお色♪

フクちゃんのコメント、私も見ました。
フクちゃんもけっこう好きだけど、このコメントについては、
おいおい!冷たすぎやなかろうか?と思いました。
でも、W杯で一緒にやった人々は俊輔みたいな反応か、
フクちゃんみたいな反応かの二手に分かれている気がします。
フクちゃんサイドは、フクちゃんほど冷たくなくても、
あっさりっつうか「そっとしておいてあげる」感が感じられないのですよ。
しょうがないといえば、しょうがないのかなぁ~

☆ Kappyさん

えへへ、kappyさんの真似して模様替え☆
フクちゃんのコメントは・・・
ホントに冷めていたなあ。。。
正直、“意見”なので自由だとは思うの、
どういった態度をとっても。
でも・・・アレは。。。「やはり何かあったんだ!?」って
再び、うがった見方をしちゃうほどに冷めていた、
フクちゃんよ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/10860736

この記事へのトラックバック一覧です: 俊輔ガンバレヨ:

« 敗北C・ロナウド | トップページ | 戌年アッズーリ »

Amazon商品検索