2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 芝桜で桃色吐息、だったのに | トップページ | マルガリータ・ミドリ »

『大奥』、再放送開始

今日は風薫る5月に相応しい話をするつもりだったのだが。北村一輝が将軍・家定を演じた『大奥』の再放送が始まってしまった。


『あな誰』未だ見ていない私に神様からプレゼント?


神様、ありがとうございます。私、何もいいことしていないので恐縮しきり。


前述の『大奥』、オンエア時にザックリながら視聴済み。


でもあの時代はBK(ビフォー・キタムラ)ゆえ、今回は一輝に焦点を当てて見ねばなるまい。


さて、菅野美穂。可哀想な、でもこの時代なら致し方ない女性として登場。


相思相愛の婚約者がありながら一族のために青木ヶ原樹海似の男(一輝)の嫁にならねばならぬ。


しかも一輝扮する家定、世間から暗愚だ何だとボロクソに言われるような殿様だった。


おまけに「一度見たら忘れられない、ゾーッとするようなご面体」とまで言われている。


一輝本人の顔の話ではないという事はわかっている。


でも可笑しくて仕方ない。


“一度見たら忘れられない”。


ごもっとも。


菅野美穂。
いきなり短刀で自らの胸を突こうとした。樹海到着前なのに自殺未遂。それほどに、婚約者への愛とまだ見ぬ樹海の妖気は凄まじいようだ。


一輝。
先妻もそのまた先妻も亡くなってしまい、菅野は3人目の奥さんという設定。


家来たち「大奥は祟られているのじゃ」


…。


私は今までさんざん一輝を青木ヶ原樹海呼ばわりしていたが、それはあくまでも彼の何とも言えない妖艶さを例えていただけ。しかし。


祟り祟られ振り振られ。一輝には、霊魂と生霊がよく似合うようだ。まさに存在自体が青木ヶ原樹海であったのか。


その存在感をもってして。


殿様なのに、ダルそ〜な歩き方。
殿様なのに、ダルそ〜なセリフ。


愚鈍か繊細か。その紙一重な天秤の傾きを一輝は第一回目から、見事に演じていた。


凄いね。。。


余談。
CMで小池徹平がドラマ『医龍』の衣装で


♪ ちょぴハピ、きっかけは〜フジテレビッ!


と、やっていた。


一輝も、今にやるのだろうか…?


・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆

ドラマ『大奥』について

江戸時代末期。将軍の妻妾とそれに仕える女性たちが暮らす“大奥”で繰り広げられた愛憎劇を描く。主演は菅野美穂(13代将軍家定の正妻・篤子役)、浅野ゆう子(大奥総取締役・瀧山役)。

北村一輝は、世間から愚鈍と噂される将軍・家定役。

…一輝の時だけ「家定厄」と変換されたので心底驚いた。


・‥…━━☆・‥…━━☆・‥…━━☆

« 芝桜で桃色吐息、だったのに | トップページ | マルガリータ・ミドリ »

ドラマ:大奥」カテゴリの記事

コメント

>殿様なのに、ダルそ〜な歩き方。
>殿様なのに、ダルそ〜なセリフ。

>愚鈍か繊細か。その紙一重な天秤の傾きを
>一輝は第一回目から、見事に演じていた。

ほんとにそうですねえ。実は、再放送始まる前に、オークションで1500円で購入してました。(中国語字幕入り((..;)
あな誰か、華の乱も購入しようとおもってるんだけど、購入したら、再放送しそうです。

スペシャルでは、カステーリャを作るシーンが
あるんだけd、中国版、見事に一輝氏のシーンばかりカットされてました。6枚DVD入ってて、スペシャルつきだったので、文句は言えませんが
あのカステーリャのシーンがないのが惜しい。

お寝間で構えた刀にも、動じず、布団のゴロンと
押し倒すシーンは、まさにKAZUKIの真骨頂ですね。後半で登場する家定そっくりの僧侶・柳丈も好きです。医龍は、基本的にKAZUKI氏抜きで観ることにしました。が、ちょっと期待。
大奥始まったんで、そろそろ、もしかしたら、霧島の出番近しか?とかね。


誤字脱字すごっ、詠みづらくてすみません。
ところで、きっかけは~♪
ハリー@小池の髪は、逆毛をたてた女の子のように思えるんですが(笑)フジも、てっぺいちゃんを押してますね。

『大奥』中国語字幕入り!
浅野ゆう子が「殿、おはようございます」とかいうと
「ニーハオ」(漢字書けない)って
書いてあるんでしょうか。
いいっすね☆

>中国版、見事に一輝氏のシーンばかり
カットされてました。

中国人にはわからないのかなあ、一輝の魅力。。。
フジのきっかけは〜♪は、テッペイちゃんばかりだし。
フジもわからないのかしら、一輝の魅力を。
(そのわりによく使っているような)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/9963079

この記事へのトラックバック一覧です: 『大奥』、再放送開始:

« 芝桜で桃色吐息、だったのに | トップページ | マルガリータ・ミドリ »

Amazon商品検索