2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 今週の通勤魂!(4月10日〜) | トップページ | 新ドラのリスト その1(『プリマダム』) »

哀しくても、揺るがない

人生なんて哀しみだらけだ。今週は春の新ドラ開始weekである。


先陣を切って、今夜22時から『ブスの瞳に恋してる』が始まる。休みっぱなしの国家元首業をさらに休んでドラマを見、ブログに反映しようと思ったら、今晩、ココログがメンテを行うという哀しみに見舞われた。


また更新できなくなるのか…。


またシステムの不具合が続くのか…。


これと同じことを我が職場のチームは顧客に言われ続けているのであろう。


哀しいね。。。


ささ、ガックリする前にとっととブログをアップしよう。哀しむヒマはない、またココログがヘンになる。


なので、見る前からその思いを語らねばならなくなったフジテレビ系ドラマ『ブスの瞳に恋してる』。主役がSMAP・ゴローちゃんというのがいい。


蛯原友里という美人の恋人がありながら森三中の村上知子に気を許す、そんな役柄であるらしいゴローちゃん。


ゴローちゃんという日和見的な、輪郭のハッキリしない人ならばそんな大人の童話もアリだろうと思わせてくれる憎いキャスティングだ。


ゴローちゃんなら、このドラマにさりげないリアリティと温かな笑いを提供してくれそうだ。村上知子が実直な女の子を演じるというあたりそこはかとない哀しみもプラスされるかもしれね。


キャスティングって、なんて大事なのだろう。


このドラマの主演が木村拓哉であるならばまず設定自体がありえない話になるし、香取慎吾であるならばコメディ色が強くなりそうだ。


ましてや、中居/クサナギを飛び越して北村一輝が主役を張ったなら、どんな魂胆で村上知子に近づいたのかを紐解くミステリーになるか、育ててとって喰らうのが目的か、といぶかしむオカルトへとドラマが転じる恐れがある。


…一輝。あたし、なんか哀しいよ一輝。


昨日の『笑っていいとも!特大号』出ていたんだね。。。


アーチェリー、ヘタだったんだってね。。。


あたし、ギリギリでアンタが「ガチョーン」のジェスチャーやってたとこ見たよ。。。


周囲の人々が一輝の腰の低さと、あまりの小心ぶりを嬉々として語るのを聞くにつけ、井上陽水の『ジェラシー』が心の荒野にこだまして、寒い。


新聞をチェックしなかった我が身の不甲斐なさが春の霧雨のように心をジットリと濡らすことだ。


♪ ジェラシー…


寒いよ寒過ぎるよ、いっそ陽水のモシャくれた頭に火でも灯して暖まりたい。


頭と言えば。


一輝のヘアスタイルがテクノカットだったのには驚いた。


一輝がいる場所だけが、80年代の瞬きというかなぜに「いいとも!」にデビッド・ボウイが出ちゃっているのか全くわからないといった風情があった。


頭といえば。


B'zの新曲『ゆるぎないものひとつ』。


ジャケ写の稲葉さんのオデコがやっぱり。。。


哀しくないの?稲葉さんは。


いや、私は平気だよ。


哀しみの風が稲葉さんの髪の毛を揺らしても、私のB'zへの愛は絶対に揺るがないよ。


さささ、アップ、アップ。

« 今週の通勤魂!(4月10日〜) | トップページ | 新ドラのリスト その1(『プリマダム』) »

B'z」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
樹海の闇を超えて…。

>北村一輝が主役を張ったなら
どんな魂胆で村上知子に近づいたのかを
紐解くミステリーになるか
育ててとって喰らうのが目的か、と
いぶかしむオカルトへとドラマが転じる恐れがある。


おもしろい話ですね。確かに、そんな感じになるかもネエ♪

なかなか、ゴローちゃんの飄々とした感じも
良かったと思ってみてました。
多分、来週もみるかも。

腰の低さは有名みたいだけど、やっぱ下隅長かったから、良い方に考えよう。
あのシャイな感じで、カメラに向かうと、
宇宙人になって、地球丸ごとガブリッも、出来ちゃう匠の技の持ち主

天才は、「民」に迎合しないのさ。Ψ(`∀´)Ψ

テクノカットという言葉、久々に思い出した。

これは「後キャスティング」だろうからゴロウちゃん正解だよね。

ほら、最近枠と役者ブッキングしてそこに脚本当てるからはず氏がないんだけど、これは原作ありきだからなぁ。

ま、脇役でも良いから出てみたいドラマだよねぇ(-=;

これは「後キャスティング」だろうからゴロウちゃん正解だよね。

ほら、最近枠と役者ブッキングしてそこに脚本当てるからはず氏がないんだけど、これは原作ありきだからなぁ。

ま、脇役でも良いから出てみたいドラマだよねぇ(-=;

#銀杏さま
一輝のアーチェリー、見ましたか?
(しつこい)
今期一番のドラマは『医龍』として、
『ブス恋』もなかなかオススメです。

>天才は、「民」に迎合しないのさ。Ψ(`∀´)Ψ

・・・じゃ、私も。。。

# なみちゃま

>これは「後キャスティング」だろうから
>ゴロウちゃん正解だよね。

うん、やっぱりハマっていたよね。
脇役なら・・・なみちゃん、どの役やりたい?
是非見てみたいのは、船越栄一郎がやった
お茶目に飛んでる脚本家のなみバージョン。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/9539429

この記事へのトラックバック一覧です: 哀しくても、揺るがない:

« 今週の通勤魂!(4月10日〜) | トップページ | 新ドラのリスト その1(『プリマダム』) »

Amazon商品検索