2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

« こんばんは、深夜 | トップページ | 野党「紫外線党」 »

アレルギー対策報告書☆その1「紫蘇ジュースの作り方」

スギ花粉、絶賛散布中。この世のスギを根こそぎ伐採したいと願う人も多かろう。


今のところ私は花粉症に罹っていないのだが、ハウスダストアレルギーである上に血液検査の結果、そろそろ花粉症の症状が出てもおかしくないとの診断を得た。


それは嫌だ!


だから、極力花粉症にならない努力をしている。


そのうちのひとつが、母アイコお手製の「紫蘇ジュース」爆飲療法。


紫蘇はアレルギー症状を緩和する効果があるというから、爆飲しておけば体内のアレルゲンが爆発しない、かもしれぬ。


さあ、興味のある方はさっそく紫蘇ジュース作りにレッツトライ!!!


∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽

◆紫蘇ジュース 材料

赤紫蘇 1束(使うのは葉の部分のみ) 
グラニュー糖 300〜500g
米酢 少々

1.茎から取った赤紫蘇の葉をよく洗う。
2.中鍋にお湯を沸かして紫蘇の葉を茹でる。
3.お湯が沸騰して葉が茹だったら鍋から葉を取り出す。

Point!葉っぱを絞れば煮汁の量がアップ!(byアイコ)

4.鍋に残った湯をキッチンペーパーで漉してから冷ます。

Point!2〜3回漉すとジュースが綺麗に♪(byアイコ)

5.冷めた煮汁をもう一度火にかけながらグラニュー糖300〜500gを入れて溶かす。

6.火から下ろした「5」に、味を見ながら米酢を適宜入れる。

Point!お酢は多めの方が美味しい&お酢を入れるとアラ不思議、煮汁の色が綺麗な紫色になります(byアイコ)

7.煮汁の粗熱が取れたらビンやペットボトルに入れて冷蔵庫で冷ます。

∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽


アイコのポイント通り、我が家ではかなりお酢を入れて酸味の強いジュースに仕上げている。グラニュー糖も入っているので「甘酸っぱい」という例えが近いかと思う。


私は紫蘇の味および酸味はまるで気にならないタチなので、グラスにジュースをドクドクとそそぎ、氷で割って飲んでいる。


濃い味が気になるという人はお水で薄めても良いだろう。炭酸で割る、ほかの飲み物と混ぜる…といった冒険をしたことがないゆえ、これ以外の飲み方についてはオススメできないが勇気ある者は試してみるが良い。


ちなみに気になる効き目であるが、口に入れるものだけあってノドの症状——痒みやイガらっぽさ——には効果的だと思う。また、学生の頃と比べてアレルギー症状自体、収まっている気がする。


私が国を造ったらスギ撲滅!と言いたいところだが、それも難しかろうしそもそもスギに罪はない。


ならば!


スギ花粉に限らず、ブタクサやら綿花やらといった様々なアレルギーに悩む人たちが少しでも快適な生活を送れるよう、支援しようではないか。


と、いうことでナラリーノ、「アレルギー国家対策委員会」を設置!


対策のあれこれを、ここで紹介させていただきまっす!


来週の新ドラ特集(予定)を前にして、やっと国家元首っぽい私になってきた。。。


∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽

ナ国のアレルギー対策報告書
その2「パパブブレの飴」
その3「おいしすぎるトマジュー」
その4「告発の会」???

∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽

« こんばんは、深夜 | トップページ | 野党「紫外線党」 »

おいしいもの(etc.)」カテゴリの記事

コメント

うちの「あきよ」は、
檜>杉>麦>トウモロコシ>稲>ススキ>ブタ草とリレーするアレルギーのオーソリティー。

彼女の対策は…

ストナ。

「あきよ」、辛過ぎるよ(涙)
そのリレーだと、気分がスッキリな時期って
・・・・真冬はOK?
檜って建物でもアウト?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166140/9431416

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー対策報告書☆その1「紫蘇ジュースの作り方」:

» やずやの黒酢 [黒酢ダイエットをはじめよう!]
やずやの黒酢は中国の香醋(こうず)です。 [続きを読む]

« こんばんは、深夜 | トップページ | 野党「紫外線党」 »

Amazon商品検索