2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ

トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

犬好き、集まれ!

犬好きの民よ。この叫びが聞こえたら答えて欲しい。
愛犬にして老犬モモ(メス・14歳)の様子が変なのだ。天使のようにおっとりとしていたモモが積み木くずしばりにグレてきた。


老犬とは、こういうものなのだろうか。


◆老犬とは、こういうもの?

その1:コミュニケーションが取れなくなる


帰宅すると、キューキュー鳴いてすり寄ってくるので「ただいまー、モモちゃー…」と近づいていくと


ブワウバキャン!


声を限りに吠えまくる。


飼い主帰ってきて嬉しいの?嬉しくないの?


その2:こらえ性がなくなる


持病の外耳炎がぶり返さないように洗眼も兼ねて週に1回、獣医さんのもとに通っている。
以前は、研修医の練習台に推薦されるほど大人しかったのに、今は治療中、診察台の上で大暴れ。


先生「モモちゃん、今まで我慢してたんですねー」


その3:意地汚くなる


モモの好物は沖縄黒糖でできた飴。グルメな彼女は決まったメーカーの黒糖飴しか食べなかった。


最近は、口に入ればなんでもOK。


しかも、飴をしまってある棚に突進→飛び上がって勝手に飴ゲット→飴を袋ごとムシャムシャ食べる


お腹にいいわけがないので必死で口の中の飴(の、袋)を取り出そうとするのだが、近づくと噛み付くので危なくて近寄れない。


家族4人がモモを囲んで「出しなさい!出しなさい!」と追い立てる。


その風情、ちょっとカゴメカゴメ。


食べこぼしたエサを拾おうものなら大変だ。走り寄り、「これは私の!」とばかりに噛み付いてくる。


モモよ。。。


悲しみのなんちゃって七言律詩、ここで詠む。


モモ

我想桃食布団上

枕上在人参欠片

桃隠肉片毛布中

我似野獣彼女目

我不飢餓食犬飯

(訳)
私の留守中、モモは私の布団の上でエサを食べているようだ。
枕カバーには人参の欠片が貼りついており、
毛布の下には肉の固まりが隠してある。

彼女にとって、私は彼女のエサを狙う野獣。
私は犬のエサを食らう程、飢えてなどいないのに。


どこか具合でも悪いのだろうか。
何か私に訴えたいのだろうか。


飼い主だってデブなのに「モモちゃん、お腹ダブダブしてるからオヤツなし!」と、言い放ったこと。


飼い主だって頻尿なのに「モモちゃん、なんでそんなにトイレに行くの?」と、問うたこと。


飼い主だって負け犬なのに「モモちゃん、年寄り・未婚・子どもなし。おまけに犬だしホントの負け犬だね!」と、笑ったこと。


繊細な彼女を傷つけてしまったのだろうか。


私は飼い主として、積み木がくずれた愛犬に何をしてあげれば良いのだろう。


建国の後、彼女はお犬様としてあがめ奉られる運命にあるというのに。


不安にかられる、戌年の2月。

頭皮の毛穴、根掘り葉掘り

どうすれば、髪の毛フサフサになるのだろう。


ワタクシ、薄毛。女だてらにハゲそうな自分を気にしている。


健康な髪の毛はまず頭皮から。痩せた頭皮を健康な状態にし、毛穴に詰まった汚れを取れば育毛剤の浸透も良くなるらしい。


毛穴の汚れかあ。。。


そんな折、近所に新しいヘアケアクリニックを発見。その名も「ああ!頑張ります!株式会社」だ。


ならば私の髪の毛を生やすべく頑張っていただこうと、さっそくヘアケア=ヘッドスパをお願いすることにした。


まずは会社の代表にして毛髪診断士であるカバサワジュン先生にマイクロスコープを使って私の頭皮のチェックをしていただく。


◆診断結果

脂分が浮いており、毛穴につまりが見えるものの赤くうっ血した箇所はなく、おおむね健康。


そんな私の頭皮にピッタリのヘッドスパは?気になるコースを発見した私はさっそく質問。


「あのー…この『馬の精力コース』っていったい…」


妄想開始。ヘッドスパ終了後頭の上で猛り狂って、いななく私の髪の毛。


メス馬めがけて突進する私の髪の毛と自分の髪の毛にひきずり倒される、本体であるところの私。私は半身半獣・射手座の生まれだがまさか髪の毛が馬になろうとは思わなんだ。


妄想を断ち切るように、カバサワ先生は言う。


「『馬の精力コース』は馬のたてがみエキスを利用したヘアケアです。欧州で、馬の脊髄から取った物質を放射線被爆治療に使ったら髪の毛も生えてきたそうなんです。そこから生まれた、科学根拠のあるケアなんですよ。」


さすがは馬の精力…


しかし、この「馬の精力コース」、頭皮が脂っぽい男性向きのスパだそうで、私はエステ効果を重視した「海泥パック」をお願いしてみた。


内容はこんな感じ。


1.しっかりシャンプー
2.特殊なブラシを使ってマッサージ
3.「天然クレイ」で髪の毛をパック


このパック、メンソール配合でかなり頭がヒンヤリする。このまま放置されたら凍死するやもしれん。


その心配を打ち砕いてくれたのが


4.マイクロミストを使用したスチームパック


袋?をかぶって蒸されること数分。袋が膨らみ、ワタクシの見かけはキノコのパイ包みスープになっておる。


5.微弱電流を流して頭皮指圧
6.冷たいムースで頭皮引き締め


ここで再び凍死寸前。


7.血行促進マッサージ
8.髪の毛を乾かす


ヘッドスパ自体は、ここで終了。全50分の行程。お茶をいただきながら再度頭皮&ヘアチェック。


お!


完全とはいえないまでも、スパ前のテカテカしていた頭皮から脂分が取れている感じ。


汚れが取れたせいか毛穴に堀りの深さが見て取れる。


スパの途中に抜けた私の髪の毛も診断。常日頃「細い」と思っていた私の髪の毛は平均すると約0.07mmで日本人の毛髪の平均的太さだった。


最後にシャンプー&マッサージの仕方をレクチャーしていただき終了。


カバサワ先生曰く「このお店は美容院のケアに足りない『育毛』という観点をプラスした新しいヘッドスパを目指しています。利用者が続けて訪ねてくださるようにお値段も極力抑えています。」


たしかに気軽に髪の毛のことを相談するにはうってつけ。


頭皮の状態アンケートも書きたくない箇所——たとえば住所や電話番号と言った個人情報については記載不要というスタンスも良心的だ。


ちなみに。睡眠不足は髪の毛に良くないらしい。そして、悪しき習慣のトラブルは2週間後に髪の毛に現れると言う。


…トリノと母のミカン狩りのせいで、ワタクシ寝不足。2週間後、私の毛根はやせ細っているかもしれぬ。


それより、国家元首になったアカツキにはストレスで髪の毛が今以上にヤバくなるやもしれぬ。


その時は…「馬の精力」で喝を入れていただこう。


ああ!頑張ります!株式会社
「海泥パック」コースは6300円。
(サービス券使用で1000円引きでした)



バンクーバー五輪でスグれ!

荒川選手がトリノの女神にキスされて1日経過。
インタビュー受けまくりで気の毒な荒川とは対極に村主選手の姿に出会えない。


結果を受け止められなくてテレビ番組出演どころじゃないんだろうか…


と、心配していたら村主、エキシビジョンに参加していました。


ソルトレークで5位、トリノで4位。バンクーバーでは銅メダル、いやそれ以上かもしれん。


4年後は村主選手は29歳?フィギュア選手としては年齢が高いのかもしれんが、今以上に情感溢れる滑りをしていっそう煌めいていそうだ。


頑張れ村主選手!てか、バンクーバーは村主とミキティ、そして安倍官房長官似の浅田真央選手の3人で表彰台を独占して!


ようやくフィギュアが終わって睡眠摂れると思ったのに、母アイコに


「お姉ちゃん。おかあさんは明日、ミカン狩りに行くから5時半に起こしてくれる?」


と頼まれた。


しかたなく本日5時半起き。


アイコを見送り、寝ようとしたら愛犬モモが急に吐き出して汚物処理。


眠りの女神は、私にキスしてくれないようである。

金に染まれ!

いやあ、獲ったね金メダル!荒川選手 おめでとう!!!
ウォーミングアップの時の余裕シャクシャクって顔を見て「いける!」と思ったけど金とはスゴイ。


そして彼女はやはりデカかった。表彰台の上のスルツカヤやコーエンに氷上からハグしてたけど、台に乗っている彼女たちより大きかった。


出社後、同僚がトイレで「Y字バランス~~~」と言いながら足を上げたので、真似して「Y字バランス~~~」と足を上げたらスカートが「ビリッ!」といきました。


スケートとスカートに振り回される本日の私。そしてやっぱり早起きはキツイ。自席でイナバウアーもどきになる本日の私。

メダルに染まれ!(トリノ五輪☆女子フィギュアスケートの話)

トリノ冬季五輪・フィギュアスケート女子フリー。ただいま絶賛開催中。日本時間朝5時でございます。


あと少しで安藤美姫の順番が回ってくる。荒川静香、村主章枝両選手の演技は6時過ぎということなので、またブログに書けないが。


3人の登場時間を把握せず午前3時半起き、眠りに沈没しかけたSPの時とは違って全く平常心な私がいる。


今回の女子フリーのキーワードも「平常心」。


観客を魅了する芸術的な滑りはもちろんのこと、焦らず、ミスをしなかった者が勝利するという。


恐怖心を克服した選手が勝つということだ。


と、朝5時から宗形仁@『エースをねらえ』になる私がいる。


安藤は肩から腕がラベンダー色、胸元から下が薄い水色の衣装。刺繍(アップリケ?)も散らされていて華やか。SPのヨロイのような衣装より断然こっちの方がいい。


曲はプッチーニの『マダム・バタフライ』。そいでもって、序盤からいきなり4回転!飛んだーーーーーあああ、あーーーー…


残念!転んだ。決まらず…


転倒が響いているのだろうか(解説者によると、スタミナ不足らしい)後半のジャンプがことごとく決まらない。なんとも焦りのある顔をしている。


その時。五輪らしい心温まる場面が。


調子の上がらない安藤に、観客席から励ましの拍手が上がったのだ。


荒川や村主の演技を見て、その経験に裏打ちされた精神力に感動した。


押しつぶされたことで今まで以上に跳ね上がれる強さ。それは表現力や技術以上に
安藤が持っていない力だと思う。4回転に失敗したことも大舞台での拍手もいい経験になるといいね。


…私も頑張ろう…。


で、ミキティ。現在14人中5位。


安藤の次がエミリー・ヒューズ。米国のミシェル・クワンの代わりに急遽出場が決まったスケーター。


まとめた髪が高速スピンで舞い上がり、バカ殿になっている。


派手に転びつつ、演技終わってバカ殿1位。


そして。


文章見直している間に5時58分。いよいよ実力者だけが集う最終グループの登場だ。


ただいまウォーミングアップ中。荒川は、村主の調子は…?


荒川の表情が明るいな…と思いきや。うわっ!


SP1位・米国のサーシャ・コーエンが荒川静香にぶつかった!


ビックリ!という表情の荒川。解説者によると、練習中に村主にもぶつかっていたらしい。


嫌がらせ、ではないよね?(暴言)


頑張れ、ニッポン!!

染まれ!村主と荒川 feat. サッカー日本代表

早朝のトリノ五輪。
女子フィギュアスケートSPに続き、夜はサッカーアジアカップ予選・日本代表VSインド代表戦。


トリノネタは午前6時にアップしたし、今宵はサッカーネタをと思ったが。


今日も阿部勇樹、スタメン落ち。


相手は2年前のW杯アジア1次予選で7点の大差をつけて勝利したインド。


…荒川静香選手と村主章枝選手の話をしよう。


3時半に起きて待っていたのに、まさかの時間帯の放送となったふたりの演技について語ろう。


荒川の演技は鮮やか過ぎた。


彼女の手足の軌道から生まれる空間が、他の選手のそれとはまったく異なっていた。とてつもなく濃くて大らかなもの。いつも以上に荒川はデカかった。


失敗しそうだった3回転ジャンプをとっさの機転で2回転に切り替えた冷静さにも50ビバだ!


村主の演技は、見ている者の背筋が思わず延びるような緊迫感があった。


それは彼女の緊張が醸し出すものではなくて、柔らかで小気味良い演技とは裏腹な、鬼気迫る情感から放射されたのだと思う。


怪我やモチベーションの低下、自らの不得手もろもろをねじ伏せたこのパワー。ふたりの姉ちゃんの活躍は眩しすぎた。


この輝きこそ、「経験を積む」ってことなんだろう。


嗚呼、眠い中、私も頑張った!
早朝にも関わらず多くの人が見たこのドラマの中に私もいた。あとはフリー(日本時間24日午前3時)だ!
悔いなく踊れ、日本の舞姫たちよ。


そしてミキティ。結果オ、ライ!(※)で4回転に挑戦だ!!

(※)2月20日付「今週の通勤魂!」ご参照


で。
やっぱりちょこっとサッカー日本代表。


前回の試合よりはゴール数少ないといいつつ、6−0で快勝。ゴールを決めるたび喜びよりも安堵の表情を浮かべる久保がいじらしかった。


そして、代表初先発となった長谷部のシュートは面白すぎた。長谷部シュート、代表初ゴール! と、盛り上がる解説者。では、スローモーションでもう一度。


長谷部が豪快に足を振り切ってシューーーー…


あれ?


ボールが。


巻のお腹にボスンと当たった…


慌てて振り向く巻。


ボール、コースが変わって敵陣にズバン。


ーーート。決まったぁ、長谷部ゴーール…あれれ?


試合終了後、審判団は先のゴールを長谷部のものとするか、巻のものとするか決めるという。


審判よ。


個人的には、巻のゴール希望。


で、ジーコよ。


いいかげん、アベちゃんのスタメン希望。


<本日のスターティングメンバー>

GK:川口能活

DF:加地亮、宮本恒靖、中澤佑二、三都主アレサンドロ
MF:福西崇史、小野伸二、小笠原満男、長谷部誠
FW:久保竜彦、巻誠一郎

<トリノ五輪 女子フィギュアスケートSP>

3位 荒川静香 /4位 村主章枝/ 8位 安藤美姫

トリノ五輪に染まれ!

同僚から「ナラリーノのブログはいつも遅い時間に更新している」との指摘を受けた。今日も遅いぞ。いま、午前3時半だもの。てか、眠すぎて遅いんだか早いんだかわからない。


ようやく、トリノオリンピックのメインイベント・女子フィギュアスケートのショートプログラムが始まった。これを見たいがために3時20分起きだ。


眠い。


これから、安藤美姫・荒川静香・村主章枝の順で滑走する。


個人的には、長い手足を活かしたダイナミックで優雅な演技の荒川選手やジャンプが売りのミキティよりも村主選手の優しく、叙情豊かな滑りを早く見たい。


キビキビと早くステップを刻むかひたすら飛びまくることしか能がなかった日本女子フィギュア界の風穴・村主。眠くて眠い私を叩き起こしてくれい。


それにしても。


あくびは出るが日本選手は出てこない。


安藤選手の登場が、5時3分であった。


私は早く起きすぎたらしい。


他の選手と違って露出のない安藤の黒い衣装にアナウンサー、しきりにボヤく。演目『戦場のメリークリスマス』に合わせて鎧をイメージしたんだろうか。鎧? いつの戦場をイメージしちゃったんだろう?


いざ滑っても布地が固いのか、全然はためかない。珍しい衣装だ。やはり鎧だったのか?


アナウンサー、しきりにボヤく。


で、演技は。
解説者はどうしても失敗部分が目につくらしく、さかんに不安なコメントを出していたがそこまで悪く感じなかったよ。この時点で14人中3位。でも、この順位は苦しいらしい。


眠い。。。


やっと、深紅の衣装に身を包んだ荒川選手が登場だ!なんか、やたらデカく見えるぞ荒川。ヨーロッパやアメリカの、どの選手たちよりもデカい。こんなにデカかったか?荒川。聞いてないぞ。


でも。何が聞いてないって現在6時。


いつも起きる時間じゃんかよう!微笑む荒川選手の画面の右下に「おはよう日本」とか出ちゃってるじゃんかよう!いやいやそれは違うだろう、NHK。


村主選手は、村主選手はまだなのか!?あああ、朝の準備がぁぁぁっ!

今週の『通勤魂!』(2月20日〜)

国家建設に勤しむナラリーノが通勤中にiPodで聴いている音楽集、その名も『通勤魂』。
今週は手に入れたかった曲が手に入らなかったこともあり、若干満足度が低めと思いきやなかなかどうしていい感じに仕上がった。


1:『衝動』 B'z
2:『猪島太郎』 
3:『夏のナイフ』 松村雄基
4:『Wonderful opportunity』 B'z
5:『Eternally』平原綾香
6:『カラフル』 山下智久
7:『勝手にしやがれ』 稲葉 浩志
8:『BOUNCE』 BON JOVI
9:『Sweetness』 Jimmy Eat World
10:『僕であるため に』FLYING KIDS
11:『When』Shania Twain


先週の洋楽は、ほぼ落ち。
2番目、『猪島太郎』(浦島、じゃないのです)は英会話のリスニング用CDに入っている童話である。


この『猪島太郎』とB'z『衝動』とのつながりが絶妙すぎる。


♪愛情こっそーが衝動っ ジャジャッ、ジャジャッデロリロリロリロ ウィエーーーーーゥイェエ ジャジャン!


「・・・イノシマ、タロー」


この、ドスン!バタン!という起伏。
滝ツボでもがく我が身を水の流れに委ねたままにしているうちに、思いがけず清らかな浅瀬に流れ着いたような静謐感。そんな 美しさが、このつながりにはある。出色のつながりだ。


しかしながら、今回のナンバー1は松村雄基の『夏のナイフ』に譲るとしよう。1980年代に一斉を風靡した大映ドラマの顔であった松村が、その当時に発表した作品だ。


これはもう、人のいる場所で聴ける歌ではない。笑ってしまってしょうがない。


♪ ドアの隙間はさんだ ラストグッバイ


どうやってラストグッバイはさむのさ、というつっこみはここでは通用しない。ドアには松村雄基が立っている。


歌にはセリフも入っている。


「めんどくさいんだよ 女なんて…」


さあ、松村雄基の顔を思い浮かべながらリピートアフターミー。


「めんどくさいんだよ 女なんて…」


ザッツライト。そして歌の中にはかけ声まで入っている。リピートアフターミー。


「オーライ!」


これ、稲葉さんの「all right!」みたいに舌を丸めてはいけない。腹の底から叫んでもいけない。


あえて表記すれば「オ、ライ!」か。横町の寅さんが言いました。「お、おっちゃん!元気かね」みたいな。


さあっ、このフィーリングで!リピートアフターミー!!!


「オ、ライッ!」「オ、ライッ!!」」「オ、ライッ!!!」


ザッツライッ!


こんなイカした詞を作ったのは誰だかと思ったら秋元康だった。


ちょっと、普通でガッカリ。


それにしても『夏のナイフ』。音のうすっぺらさといい、チャカチャカ感といい80年代でしか出し得ないサウンドが私の海馬を刺激する。これはすごいすごすぎるよ、みなさん。オ、ライッ!(いかん、すっかり気に入ってしまった。)


嗚呼、他の曲も詳しく語りたかったのに。稲葉さんの『勝手にしやがれ』とか平原綾香の話とか。


それほど『通勤魂』を切り裂いてくれた『夏のナイフ』であることよ。

お知らせ☆ドゥードゥルドゥー(2006/02/19)

ブログ、ちょびっとカスタマイズしました。

トップ画面に本文がズラズラと表示されて読みづらいブログだったかと思いますが、
記事の続きを個別ページで読めるようにしました。

それから「国家なアルバム」も作成。本文中に紹介した画像をまとめてみました。

それからアクセスカウンタも設置。目指せ、500万アクセス!

青に染まれ!(実録:日本VSフィンランド戦)

強いチームには強いが弱いチームには弱い。そんなサッカー日本代表がフィンランド代表と対戦だ。


でも俊輔はスコットランド。阿部勇樹は控えだろう。


だから、もうどうでもよいのだが。


でもドイツW杯本戦を戦い進んでもらうために重要な親善試合である。気持ちを鼓舞して応援せねば。テレビ観戦ではあるが。


さて。決定力不足が叫ばれ続ける日本代表だが


首筋のコケ具合が無頼派を思わせる腰痛持ちのスーパーストライカー・久保竜彦。


マリスミゼルにはいないがジャンヌダルクにはいそうなバンドマン風・巻誠一郎。本日、この二人が2トップ。


決めろよ、巻。オシムが見ちょるぞ!


で、前半。
ボコッ!とかガツッ!とか音はすごいが、まったく敵のガードをこじあけられない日本代表。驚きもない。


むしろ「おとは(音は)」と打ったら「乙葉」と変換された事実のほうが驚きだ。


ただ、「上半身(中盤)だけモコモコに着込んでいるが頭(フォワード)は坊主で下半身(ディフェンス)は真っぱ」みたいな、いつもの危うさは感じない今日の日本代表。この安定感の理由は?


・・・おそらく中田ヒデと俊輔がいないからメンバーの実力にデコボコ感がないだけだろう。(小野は出てるんだけどなあ)


で、後半。やっと試合が動き始めた。フォワード・久保がシュートを決めたのだ。


小笠原のまっすぐで早い横パスを受けて渾身のゴール。
よかったね。久保。ジーコジャパンでの活躍が裏目に出て戦列を離れる程の故障をおった彼が日本代表として復活ゴールを決めたのだ。ファンはさぞ嬉しかろう。


あ、小笠原も決めた。超ロングシュートだ。でも、小笠原なので。コメントはいいや。


この辺りから一気に選手交代し始めるジーコ監督。


佐藤寿人がIN(巻と交代かぁ)。
三都主もIN(表示も解説もないけど村井の代わり?)。
加地の代わりに駒野 IN。
久保も下がって本山 IN。


アベちゃん・・・


もう、いいや、と思っているうちに試合終了。日本代表、今年初の勝利である。


私の気持ちが盛り下がったままの試合であったがこの日一番の興奮はハーフタイムに訪れた。


だってこの間に流れたアディダスのCMがっ!


俊輔とデルピエロが一緒に出ているCMだったのだなんて豪華なしかもなぜにこんなに放映時間が長いのこのCMでも俊輔のセリフぐぁハッキリしなふて何を話ぴているかわからぬいどうして俊輔はサッカー以外何もできないのだろうでもそこぐぁいいのだ


ワタクシ大興奮。行替えも入力も上手くいかないほどに。


miyamoto

で、今日の試合の感想。

宮本。うすらハゲが映らなくて良かったね♪


本日のスターティングメンバー

GK:川口能活
DF:宮本恒靖、坪井慶介、 中澤佑二
MF:小笠原満男、福西崇史、小野伸二、加地亮、村井慎二
FW:久保竜彦、巻誠一郎

ぐれーとまざー物語(映画『フライトプラン』) 

Y・オーギュストとT・アカマッチーノ(双方仮名・日本人)と映画『フライトプラン』を観に行った。場所は六本木ヒルズ内・ヴァージンTOHOシネマズである。


飛行中のジャンボジェット機という「密室」の中でジョディ・フォスター扮する航空機設計士の娘が行方不明に。機内を探しまわる母親のもとに、娘の搭乗事実を否定する決定的な証拠が次々と提示される。


「でも、私は娘を捜し出すわ!だって私は母親だもの!」


そんな映画である。


私が国を造ったら、文化庁の役人候補であるところの映画大好き人間・オーギュスト、アカマッチーノ両氏に映画の感想を聞いてみた。


——さて、見終わっての感想は?


オーギュスト(以下、オギイ):あの映画館の椅子は本当に座りやすい!もう他の映画館に行きたくない!


アカマッチーノ(以下、チー):(夕飯として食べた)アボカドバーガーがおいしかった。


——あの、作品の感想お願いします。


オギイ:私は飛行機が大好きなので飛行機の中ってあんな風になってるんだな、と思ってワクワクしました。


——え、それは社会科見学の感想か何かで?


チー:私、咳が止まった。


——風邪をひいてましたもんね。面白さで咳するのも忘れた、と?


チー:咳するとうるさくて迷惑でしょ?このまま咳が出続けたらどうしようって緊張してたんだけど、途中から「こんな映画なら、いつ咳こんでも誰も怒らないだろう」って気分に変わりました。


(プレッシャーからの解放が良かったのだろう。チーの咳はピタリと止まったという。)


——ほかに何か…


オギイ:機長の頭が悪すぎた。あの俳優(ショーン・ビーン)、なんかで観たことあるよね?


チー:『007』だ!


そんな映画である。


なぜジョディはこんな駄作に出演しようと思ったのだろう。


「駄作? でも、私はこの映画をヒットさせるわ!だって私はオスカー女優だもの!」


と、思ったのだろうか。


彼女の決意は徒労に終わった。


帰りの地下鉄にて。お揃いのワンピースを着たお嬢さん二人を連れたお母さんがいた。はい、妄想開始。


この電車で、いきなり子どもがいなくなったら。飛行機と違って電車は2〜3分ごとに駅に止まってしまう。そのたびに乗客も入れ替わり立ち替わり。


それでも、このお母さんはジョディばりに娘を捜しまくるのであろうか。


新宿に着いたので、妄想中断。JRに向かうエスカレーターに乗っていると。前述の親子連れ、ふたたび。が。


女の子が一人いないのだ。


いや、これ妄想じゃなくて。。。こどもが、こどもが一人消えておる…なのに母ちゃん、ぼんやり前見てエスカレーターに乗っておる。


妄想インタビュー、ON!


——あの〜、お子さんが消えちゃってますけど。。。ジョディみたいに捜さなくていいの?


母ちゃん:ああ、私子ども二人いるし。一人くらいいなくなってもいいんじゃないの?


——いやいや、それは違うんじゃ…


キョロキョロ捜すと(てか、なぜに私が捜すの?)、娘、母ちゃんから離れてエスカレーターのうしろ〜のほうにいました。


映画以上にスリリングな出来事でした。


帰宅したら、母・アイコがオデコに冷えピタを貼って寝ていた。


——どうなさったの?


アイコ「お昼頃、いきなり体中が痛くなって、とたんにウワッと熱が出たの」


——それ、インフルエンザじゃないの!?


アイコ「でも、お夕飯食べたら治ったの。熱ももうないの」


5時間でインフル完治か?地上でも、母というのは強いのだ。

右の脳で読め

いつもバカでマヌケでオタンコナスなことばかり書いているので、今日は真面目に本の話なぞ。


私の国の図書館は立派に違いない(たぶん)。


蔵書の品揃えの良さは言うに及ばず、座り心地のいい椅子はマストアイテム。大きな窓から差し込む太陽の光。でも本と私の肌が焼けないように、窓ガラスは紫外線100%カットでお願いします。


最近のベストセラー小説はお話という箱の中に、作者がギツギツにものを詰め込んでいるように思える。


本来、人間には「想像力」という自由で豊かな力が備わっているのだから、いらぬ説明を書き込んでくれなくても結構なのだ。


と、いうわけで。想像力をかき立ててくれる本を3冊。


まずは『きんいろのはね』(田中伸介著/文芸社)。


心優しい郵便配達人のもとに現れた背中に羽のある子犬。穏かで温かな1人と1匹の生活が始まったのもつかの間、ある事件を境に、周囲の人々の悪意が彼らを取り巻くようになって…


郵便配達人の善意と愛情をいっぱいに受けて人間は信頼するに値する存在と思っていたに違いない犬の運命が本当に悲しい。
人の愚かさに爆発するか、懸命な犬の姿にただただ涙、か。読む人それぞれに思うところあるであろう字のない絵本だ。


ワンコ同様、何かが突然現れるといえば第134回芥川賞受賞者の絲山秋子の過去の作品『海の仙人』(新潮社)。


海辺の田舎町で隠遁生活を送る勝男の前に突然「ファンタジー」と呼ばれる神様が現れてしまうお話だ。


主人公はニート、相手役は存在自体が意味不明な神様。地味な二人組のせいで出だしは超スローモーだが、勝男の元同僚・元気でガサツな片桐が登場するあたりから
物語ががぜん動き出す。


片桐だけがファンタジーが何者であるか、説明されるまでわからない。
表面上は淡々と、でも何かを抱えて生きているのは他の登場人物と一緒なのに、なぜか片桐だけが置いてけぼりだ。


その理由を考えるのが、とても面白かった。3回読んで、私は私なりに答えを出しました。


「ファンタジー」と言えば恒川光太郎の『夜市』(角川書店)。
ホントは第12回日本ホラー小説大賞受賞作なんだけど黒めのファンタジーといったところか。


この世のものすべてが売り買いされる不思議な市場・夜市。幼い頃、ここで「あるもの」と引き換えに野球の才能を得た青年が、再び夜市を訪れる。


『夜市』理解のために妄想開始。


校庭で転ぶ→固い砂のせいでスネを擦りむく→砂だらけの傷口を水で洗いたい→いきなり水をかけると痛いので傷口を手で塞ぐ→手の上から水かける→そーーーっと手をずらしていく→水が傷口にあたる…うっひょー……


夜市を訪れた人々の人生に向き合うと、心の奥がこんなふうに痛みます。


描写はどこまでも妖しく美しく、この幻想感ときしみ具合は好きな人にはたまらない世界だ。思えば東野圭吾と直木賞を争った作品でした。


さあ、私の図書館ができるまで、これらの本を読むがいい。

通勤魂!

建国には金がかかる故、私は稼いで稼いで稼がねばならぬ。そう、たとえ仕事が嫌いでも私は家を出、会社に向かわねばならぬ。


家にいたくて、いたくて、いたくていたくてくてくていたたあたたた…そんな私の背中を突き飛ばし、気持ちを鼓舞してもらうため、私はiPodに通勤時に聴く音楽集を作っている。


控えおろう、通勤魂
音楽集の名前は「通勤魂」。略して「キンダマ」!…


キンダマ!?


いかん、その略称はいかん。


嫁入り前である。略称、やめ。皆様も「通勤魂」とお呼び下さい。


家を出る瞬間から会社のエレベーターに乗るまで。この時間に聴いている全11曲が
私の萎えた気持ちを打ちつけるムチであり丸まった背中に食いこむハイヒールなのであった。


ネーミング、「通勤魂」より「私の女王様」のほうが良くないか?


いいや、よくない。よくない。


私の「通勤魂」は元気いっぱい、もしくは爽やか。歌詞が「踏みつぶされても俺は負けねぇ」系の歌をセレクト。全部アップテンポだと耳が疲れるので多少癒し系も交えつつ。


ちなみに先週から聴いている「通勤魂」はこんな。


1:『衝動』 B'z
2:『青春アミーゴ』 修二と彰
3:『Dumb Love』 Stone Temple Pillots
4:『Kick off!』 Coming Centry
5:『Sweetness』 Jimmy Eat World
6:『Rainbow』 Meja
7:『Everlasting』 B'z
8:『Tsunami』 Manic Street Preachers
9:『カラフル』 山下智久
10:『AKATSUKI』 稲葉浩志
11:『WILD ROAD』 B'z


『衝動』はB'zの最新曲。このイントロと同時に私の左足は玄関から一歩外に踏み出すのであった。


このお約束の瞬間に母・アイコが「お姉ちゃーーん、今日着てる服、どんなのーー?(※注)」と、叫ぼうものなら、急いでiPod消す→戻ってアイコに服見せる→走って玄関に行く→音楽ドン、イントロと同時に左足が…


この流儀を繰り返さなければならぬ。


※注 アイコが私の着ている服を毎朝チェックする理由
私が行方不明になった時、その日の服装を警察に報告するため。


閑話休題。


『カラフル』は『青春アミーゴ』のカップリング。前向きに頑張ろうとする詞をメンバーの不祥事で今年いっぱい活動停止が決定したNEWSの山Pが書きました、という満身創痍感が「通勤魂」にもってこいの1曲だ。


同じく『アミーゴ』のカップリング、亀梨和也のソロ『絆』は、あまりに曲調がメロウゆえ「通勤魂」向きではないので、落ち。しかし亀梨和也。極悪な面構えとは真逆の伸びやかな歌声をCDデビュー後もなくさないでほしい。彼(の、グループ)のデビュー曲については今度じっくり語るべき時が来よう。乞うご期待。


今月の私は英語ヒアリング月間だったこともあり、とにもかくにも英語の歌を混ぜてみたがいかんせん古い、古過ぎる。


15日はお給料日。
今週末、新しい「通勤魂」を編集するため洋楽CDを大人買いしなければならぬ。


元気が出る歌、ということでレイザーラモンHGの『YOUNG MAN』も入れなくてはならぬ。


私の国の正装をまさに今、常に身にまとっているあの男の歌を聴くためにCD買わなくてはならぬ。


お金を稼がねばならぬ理由は増え続けるのであった。

続・私の体はB'zでできてるの

♪ 降り止まない雨の中を濡れて歩こう
(B'z『TIME』より)


だって、傘がなくなったから。


いや、なくなったのは日傘なんだけど。


そう、あの日、私の日傘がなくなった。黒いレースのついたお気に入りの日傘が。私が通うスポーツジム「ゴールド事務」(仮名)で…。


少し体を鍛えてみよう。
そう考えた私が「ゴールド事務」を選んだ理由はただ一つ。「B'zの稲葉さんが『ゴールド事務』に通っているらしい」という噂を聞きつけたからだ。


♪ ミエナイチカラでだれもが強く繋がっている
(B'z『ミエナイチカラ』より)


「ゴールド事務」に入ったら稲葉さんと私は「ゴールド事務」のチカラで繋がっている。


かもしれぬ。


そう思い込んだ私は何も考えず、そう、本当に何も考えずに「ゴールド事務」に入会したのであった。


1:どうして「ゴールド事務」のロゴを見て気づかなかったのだろう。
2:どうして見学会の時に気づかなかったのだろう。
3:どうして「奇声を発しないで下さい」という張り紙を不審に思わなかったのだろう。


「ゴールド事務」はボディビルダーたちが集うスポーツジムだった。


白くてムチムチしている私とは対極の、黒くてムキムキした人々がいる場所だった。


いや、普通の人だっていっぱいいるもん。


ただちょっとだけ普通のジムよりムキムキしてるだけだもん。


みんな、優しいよ?


なのに、鍵付きの傘立てに立てておいた私の日傘がなくなった。


春先からでかい日傘を持ち歩く色白な私への挑発なのだろうか。


「さあっ、君も日傘なんか捨てて一緒に黒くおなりよっ!」


みんな、優しいからね。


結論を言えば、日傘は事務所の人が片付けただけなのだ。進んで肌を黒くする人々が集う場所ゆえポツンと傘立てに置いてあった日傘を「忘れ物」と思ったらしい。


昨日の「私の体はB'zでできてるの」のコメント欄に「あなたの国の正装は女性も素肌に革ジャン?」という質問がありました。


もちろんですとも!


だからこそ、私は「ゴールド事務」に通い、素肌に革ジャンをまとった時に恥ずかしくない体型を目指しているのである。たとえ事務所で浮いていても。(だから浮いていないって)


♪ 一人でも恐くな〜い 


なんて口ずさみながら。。。


はて、この曲は。


B'zの『GOLD』だ。。。

私の体はB'zでできてるの

私が国を建てたなら、その国の国歌は間違いなくB'z。


想像してごらん。


W杯の会場で国歌斉唱。『ultra soul』を口ずさむ俊輔とヒデとジーコ。(サッカー・ナ国代表…?)


川淵キャプテンだって♪ウルトラソーッオ!ヘヤ!


きっと勝てるはず。


てか、日本代表は私の国の民になってくれるのであろうか?


妄想終了。


学生時代、もう本当に何かに取り憑かれたかのようにB'zファンになった私は就職活動の一切を辞めた。仕事を探さない私に、一族郎党友人各位は「就職しないでどうするの!?」「将来、どういう自分になりたいの!?」と問いただした。


「B'zに会いたいから、ビッグになる」


と言った私を、人は吉田栄作と呼んだ。


日々我唄彼楽曲

母曰誰叫部屋中

見晴天小町天使

眺月今夜月見丘

私魂存在常彼等


(訳)
私は毎日彼等の唄を歌っている。
母は「お前の部屋の前を通り過ぎるといつも誰かが叫んでいる」と言う。
晴れた日の太陽を見れば『太陽のKomachi  Angel』が心に浮かび、
月を眺めれば『今夜、月の見える丘で』が口をつく。
私の魂は常に彼等と共にある。


七言絶句にしたらこんな感じか。


いや、全然違うんじゃ…。


B'zなくしては私の人生は語れぬ!というほどに想い出はB'zの唄とともにあり、DVDレコーダーで10数年分の歌番組を編集せねばならぬ私がいるのだった。


想像してごらん。


私の国の正装は素肌に革ジャン、短パンに革靴。


妄想は続くのであった。


inaba

ブログ開設。が、しかし。

ブログ開設だぁ!書くぞぉ!

と、いう意気込みでココログに参加すべくまずはもろもろ設定から。

が、しかし。意気込みが空回りするほどの手軽さで始められそうなココログであることだ。

しかし。推奨環境は

1:Windows
 Internet Explorer 6以上 Firefox 1.0以上

2:Macintosh

 Safari 以外の Macintosh ブラウザには、未対応

と、ある。

ワタクシ、Mac使い。さっそくマイノリティの悲哀と不安を味わうこととなった。

しかし。「こころぐ」と打っても「心具」と変換してしまうMacなんぞに気を使うことはないのです、ココログ。今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

さて。

「国家ドゥードゥルドゥー」と題して国家語るぞ、国家国家!と意気込んでいたら(ウソです、語りません)とたんにすごい話題が飛び込んでまいりました。

なにも皇室典範改正是非議論真っ最中に…(真っ最中だから、なの?)なにもブログ開設したその日に…(「きちんとニッポンを語りなさい」ってことなの?)

しかし。本当に難しい問題ですね。。。

皇室典範改正というが、男系天皇の血筋を断絶させていいのか?
→ だからといって、男系存続のために皇族を増やすことが正しいのか?お金だってかかるのにいいのか?

→ だったら、皇太子に男の子が生まれない場合は男系の血をひく皇族(含:元皇族)のこどもを皇太子の養子にすればどうか?

→ え、そこまでするなら女系天皇を容認すれば良いのでは…?
→ いや、だからそれじゃあ男系の血筋がですね…(振り出しに戻り、以下エンドレス)

生まれてくる子が男の子だったら、皇室典範はどうなるのだろう。「男の子が生まれたんだし、改正はこのままで」という流れになってしまうのだろうか。

生まれてくる子が女の子だったら…今度はどんな2文字の名前なんだろ?

トップページ | 2006年3月 »

Amazon商品検索